製品化前の開発段階のものであり画面や動作は今後も変更される場合があります。 8追加パーツを塗る ちなみに、バケツだけでなくエアブラシでも透明色で塗る事が出来ます。 ペイントツールSAI 開発室: ペイントツールSAI Ver.2について: 現在、SAI Ver.2の開発を進めています。Ver.1への機能追加のコストが限界に達したためVer.1への機能追加予定をすべてキャンセルし、それらはすべてVer.2へ実装する方針へと転換しました。 仕様通りの動作ですので驚かないで下さい。, Copyright 1996-2020 SYSTEMAX Software Development, 現在、SAI Ver.2の開発を進めています。Ver.1への機能追加のコストが限界に達したためVer.1への機能追加予定をすべてキャンセルし、それらはすべてVer.2へ実装する方針へと転換しました。 影レイヤーを別に作り、ブラシ「エアブラシ」を使って影を描いていきます。 影は僕の場合は深い青か紫を濃度50%くらいで塗るようにしています。 影の種類は2種類あり、広い範囲で塗る「グラデーションの影」と ここまで頑張りましたが、残念ながらこの目はサングラスで隠れます。, ここまでサングラスをかけていない状態でしたので、描いておいたサングラスレイヤーを表示させ、サングラスを塗ります。 5穴埋めをする ダウンロードしたファ... クリックすると画像拡大 ダウンロードしたファイルを解凍してsai2のscatterフォルダにbmpとiniを一緒にコピーか移動してください。 元の色で消す感じで塗るのがコツかと…。少し塗りす... 葉っぱにも使えるブラシ。クリックすると画像拡大ダウンロードしたファイルを解凍してsai2のscatterフォルダにbmpとiniを一緒にコピーか移動してください。. 影にグラデーションを付けたい、描いたものをグラデーションを付けて消したい時などに使えます。, 線画レイヤーの下に、目を塗るためだけのレイヤーを作ります。僕の場合は細かく塗りたいので、フォルダを作って 実際にかけたら似合わないと不評だったので、せめてこの子にかけさせてあげようということで描いてます。 SAI2 2020.04.10以降のバージョンで使える水彩風平筆ブラシの角度制御に「ペンの方向」を使っているのでクセがあります。ペンを倒しながら塗って下さい。ペンを直角に立てるとどっちに曲がるか分かりません。インス... SAI2 2020バージョンに対応した雲ブラシ h64g_kumo.zip (106KB)ブラシ設定 (水彩筆をベースにして下さい)推奨ブラシサイズは200~350ぐらいで。細かく描... 水彩筆ベース 設定 (上の画像をクリックで拡大)水彩筆なのに透明度がないブラシです。肌2色をただ伸ばして塗るだけのブラシ。濃い色が欲しいときは「乗算」に切り替えて塗りました。zipフ... とりあえずのテストバージョンdownloadクリックすると グレースケールのBMPファイル 1MBが保存されます。こんな感じの画像1024x1024SAI2 2020の場合は... SAI2 2020バージョン用ですが、たぶん2019-08-12版でも動くと思います。2020バージョンがでる前に使ってたブラシなので…。ダウンロードしたzipファイルを展開すると4つのファ... SAi2のblotmapフォルダにぶちこんでSAI2再起動すればすぐ使えるblotmap70強さを70にすることで最適に、100にすれば散らした感じにZIPを展開すると下のようにBMP画像が... 4Kサイズのキャンバスで木ぽいのを作るblotmap。微妙に端が毛羽立つ感じ「sya」お好きな筆設定でどうぞ。 bmpファイルをSAI2フォルダのblotmapフォルダに入れてSAI2を起動すると、「通... 4Kサイズのキャンバスで木ぽいのを作るblotmap。かなりフラットな感じの「def」お好きな筆設定でどうぞ。 bmpファイルをSAI2フォルダのblotmapフォルダに入れてSAI2を起動すると、「通... 4Kサイズのキャンバスで煙っぽいのを作るblotmap。お好きな筆設定でどうぞ。bmpファイルをSAI2フォルダのblotmapフォルダに入れてSAI2を起動すると、「通常の円形」の下にSD_kemuriが... テクスチャのかすれを利用した鉛筆ベースの習字筆(sai2-20190807 対応) 解凍すると、こんな感じのファイルができるので「h64g_かすれ習字.bmp」と「h64g... テクスチャのかすれを利用した鉛筆(sai2-20190807 対応)入り抜きはテクスチャ、中間はベタ塗りの鉛筆です。弱い筆圧を一定に保つとテクスチャのみで書けて、力を入れたまま書くとベタ塗りになります。 ... 使い道がありそうでなさそうな、クシゴテテクスチャ。ハイライトがちょっとだけあるので、微妙に立体感。解凍してできたbmpファイルをSAI2のpapertexフォルダに移動。SAI2を再起動するとレイヤー特殊効果>質感... 短い毛みたいなテクスチャ。 解凍してできたbmpファイルをSAI2のpapertexフォルダに移動。SAI2を再起動するとレイヤー特殊効果>質感として使えます。 Substance Desi... 塗った草に質感を与えるpapertex用ファイル。草原ブラシで塗ってみたけど、もうちょい欲しい…。そんなあなたに。 papertex なのでブラシテクスチャと違い、塗った後でもサイズと強さを調整できます。 ... 文字用筆の派生ブラシ。結構良さげなブラシテクスチャができたので、あわせてテスト。今回はブラシテクスチャのみ。文字用筆のbmpとiniは別途ダウンロードして下さい。ダウンロードしたファイルを解凍すると「h64... 面倒なので、まとめて。全て同じ画像から散布ブラシを作ってますが、設定ごとに画像bmpが必要なので(仕様)ブラシ設定ごとに名前が違う同じ画像が5枚付いてきます。SAI2 2019-05-21以降で使用できます。... ブラシサイズがすごく重要です。まず200~300で試してからブラシサイズを微調整してください。結構ビンカンに反応するので、はらいはスッと早めに動かした方がいいです。ゆっくりはらうと筆圧に反応してガタガタにな... 旧散布ブラシを使ったマーカーさきっぽが丸くて使いやすいタイプ ぜひディープと通常を切り替えながらお使いください。ブラシサイズは、50%表示で200~350を想定しています。ダウ... 旧散布ブラシを使ったマーカー先のギザギザが細かいタイプです。ぜひディープと通常を切り替えながらお使いください。ブラシサイズは、50%表示で200~350を想定しています。ダウンロードしたファイルを解... シュパッとカートゥーン調のモクモクが描けるブラシ。 ダウンロードしたファイルを解凍してsai2のscatterフォルダにbmpとiniを一緒にコピーか移動してください。 ブラシを乗算で塗るの... ベタ塗りしたい、でも通常の円形だと…いくら調整しても なんかボケちゃう。一発で100%濃度で塗りたい。もっとビシッと塗りたい。そんなとき、「saraniベタブラシ」!! 9仕上げ・オーバーレイをかける, 太い線・重複している線などを消しゴムツールで削ってキレイにし、1本の線にします。(いつもラフの方が良く見える不思議) その中にさらにレイヤーを作るようにしています。, 目の内側をエアブラシでふわっと塗ります。目からあふれた部分は先ほどの「透明色でのバケツ塗り」で消します。, ふわっと塗った部分のさらに内側に当たる部分を消しゴムツールで消します。 役に立つかは分かりませんが、レイヤーやブラシの使い方など、誰かの参考になれば…!と思います。, 実は名前を考えてません。名付け親募集中!DM待ってます!(BUSSAN_8888) エアブラシでふわっと塗りますが、この辺りは好みです。色も好みです。 これめちゃくちゃ便利でなので使ってない方は是非試してみて下さい。 ↓の画像クリックで記事に飛びます!, ぶっさんです ■自分で撮った写真を使ってグッズを制作したり ■自作イラストの空きスペースを広告として使ってもらう企画をしたり ■休日にTwitterライブを配信しています。, 「描いたけど見られない」はもったいない!「ストーリー性」を付けて一歩先の作品制作へ。. 上手い下手は置いといて、こんな感じで描いてますという、ざっくりとした内容です。 7目を細かく塗る SAI2 2020バージョンに対応した雲ブラシ h64g_kumo.zip (106KB)ブラシ設定 (水彩筆をベースにして下さい)推奨ブラシサイズは200~350ぐらいで。 上の画像で言うと頭の上に影がはみ出てますよね?この部分をバケツ塗りで消します。, バケツツールを選択した状態で赤丸で囲んだ四角ボタンを押すと、透明色で塗る事が出来ます。 この時、線画レイヤーは黒い線によって閉じた領域で囲まれているので、簡単に塗ることが出来ます。 線画レイヤーを「領域検出元に指定」し、塗りレイヤーをバケツ塗りで塗っていきます。 でも気分です。オーバーレイをかけると色が変わってしまうので、好みで使ってもらうと良いと思います。, もっとこうした方がいいよ、とかここはこうしないの?という疑問もあるかもしれませんが、とりあえずはこれが現状の僕の描き方です。, 次回はSAIではなくillustratorを使ってアイコンをデザインしたいと思います。 2線画にする 今回、ツイッターのアイコンか、カバー画像(ヘッダー画像)用にと思って 僕の場合はバケツ塗り(ベタ塗り)で塗りたいので、必ず線で囲まれている状態(塗りたい部分を閉領域)にします。 また、目に影を落としたいので目の上部にエアブラシで影を描きます。溢れた部分は透明色バケツで(以下略), 目をキラッとさせたいので、発光レイヤーを作ります。レイヤーの合成モードを「通常」から「発光」に変更します。 の下に「塗り」フォルダを作り、その中に塗りレイヤーを作ります。 折角目をしっかり描いたので、レンズの部分は黒を半透明で塗りました。, 羽の模様を区切っている線を消します。そのままでもいいですが、汚い感じがしたので消しました。 影の種類は2種類あり、広い範囲で塗る「グラデーションの影」と もはやフクロウよりスズメに見える気もするしフォルムもカラーリングも違うので、オリジナルの鳥という事で…。 鉛筆レイヤーなどでこういう穴を埋めていきます。, 影レイヤーを別に作り、ブラシ「エアブラシ」を使って影を描いていきます。 場所を選ばずどこでも使える、かつ今標準と言われている「フラットデザイン」にチャレンジしたいと思います。(illustratorは全くの未経験のため出来るかどうかは別として!)そう、やってみる事に価値がある。やってみYOROZU!, 今、世間的にも世界的にも全人類が、史上最も「家に居る」んじゃないかと思います。 ⑦再びSAIを起動すると、先ほど作った雲ブラシが追加されています。 同様に、brushtexというフォルダにテクスチャ画像をいれて、brushtex登録ツールをダブルクリックするとブラシテクスチャを増やすことができます。 色々試してみてください。 ・ペンタブ(僕は年代物のBAMBOOを使ってます…新しいのが欲しい), 1ラフを描く 但し、SAI Ver.2ではシステムIDの作成方法が変わっており、Ver.1で表示されるシステムIDでダウンロードしたライセンス証明書は認識されません。, 復元データがSAI2ファイルに結び付けられ保護されるのは最後の保存がSAI2形式である場合のみです。, 復元データを維持したまま別形式で保存する場合は「指定したファイル形式で保存」から保存してください。, 注意!: 2020-01-07版からブラシ形状とテクスチャ類の格納場所が変更されました。詳しくは上にある「■ ブラシ形状とテクスチャ類の格納先の変更について」をお読みください。, 注意!: 2019-01-29版以前から2019-05-18版以降にアップデートした場合、一度だけ起動時にヒストリデータとサムネールキャッシュの C:\Users\(USERNAME)\AppData\Local への移動が行われます。 不具合が出る可能性もありますので安定したソフトウェアを必要とされる方は決してこのバージョンを使用なさらないでください。 描きやすいです。ラフを描いた後に線をキレイにして線画にします。, 「バケツ塗り」で色を塗っていきます。線画レイヤー(この画像では「ラフ」となっています) 6影を描く. そうすることでバケツ塗りがとても簡単になります。, ここで言う「追加パーツ」とはサングラスの事です。さっきの「線画」レイヤーの上に エアブラシでざっくり塗って、塗りたい場所からはみ出した影は、「透明色でのバケツ塗り」で消します。 長らく愛されているペイントツールsai。実は、「sai2」がリリースされています!まだ完全品ではないですが、そろそろ落ち着いてきた頃だと思うので、いっちょsai2をdlしてみることにしました!2019年10月時点での最新版は、2019/8/ SAIがおいてあるフォルダにある「blotmap」のフォルダに移動させてください。 次に「brushform.conf」をテキストエディタで開いてください。 そこにタイトル下にあるブラシテクスチャ追加用テキスト(1,blotmap\画像ファイル名.bmpのもの) 影は僕の場合は深い青か紫を濃度50%くらいで塗るようにしています。 Ver.1への機能追加予定をキャンセルすることは過去の発言を違える形となるため、Ver.2を(32bit/64bitを問わず)無償アップデートとすることで埋め合わせさせていただきます。, ペイントツールSAI Ver.2 の中途版を公開いたします。 あとは最後にオーバーレイをかけます。オーバーレイとは光が当たっているように見える効果で、レイヤー全体にオレンジのオーバーレイをかけています。これをする事で全体の統一感がでるようにしています。 また、目の奥にあたる部分をより黒くして、奥行き感を出してみました。 設定としては、何かしらの鳥の小鳥…という事にしてます。最初は某ゲームのペットのフクロウがモチーフだったのですが、 僕は目と同色で塗った後フィルタから「色相」のスライダーを動かして色味を調整しています。あとは発光が大げさすぎないか遠目から確認し、ちょっと派手すぎるなと思ったら不透明度を下げて半透明にします。, 先ほどの発光レイヤーは赤の半透明に落ち着きました。 グリグリ塗ると毛羽立ったように見えるブラシ。クリックすると画像拡大ダウンロードしたファイルを解凍してsai2の scatterフォルダにbmpとiniを一緒にコピーか移動してください。こんな感じにも使用でき... SAI2 文字用筆 (筆サイズ50までタイプ)(SAI2 2019-01-29版専用). 先日、ペイントツールsai ver.2(sai2)を導入してみました。saiといえば、pcでイラストを描く人にとってはおなじみのソフトですね。正式版のリリースから10年近く経ちますが、今も安定した人気のあるペイントソフトです。その後継ソフト キャラクター絵を描きなおすことにしました。, でも折角なので、ただ描くだけでなく、描き方を紹介しようと思います。 saiのブラシテクスチャで色が反転しない saiでブラシテクスチャをいれていろいろ試しています。 その中でほとんどのものはsaiで実際に描くと色が黒白反転してるんですが、たまに反転していないものがあります。 ... 画像処理、制作 . また、このバージョンはコンピュータの基本的な知識や操作を習得されている方を対象としています。製品版と同様のユーザーサポートは行っておりませんのであらかじめご了承ください。, このサイトは Internet Explorer 8, Firefox 3, Chrome 7, Safari 5, Opera 10 で動作確認しています。, (マイ)ドキュメント → SYSTEMAX Software Development → SAIv2 → error と辿ったフォルダの中, SAI2形式以外の形式で保存すると復元データの結びつきが失われ、保管期限が過ぎるとその復元データは削除されます。, SAI2ファイルを上書き・名前変更・移動・削除すると復元データの結びつきが失われ、保管期限が過ぎるとその復元データは削除されます。, 強制終了時とSAI2形式保存時の復元データは自動的には削除されません。不要になった復元データは復元ダイアログから手動で削除してください。, 復元ポイントは編集操作100回おきに作成されます。但し100回目がレイヤー移動かテキスト編集の場合はそれ以外の操作がされるまで作成が保留されます。, 選択領域だけの編集を100回未満行ってキャンバスを閉じた場合は復元データは直ちに削除されます。(画像を開いて一部を選択してクリップボードにコピーするような作業では復元データは不要と思われるので), HDD・SSD等に起因する問題で復元データが破損した場合は復元は不可能になります。, 復元データの仕組みを応用してヒストリのスナップショットのような運用を行うことは想定していません。. そして多分今後もしばらく家に居そう‥。そう思った僕は家の中の「おうち時間」を快適にするために、色んなアイテムを買いました。今回は、インドア派の僕がなぜそれを買ったのか、買った結果どうなったのかを簡単にまとめてみました。 ブラシでちょいちょい描き込む「ピンポイントの影」です。 4色を塗る ハイライト(光)を入れて目をキラッとツヤッとさせます。ハイライトのレイヤーは線画よりも上に置きます。 3追加パーツを描く 6影を描く が、全然似合ってない気がします。でもこのままいきます。, ・ペイントツールSAI サングラスのレイヤーを作ります。「線画」レイヤーの不透明度を下げて半透明にすると ちなみに、サングラスは別レイヤーで線を描いていますので、線画レイヤーの上に塗りレイヤーを作ります。, ただバケツ塗りしただけでは、画像のように線と塗りの間に塗れていない穴が出来る事があります。 ブログが成長するにつれてこいつも成長する…かも? サングラスを掛けている理由は、僕がリアルでサングラスを掛けてみたかったけど、