35mm判換算35mmなので、まあこれくらいでギリギリだと思う。(デフォルトでは1/60。こちらのほうが安全かもしれない。), コンバージョンレンズは持っていないし、RAW同時記録なのでデジタルテレコンも使用していない。 AFポイント表示:OFF(シングルポイントでは無効) 開放付近の絞りで使用すると味のある描写をするというFUJINON 23mmF2レンズの特徴を、なんとか作品作りに生かしたいとは思っている(できていないが)。, 画像サイズ(縦横比):L 3 : 2 絞りリング:よく使うF値はF2、F8、F5.6、F2.8、F4の順番。, Xシリーズの特徴、物理ダイヤルによる設定。 測光:中央部重点 シャッタースピード:A(オート) 色空間:sRGB, 画像サイズは通常の3:2で、もっとも高解像度となる設定にしている。 AF補助光:OFF 人が目まぐるしく動くストリートスナップでは、とにかく任意のタイミングでシャッターを切ることが大事だと思っているからだ。, ちなみに少し補足。 今や出動回数がもっとも多いカメラになったけど、購入当初に設定を確認して以降、カメラの各種設定を見直していなかった。, 巷ではX-H1で盛り上がっているところだが、今回はぼくのX100Fの各種設定を紹介しつつ、自分の設定について説明してみよう。, ※以下、X100Fの設定できる機能を羅列している。(省略している機能もあるのでご注意を。), 露出補正ダイヤル:撮影の状況で変更 GITZO(ジッツオ)トラベラー三脚 レビュー② 〜GT1545Tと雲台GH1382TQD〜, 【富士フイルム】X-H1 × XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroで撮影する東京(11月), FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 55mm, f/4, 1/8 sec, ISO320), 流し撮りをしたい時にシャッタースピードを下げるのに、シャッタースピード/感度ダイヤルを使用, FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 55mm, f/4, 1/8 sec, ISO400), FUJIFILM X-T2 (XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 55mm, f/4, 1/7 sec, ISO400). 「スカイフィッシュ」 プリAF:OFF 本格撮影を実現するx100fでは、他のコンデジにはあまり存在しない「ndフィルター」の効果を実現できる機能を搭載しています。 カメラの撮影設定において「ndフィルター」をonにすることで使用できます。 レリーズ優先/フォーカス優先 AF-C:レリーズ ハイライトトーン:0 夕方から夜にかけての撮影が多いので、少し上限を高めに設定している。 7 「内蔵ndフィルター」が便利! シングルポイントのフォーカスエリア(ピントを合わせる範囲)も一番小さいものに設定している。 小さいフォーカスゾーンを、フォーカスレバーを使用して人物のところに動かしている間にシャッターチャンスが終わってしまう。 シャッタースピードとISO感度をオートに設定した、いわゆる「絞り優先モード」が基本。, たまに綺麗な画像が欲しい時にISO感度を下げたり、流し撮りをしたい時にシャッタースピードを下げるのに、シャッタースピード/感度ダイヤルを使用することがある。, 絞りはF2を使用することが最も多い。 デジタルテレコン:OFF(RAW同時記録なので使用不可) フィルムシミュレーション:最近はカラーの時はクラシッククローム、モノクロの時はACROS(カラーフィルターなし)。鮮やかなものを撮る時はPROVIA。 ホワイトバランス:AUTO カラー:0 シャッターチャンスにすばやく人物にピントを合わせられないのだ。 加えてRAW同時記録にしているので、撮影時に使用するデータ量は非常に大きい。 なお、フォーカス点数は91点。 シャドウトーン:0 とはいえ、今後はあまり使用していないPRO Neg. Stdとかも試してみたい。 自分が意図した場所にピントを合わせることを最優先にしているからだ。(「ゾーン」や「ワイド/トラッキング」では、動いているものや一番近くにあるものにピントを合わせる。) ワンプッシュAF時の動作:AF-S ndフィルターが内蔵されている. 今後ストリートスナップに特化したカスタムなんかも作ってみたら報告してみたい。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 1 「x100f」開封の儀; 2 バッテリーが同じ!usb接続での充電が便利! 3 「x100f」正面! 4 すばやく設定出来るダイヤルが便利! 5 「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」が面白い! 6 「x100f」背面! X100Fで使ってみたかった機能、内蔵NDフィルターを使用し滝を撮影してみました。, 光量が多い環境で開放側の絞りを使っての撮影や、シャッタースピードを遅くするときに有効なNDフィルターをレンズに内蔵。光量が1/8となる絞り値3段分のNDフィルターを、ファンクションボタンやメニューから簡単にON/OFFして使うことができます。, X100Fにはボタン一つで切り替えが可能なNDフィルターが内蔵されており、光を抑えた撮影が可能。, シャッタースピードを長くすることで、水の流れの表現を変えたり、光の軌跡を捉えたり、普通では見えないものを撮影することが可能です。, 又、シャッターをそのまま押すと、押した振動でブレてしまうので、直接シャッターボタンを押さなくても撮影が出来るレリーズがあると便利, 【ロワジャパン】【プロ専用/液晶LCD/タイマー機能付/撮影回数設定無制限】【PDF日本語説明書あり】FUJIFILM 富士フイルム RR-90 対応 シャッター リモコン コード レリーズ, 今回は2秒間のタイマー撮影で挑戦。(一応ですが、シャッタースピードが2秒ではなく、シャッター押した後2秒後にシャッター起動), データはRAWとJPEGで撮影しているのですが、RAWで撮っておくと現像の段階でもフィルムシミュレーションを適用できます。, JPEG撮って出しでも十分良かったのですが、せっかくなので今回はRAW現像で試してみました。, "近接撮影に最適化されたAF速度モードに自動的に切り替え。最短撮影距離は約10cmを誇ります。 10cmまでのマクロ撮影によって固定式単焦点レンズでありながら、風景から料理・小物撮影まで幅広いシーンに対応します。", 東京在住のドローンブロガー on にすると、カメラに内蔵されたndフィルターが使用され、光量を3段分減らすことができます。 明るい場所でもシャッタースピードを遅くしたり、絞りを開いたりできるようになります。スローシャッターでは動きのある写真が、絞りを開いた設定では背景ボケを活かした写真が撮影できます。 …とはいえ、撮影中にSDカードの容量が不足したことはないが。(撮影が終わって帰宅したら、必ずPCの外付HDDへ保存しているので), フィルムシミュレーションについては好みの問題だが、モノクロのACROSは今後も継続的に使っていくことになると思う。 ISO感度:A(オート) シャッター方式:メカニカル+電子 また、低速シャッター限界は1/30に統一。 被写界深度スケール:フィルム (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 YM-PHOTO BLOG.All Rights Reserved. シャッタースピード/感度ダイヤル ここ最近、イベントや活動の中で「人物を撮る」機会が増えてきたんだけど、その際「シングルポイント」は少々厳しいと感じることがあった。 AdobeRGBを出力できるモニターは持っているけど、ネット上にアップすることが多い場合はsRGBに設定しておいたほうがいい。, AFモード:シングルポイント [amazonjs asin=”B00O1H8VDG” locale=”JP” title=”デジタルモノクロ撮影完全マスター 学研カメラムック”] シャープネス:0 …ただ、最近はカラー写真の方が多いので、ここは「マルチ」に戻しておいた方がいいかもしれない。, シャッター方式はメカニカル+電子。 今後はAF-C(コンテニュアスAF。シャッター半押し時にピントを合わせ続ける)×「ゾーン」「ワイド/トラッキング」も状況によって取り入れていこうと思っている。, セルフタイマー(インターバルタイマー撮影):ほとんど使用したことはない 彩度を抑えたカラー写真が最近の気分なのでクラシッククロームを最近多用している。 っていうか、ぼくはこのカメラで23mm以外の画角の写真を撮りたいと思わない。(そういうときは、違うカメラとレンズを使うと思う。), 少し長くなってしまった。 以前読んだ「デジタルモノクロ撮影完全マスター」という本の中で、モノクロ撮影の露出を決める際には中央部重点が適している、と記載されていたためだ。 最高月間アクセス数は50万PVを達成しました。, 【ドローン】DJI Inspire2/Phantom4Pro/Mavic2Pro/Spark/Parrot ANAFIなど, FUJIFILM X100Fで滝を撮る!X100FのNDフィルターとスローシャッターの使い方, スカイフィッシュのドローンブログ | カメラ・ガジェット・ドローンの撮影レビューメディア, X100Fで滝を撮る!X100FのNDフィルターとスローシャッターの使い方【滝の作例】, Manfrotto ミニ三脚 PIXIシリーズ PIXI EVO ボール雲台 ブラック MTPIXIEVO-BK, 【レビュー】写真を本格的に始めたい人に、FUJIFILMのX100Fをおすすめする理由, 【FUJIFILM X100F】ACROS(アクロス)で巡る諏訪大社【モノクロ写真作例】, 【Apple Watch Series 6】エルメスバンドからソロループに変更した理由, 【ATEM Mini Pro ISO レビュー】最新スイッチャーの設定と問題点について. ダイナミックレンジ:AUTO RAW記録方式:非圧縮 ノイズリダクション:0 ピントが合っている輪郭に色が付くのでわかりやすい。 測光&フォーカスエリア連動:ON 顔検出/瞳AF設定:OFF 感度AUTO設定:基準ISO感度200、上限ISO感度6400、低速シャッター限界1/30 画質モード:F + RAW 電子シャッターは1/32000秒までの高速シャッターを切れる。(ただし、電子シャッターは動体を撮影すると画像が歪んだり、照明下で帯状のムラができたりすることがあるので極力使用したくない。) 感度AUTOはあらかじめ3パターン用意できるのだが、ぼくはISO感度上限を800、3200、6400として、基本的には上限をISO6400に設定している。 フィルムシミュレーションBKT:使用するとRAW同時記録ができなくなるので使用していない AF+MF:ON NDフィルター:ON, 測光方法はデフォルトではマルチ(画面全体の情報をカメラが判断して明るさを決定する方式)だが、ぼくは「中央部重点」を使用している。 AFフレーム補正:ON, 基本的にAFモードは「シングルポイント」を使用している。 今回ご紹介する富士フイルムから販売されているFUJIFILM X100Fは、コンパクトデジカメという分類ながら、他モデルと比較して大型である不思議なカメラです。, 携帯性には決して優れているとはいえないX100Fですが、性能面や機能面では他のコンパクトデジカメを圧倒する能力を保有しています。, 今回はそんなFUJIFILM X100Fを実際に使用して撮影した作品を基にレビューしていきます。, X100Fは、非常にレトロな印象を持つデザインが採用されています。その姿はまるでフィルム時代のカメラのようなデザインです。, しかし古臭いという印象ではなく、「おしゃれなレトロ」としてのデザインを確立させています。, 近年ではあえてレトロ感を出すようなファッションがあるほど、レトロというのは好かれる傾向にあります。X100Fもファッションの一部として取り入れることのできる「おしゃれカメラ」です。, コンデジのメリットとしてレンズ一体型による携帯性に優れたボディですが、X100Fはコンデジとしてレンズ一体型を実現していますが、決して小型・軽量とは言えません。, 通常のコンデジは手のひらに収まるサイズ感を実現していますが、成人男性の手のひらからはみ出てしまうほどの大きさです。, そしてがっちりとしたボディは、ホールド性には優れていますが、重さもそれに伴って増加しているため、携帯性に優れているカメラではないので注意が必要です。, 見た目が非常におしゃれなデザインを実現しているX100Fですが、使いこなすのには少々時間を要することでしょう。, X100Fのボディにはダイヤルが配置されていますが、一般的なカメラに存在する撮影モードを変更する「モードダイヤル」は搭載されていません。, 基本的には「絞り」「シャッタースピード」などを自分で設定する必要があり、絞り値はレンズのリングで、シャッタースピードはダイヤルにて調整する必要があります。, これらを使いこなすためには絞り、シャッタースピード、ISO感度の関係性など、写真撮影の基礎知識が必要となるため、初心者の方には少々難しく感じるかもしれません。, 携帯性には優れていないカメラとご紹介しましたが、その分撮影に関する性能は非常に優秀です。, デジタルカメラでも高画素の部類に入る約2,430万画素を実現。さらに写真の撮像に大きく影響する撮像センサーでは、一眼カメラで搭載されているセンサーサイズと同じAPS-C規格のセンサーが搭載されています。, これにより、一般的にセンサーが小さいことで画質の劣化や、暗い場所での撮影に弱いというコンデジの悩みを感じることなく撮影することができます。, X100Fの魅力的な機能にファインダーでの操作があります。通常コンデジではファインダーに液晶が搭載されることで映し出される電子ビューファインダーが大半ですが、X100Fでは、電子ビューファインダーと一眼カメラなどで液晶に映さない光学ビューファインダーの切換を行うことができます。, 電子ビューファインダーのメリットは、撮影後の仕上がりイメージをその場で確認できることですが、液晶画面越しということで、撮影者によっては違和感を感じることも多々あります。, 切換を行えることでピントを確認したいときだけ拡大できる電子ビューファインダーに切り替えるなどの作業を行うことができるメリットがあります。, RentioPressではミラーレス一眼カメラであるX-A5の実写レビューも行ってきましたが、富士フイルムでは独自の色表現技術に自信を持ちます。, その色表現技術を体感するのにカメラに搭載されている「フィルムシミュレーション」が最適で、数あるパターンから選んでお好みの色調へと仕上げることが可能です。, 他のメーカーでは感じることのない絶妙な色再現能力と、写真から感じる被写体の質感は、長年フィルム製造にて培った技術を保有する富士フイルムだからこそできる技術です。, X100Fではズーム性能を保有していないことから35mm換算で35mmの画角固定撮影となります。, これは一眼カメラでいう単焦点レンズを付けた状態と同じで、限られた画角で作品を撮影する必要があります。, X100Fで採用されている35mm換算35mmの画角は、スマホなどで使われる一般的な画角よりも少し拡大した画角となります。そのため、広く写すことも遠くの被写体を大きく写すこともできない、実は難しい画角です。, そのため、被写体との距離感が重要になります。画角内にバランスよく被写体を配置させるように考えることで、構図の勉強にもなるでしょう。, 最新の画像処理エンジンであるX-Processor Proを搭載し、ピント合わせで重要となるAF性能にも優れています。, AFでは3タイプ存在し、「シングルポイントAF」「ゾーンAF」「ワイド/トラッキングAF」から指定することができます。動かないものを撮影する場合は、基本的にシングルポイントAFで良いですが、作例の花のように少しの風で動く被写体にはワイド/トラッキングAFが有効的です。, そして焦点距離固定35mmであるレンズを搭載しているため、大きく被写体を写すためには近づく必要があります。そのような場合、背景はボケやすくなり、被写体までの距離も近いことから被写界深度の変化が大きくなるため、ピント合わせには敏感になる必要があります。, 本格撮影を実現するX100Fでは、他のコンデジにはあまり存在しない「NDフィルター」の効果を実現できる機能を搭載しています。, カメラの撮影設定において「NDフィルター」をONにすることで使用できます。そもそもNDフィルターは光量をわざと落とす際に使用しますが、これは低速シャッター時に効果的です。, 低速シャッター時はシャッターを開けている時間が長くなることから光を取り込める量も多くなります。そのような場合、日中の明るい時間帯などでは絞りやISO感度などで光の量に対応できず、露出オーバーになります。, そこで「NDフィルター」を使用することで光量を自然に落とすことができ、自然な露出のままスローシャッター撮影を実現します。滝や水流の撮影時にとても有効的な撮影手法です。, ここからはX100Fを実際に使って撮影した秋らしい写真を中心にご紹介していきます。, FUJIFILM X100Fでは、RAW記録の撮影にも対応しているため、撮影後にRAWデータの現像作業も可能です。, RAW現像は、Adobe社が提供するCamera RAWなどで行うことができます。私は同じくAdobe社が写真現像用ソフトとして販売しているLightroom Classic CCを使用してRAW現像を行いました。, 今回ご紹介してきたFUJIFILM X100Fは、デジタルカメラの中でもデジタルカメラらしくない一面も見ることができるモデルです。, レトロなデザインを採用し、直感操作のできるダイヤルやボタン配置は、昔ながらのフィルムカメラを思い出す方もいらっしゃるでしょう。, しかしその中に富士フイルムがデジタルカメラ開発で培った色表現やオートフォーカスなどの技術が沢山投入され、現代のカメラらしい高画質で美しい写真を撮影することができます。, そしてX100Fを使って最も感じたことは、初心者にも写真の勉強がしやすく、使いやすいカメラであることはもちろんですが、知識があるほどX100Fを使いこなすことができ、表現力を拡大してくれる上級者向けのカメラであるとも感じました。, この1台で、写真撮影のスタートから自分らしい表現力を見つけることができる「長く使えるカメラ」としてとてもおすすめできるモデルです。, 今回ご紹介してきたX100Fですが、公式サイト上で購入すると15万円を超える非常に高価なカメラであるため、いきなり最初のカメラとして購入するには勇気がいるでしょう。, 家電レンタル「Rentio」では、今回ご紹介したコンパクトデジカメ「FUJIFILM X100F」をはじめ、さまざまなカメラバリエーションから選んでレンタルすることができます。, レンタルは最短3泊4日で返却は最終日の24時までに行えばOK。お得にじっくり使えるRentioのレンタルサービスで気になるカメラをお試ししてみてくださいね。, [レンタル] FUJIFILM デジタルカメラ X100F – Rentio[レンティオ], [2020年版]SONY RX100シリーズ全8種を徹底比較!価格と性能から選び方を完全解説, [2020最新]初心者おすすめコンデジ7選!はじめてでも迷わず間違いのないカメラの選び方, RICOH GR III(GR3)実写レビュー。待望の最新高級コンデジの実力を作例から徹底解説, キヤノン人気コンデジ「PowerShot」シリーズ全14機種を徹底比較!一眼カメラとの違いを解説, SONY RX100M7実写レビュー。使って感じたRX100最新モデルにおける着実な進化, パナソニックのコンデジ「LUMIX」全10種類のカメラを比較しておすすめモデルを紹介!, 本格派子ども用カメラ「HappiCAMU ハピカム」を紹介!かわいいだけじゃないその実力とは?, Canon PowerShot G7 X Mark II実写レビュー。現在も愛用者が多い理由とは, FUJIFILM X100F実写レビュー。おしゃれなデザインで本格撮影を楽しめるコンパクトカメラ, GoPro HERO9 Black実写レビュー。画質、手ブレ補正、フロントディスプレイで大きな違いを見せた最新モデル, Canon EOS R6実写レビュー。次元の違いを感じる圧倒的な完成度を叶えた最新ミラーレス一眼カメラ, Canon EOS R5実写レビュー。あらゆる性能で“理想”を体現した最新フルサイズミラーレス一眼が誕生, Canon EOS Kiss X10i実写レビュー。人気初心者向けシリーズの最新上位モデルの実力を徹底解説, 新時代の衣類ケア家電“LG styler”特別インタビュー。「気持ちも衣類も毎日リフレッシュできる」, OLYMPUS PEN E-PL10実写レビュー。はじめてのミラーレスにおすすめの小型軽量・簡単操作を実現, Canon EOS M6 Mark II実写レビュー。進化が止まらないEF-Mマウント最新ミラーレス一眼の実力, Canon EOS 90D実写レビュー。久々のキヤノン最新一眼レフを使って感じた圧倒的な性能の進化, SONY α6400実写レビュー。上級機に匹敵するAF性能や新機能を実際に使って徹底解剖, 高価なカメラや家電のレンタルならRentio。 全品往復送料無料。お試し利用にもオススメです。.