どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか? 底が e か 10 かのどちらかで,前後関係や暗黙の了解で混同のおそれがない場合は ∫x^(a-1)dx=(1/a)*x^a+C ・pH(水溶液の水素イオン指数・・・酸性・中性・アルカリ性) 100万の対数は6 ⇒ log (1,000,000) = log (10 6) = 6 2-4 具体的な対数の値 右下の表 3 は、 1 から 10 までの真数に対する対数値で、現在では電卓で簡単に求めることができますが、次表 2 のように、いくつかは他の値から計算可能です。 $\ln 3\fallingdotseq 2.303\log_{10}3\\ よろしくお願いします。, 式を変形すると、 \fallingdotseq 0.3010$, ちなみに、Google の検索窓に「log 2」と打って検索すると、$\log_{10} 3=0.300955\cdots$ であることが確認できます。, 「底の変換公式」という対数の公式を使います。 となります。 10 の何乗という表現が便利なのは周知の通りで, S x dx=1/2x^2 S 1/x dx=loglxl ・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては? http://www.piclist.com/images/www/hobby_elec/logarithm.htm まではわかったのですが 一方、log は、数学以外であれば不明確な場合があります。 この問題の計算過程を教えて, log10の2とlog10の3(のおよその値が与えられていて、そこ)からlog10の7のおおよその値, ①log2x + log2y =4 =log2xy=log2 16 =xy=16 ②log2x +l, 30log10の200を30(2+log10の2)に分けられると教科書にありました。どのように分けた, これ問題でlog2(X+1)+log2(X+3)とlog2.40-log2.5が等しいように見えるの. 変化量を指標に用いていることは同じですが、標準生成自由エネルギーは、すべての元素が標準状態にあるとき自由エネルギーを0として、それらの単体から生成される化合物を上記の式を使って計算した物です。 log(7/6) = log(7) - log(6) ≒ 1.94591 - 1.79176 ∫1/(1+x)dx=log(1-x)+C $\ln x\fallingdotseq 2.303\log_{10}x$ >>>大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか?? $$y’=\frac{(3x)’}{3x}=\frac{3}{3x}=\frac{1}{x}$$, $$y’=\frac{(x^2+1)’}{x^2+1}=\frac{2x}{x^2+1}$$, $$y’=\frac{(2x)’}{2x\log 2}=\frac{x}{x\log 2}$$, $$y=\log (x^2-1)^\frac{1}{2}=\frac{1}{2}\log (x^2-1)$$, $$=\frac{1}{\tan x}\cdot \frac{1}{\cos^2 x}$$, $$=\frac{1}{\frac{\sin x}{\cos x}}\cdot \frac{1}{\cos^2 x}$$, $$=e^x \left( \log x +\frac{1}{x} \right )$$, $$y=\log \frac{2x-1}{2x+1}=\log (2x-1)- \log(2x+1)$$, $$y’=\frac{(2x-1)’}{2x-1}-\frac{(2x+1)’}{2x+1}$$, $$=\frac{2(2x+1)}{(2x-1)(2x+1)}-\frac{2(2x-1)}{(2x-1)(2x+1)}$$, \(\displaystyle{(\log y)’=\frac{y’}{y}}\)の部分が理解しにくいところではあるのですが, $$\frac{y’}{y}=\frac{4}{x-3}-\frac{6}{3x+1}-\frac{6x}{x^2-2}$$, $$\frac{y’}{y}=\frac{2(-6x^3+35x^2+3x-22)}{(x-3)(3x+1)(x^2-2)}$$, $$y’=y\cdot \frac{2(-6x^3+35x^2+3x-22)}{(x-3)(3x+1)(x^2-2)}$$, $$y’=-\frac{2(x-3)^3(6x^3-35x^2-3x+22)}{(3x+1)^3(x^2-2)^4}$$, ① 基礎力アップ!点をあげるための演習問題 ② 文章題、図形、関数のニガテをなくすための特別講義 ③ わからないを解決!質問対応サポート ④ オリジナル教材の配布など、様々な企画を実施!, $$\log |y|=4\log |x-3|-2\log |3x+1|-3\log |x^2-2|$$. 『logとlnの違いは分かっているなー』 今まで同じものだと理解していたのですが… aA+bB⇔cC+dDと言う反応があると どう違うのでしょうか? $\log_{10} 2\fallingdotseq \ln 2 \div 2.303\\ \fallingdotseq 0.6931\div 2.303\\ \fallingdotseq 0.3010$ ちなみに、Google の検索窓に「log 2」と打って検索すると、$\log_{10} 3=0.300955\cdots$ であることが確認できます。 公式の証明 「底の変換公式」という対数の公式を使います。 質問1:ΔG゜<0ですと反応は右に進まないはず。でもなぜ? log の方は底を明記して log_a x の様にする(a は下付)のが本来の書き方ですが, ・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。 水素イオン濃度[H + ]からpHを求めるには、水素イオン濃度を1.0×10 -2 のような指数の形にし、指数を正の数にして読めばいいだけです。 pH=2。 水素イオン濃度 [H + ]=1.0×10 -n mol/L 水素イオン指数 pH=n. \fallingdotseq 2.303\times 0.4771\\ ・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10 数学であれば、底がeの対数(自然対数)です。底が10の対数(常用対数)ではありません。 (d/dx)F(x)=f(x)です。 標準生成自由エネルギーΔG゜とは違います。 よって、 $\log_{10} x=\dfrac{\ln x}{\ln 10}$ (ただ、この場合e ≒ 2.7としたので、精度はよくない), Sは積分の前につけるものです >>>logとlnの違いは何ですか?? ところが,実際に数値を扱う話で数値の範囲が広い場合は, 自由エネルギーやエンタルピーの絶対値を調べる...続きを読む, 吸光度の単位は何でしょうか!? です。 よって、 aA+bB⇔cC+dDと言う反応があると 基礎中の基礎です。しかし混乱してます 質問3:ΔG゜=-Aとすると...続きを読む, >平衡になったときのモル分率やモル濃度を入れると、当然RTlnKは 大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??  2.43×0.0000000000000000001だから、 ΔG゜が大きな正の値をとるとKは著しく小さくなり、平衡点は原系の方に極端に片寄ることを意味しています。 今回の関数を微分するためには対数微分法というやり方を用います。 まずは、底\(e\)とする対数を両辺にとります。 $$\log y=\log x^x$$ $$\log y=x\log x$$ ここから両辺を微分すると $$\frac{y’}{y}=\log x+1$$ 質問6:ΔG=ΔG゜+RTln([P_C]^c・[P_D])^d÷([P_A]^a・[P_B]^b)でよく25℃、1atmの濃度や分圧を入れてΔGを出してますが、これはどう解釈したらよいのでしょうか?その濃度や分圧のときの自由エネルギーということ?でもそれなら25℃、1atmの生成ΔGfから算出したΔG゜とΔGが同じにならないとおかしくありませんか? ということです。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 複素数z,wについてlog(z,w)=ln(w)/ln(z)(底の変換公式)が成り立つそうですが、こ, 2log10(a-b)=log10a+log10bのとき、a/bの値は? >一般的にΔG゜って各物質の生成ΔGfの合計から算出するじゃないですか? +exp((2.041-0.88)/0.3) >一般的にΔG゜って各物質の生成ΔGfの合計から算出するじゃないですか? ・電子回路の信号遅延の計算(ln と書く人が多いです) >-ΔG゜と同じになるはずですよね? 質問:そもそも上記の考え方にどこかおかしいから悩んでいるので、指摘していただけたら幸いです。, お願いします。 基礎中の基礎です。しかし混乱してます $\log_a b=\dfrac{\log_c b}{\log_c a}$, で $a=10$、$b=x$、$c=e$ とすると、  2.43×1/10000000000000000000となり、 w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。, よろしくお願いします。 パッと見た感じ、logを使うようには見えないんだけど. x=e^((y-0.88)/0.3)になります。エクセルで -RTlnK=ΔG゜ という関係から ΔG゜が負の時はKが1よりも大きい事を意味し、正の時には、その反応が進まないということではなくKが1よりも小さいことだけを意味します。 教えてください。 『logとlnの違いは分かっているなー』ということ, Eとは何でしょうか? log x と書けば log_e x のことです. ・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。 ・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍 function MM_openBrWindow(theURL,winName,features) { //v2.0 自然対数Ln(x)からxを求める方法があるでしょうか? 一方、log は、数学以外であれば不明確な場...続きを読む, エクセル2007を使用し、あるグラフの近似曲線(対数近似)を描き、y=0.394Ln(x)+0.88という式を得ました。 ∫f(x)dx=F(x)の時、 window.open(theURL,winName,features); RTlnK=-ΔG゜ または -RTlnK=ΔG゜で間違いないと思います。 S dx =x 数学で習った事がある『対数』の計算をExcel(エクセル)で行う時には『LOG(ログ)』『LOG(ベース・テン・ログ)』『LN(ログ・ナチュラル)』関数を使うと便利です。log(ログ)の計算は高校の数学とかで出て来ましたね。エクセルでは、そのlogがそのまま関数になって使用する事が出来ます。 とおっしゃいました。…分かっていません(>.<; 例題 次の式を簡単にしなさい。 (1) log a b・log b c 答案 底をaにそろえる場合 (2) log a b・log b c・log c a 答案 底を第4の文字dにそろえる場合 (3) log 2 3・log 3 4・log 4 5・log 5 6 答案 底を2にそろえる場合 (4) log 3 x+2log 9 x 答案 底を3にそろえる場合 \fallingdotseq 1.099$, ちなみに、Google の検索窓に「ln 3」と打って検索すると、$\ln 3=1.098612\cdots$ であることが確認できます。, $\ln 2\fallingdotseq 0.6931$ とする。$\log_{10} 2$ の値を大雑把に計算せよ。, 公式より、 標準自由エネルギー変化ΔG゜と自由エネルギー変化ΔGの違いが分かりません。 S 1/x^2 dx まず標準自由エネルギー変化ですが 「単に log x と書いたら自然対数なのは当然でしょう」 つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか? 宜しくお願いします。, 物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。, 自然対数の底 e を持つ対数の計算方法はどうやるんですか? と言われるでしょう., ranx さんとほぼ同意見です. >-ΔG゜と同じになるはずですよね? 【eを用いるケース】 よく教科書にのっているグラフをみると軸がlogであらわされています。これはなぜでしょうか?logにすることでグラフがみやすくなってはいると思うのですが、その必要性がわからないのでお願いします。通常(リニアスケール)では小さい値が 数学であれば、底がeの対数(自然対数)です。底が10の対数(常用対数)ではありません。 標準生成自由エネルギーと自由エネルギー変化を混同しては行けません。 ・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000 解説お願いします!!, こんにちは。 また、低の変換をして、常用対数にしてから、常用対数表を用いる方法もあります。 で計算できると思います。, オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。, w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。 ΔG゜=各物質の生成ΔGfの合計=[c×ΔGfC]+[d×ΔGfD]-[a×ΔGfA]-[b×ΔGfB]だと思うのですが・・・ ・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍 質問2:ΔG゜とはそもそも何を表しているのですか?(僕自身の薄学では生成側にそれだけエネルギーが偏っている?) 自然対数 \(\log_{10}x\)は「\(10\) を何乗したら \(x\) になるか」を表しています。 常用対数は10進数と関連付けやすく、実際に値を求める際に便利なので、生物・化学・工学の世界では \(\log_{10}x\) を\(\log\ x\) と省略して表記することが多いです。 $\log_{10} 2\fallingdotseq \ln 2 \div 2.303\\ という式が導けました。. 1/(1-x)の積分形 datyu さんのご質問の場合は, ΔG=ΔG゜+RTlnKですよね。平衡状態ではΔG=0なので、 } 自由エネルギー変化ΔGについてです  2.43×1/(10の19乗)で、 理論化学の中でも質問が多い、水素イオン濃度とpH(水素イオン指数)について解説します。ここでは、数学嫌いにとって厄介なlogの計算が登場しますが、いくつかのポイントを押さえるだけで簡単にlogを使いこなせるようになりpH計算ができるようになります。, 水溶液の酸性や塩基性の強さを表す尺度としてpH(水素イオン指数)を使いました。pHは数値が0~14まで存在し、pHの値が7のとき中性で、7より値が小さいほど酸性が強く、7より値が大きいと塩基性が強くなります。, 水素イオン濃度[H+]からpHを求めるには、水素イオン濃度を1.0×10-2のような指数の形にし、指数を正の数にして読めばいいだけです。pH=2。, 簡単なものだとすぐに答えが出ますが、複雑なものになるとlogの公式を使いこなさないといけなくなります。下の公式を覚えておけば大丈夫です。, 水のイオン積Kwとは、温度が25℃の場合、水素イオン濃度[H+]と水酸化物イオン濃度[OHー]の積が1.0×10ー14で一定になるというルールみたいなものです。, 水溶液が酸性であろうが、中性であろうが、塩基性であろうが必ず1.0×10ー14で一定になります。ということは、水のイオン積Kwを使えば、水酸化物イオン濃度[OHー]から水素イオン濃度[H+]を求めることができ、pHまで計算することができるようになります。, [H+]×1.0×10-3=1.0×10-14[H+]=1.0×10-11  pH=-log1010-11  pH=11, [OH-]=1.0×10-3pOH=-log1010-3pOH=3pH+3=14pH=11, 慣れれば、問題なく計算できるようになります。ここで、pHと水素イオン濃度、水酸化物イオン濃度の関係を図で表してみます。, 水素イオン濃度や水酸化物イオン濃度からpH(水素イオン指数)を求める練習を行います。簡単な問題から少しずつ難しくしています。しかし、やり方をマスターすれば、簡単に計算できますので、あきらめずに頑張ってください。, 塩酸が電離しているようすを式で表すと、HCl→H++Cl- 1価の酸である。 塩化水素は強酸なので、電離度α=1[H+]=0.1mol/L×1価×1=1.0×10-1-log10[H+]の公式に当てはめると、pH=-log1010-1 pH=1, 硫酸が電離しているようすを式で表すと、H2SO4→2H++SO42-2価の酸である。 硫酸は強酸なので、電離度α=1[H+]=5.0×10-3mol/L×2価×1=1.0×10-2-log10[H+]の公式に当てはめると、pH=-log1010-2 pH=2, 水酸化ナトリウムが電離しているようすを式で表すと、NaOH→Na++OH- 1価の塩基である。 水酸化ナトリウム水は強塩基なので、電離度α=1[OH-]=0.1mol/L×1価×1=1.0×10-1 水のイオン積Kwを用いて、[H+]×1.0×10-1=1.0×10-14 [H+]=1.0×10-13 -log10[H+]の公式に当てはめると、pH=-log1010-13 pH=13, [問題]0.10mol/Lの酢酸のpHを求めよ。ただし、電離度α=0.010とする。, 酢酸が電離しているようすを式で表すと、CH3COOH⇄CH3COO-+H+ 1価の酸である。 弱酸である酢酸の電離度α=0.010なので、[H+]=0.10mol/L×1価×0.010=1.0×10-3-log10[H+]の公式に当てはめると、pH=-log1010-3 pH=3, [問題]0.050mol/Lの塩酸のpHを求めよ。ただし、log102=0.30とする。, 塩酸なので、価数1、電離度α=1[H+]=0.050mol/L pH=-log100.050=-log10(0.1÷2) =-log10(10-1÷2) =-(log1010-1-log102) =1+0.30 =1.3, [問題]1.0×10-4mol/Lの硫酸のpHを求めよ。ただし、log102=0.30とする。, 硫酸なので、価数2、電離度α=1[H+]=1.0×10-4mol/L×2価×1=2.0×10-4mol/L pH=-log102.0×10-4=-log10(2×10-4) =-(log102+log1010-4) =-0.3+4 =3.7, [問題]0.10mol/Lのアンモニア水のpHを求めよ。ただし、電離度α=0.02とし、log102=0.30とする。, アンモニア水の価数は1、弱塩基で電離度は0.02[OH-]=0.10mol/L×1価×0.02=2.0×10-3 pOH=-log102.0×10-3=-log10(2×10-3) =-(log102+log1010-3) =-0.3+3 =2.7 pH+pOH=14より pH=14-2.7=11.3, ここまでpH計算ができるのであれば、ほぼ大丈夫でしょう。あとは実戦問題で使えるように問題演習あるのみです。頑張れ!, TEKIBO【テキボ】は、高校生のための無料で学べる学習プラットフォームサイトです。各教科の学習からAO入試・推薦入試対策まで網羅しています。ポイントを押さえながら、スムーズに学習できるよう配慮しています。.