A10チップ・iPhone 7 Plus 176,100点 A12チップ・iPhone XS 348,000点 A14プロセッサのベンチマークスコア Geek Bench5. 2019年モデルのiPhone11/iPhone11 Pro/iPhone11 Pro Maxに搭載された「A13 Bionicチップ」の実力を、発売日購入したiPhone11 Pro実機によるベンチマークテストで確認してみた結果をレポートします(2020年、最新バージョンのアプリで測定した結果も追加しました)。 最近発表された第4世代iPad Airは、次期フラッグシップiPhone 12(仮)に搭載が予想されるA14 Bionicチップが採用された初のアップル製品となりました。記事執筆時点では本製品はまだ出荷されていませんが、そのGeekbenchベンチマーク結果と称されるスコアが公開されています。, 数々の実績ある有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)ice universe氏は、Twitter上でiOS 14.0.1を実行しているiPad Air 4のGeekbench 5テスト結果をシェアしています。, A14's first Geekbench 5 results appeared, single-core 1583, multi-core 4198, still the king. 別のリーカーも、A14プロセッサのGeekbench5のマルチコアスコアは、4600程度になるとリークしています。, https://twitter.com/LukeMiani/status/1295376262857478148, Aututuベンチマークスコアもリークされたのですが、こちらはGeekBench5とはスコアが全然違います。, iPhone12 Pro MAXのスコアとされているものですが、総合57万、CPU17万、GPU22万と、A13プロセッサよりも10%ほどの向上にとどまっているようです。, Geek Benchのスコアと比べて向上幅がとても小さいので、思ったほど性能は向上していないのではないか?とちょっとした騒ぎになっています。, Appleのプロセッサは、Androidに多く採用されているSnapdragonよりも性能が優れている事が多いのですが、A13プロセッサは、Snapdragon 865にほぼ並ばれていました。, 今回、A14プロセッサが35%性能向上するということで、再びスマートフォン向けプロセッサとして最高の処理能力を獲得することになります。, 今後、Snapdragon 875も年末には発売されるでしょうから、そちらの性能も楽しみですね。, 1 Apple Aシリーズチップの解析は海外サイトですがAnandtechが詳しいです。, https://www.anandtech.com/show/14892/the-apple-iphone-11-pro-and-max-review/2 A13のThunderコアのパフォーマンスが結構上がっているのがビックリしました。 iPad Air(第4世代)が内蔵するA14 Bionicチップのベンチマークスコアと見られる計測結果が、Geekbench Browserに投稿されている。iPhone 11シリーズに内蔵されているA13 Bionicチップと比較して、シングルコアは約20%、マルチコアは約22%も増加している。 – April 16, 2019 – TSMC (TWSE: 2330, NYSE: TSM) today announced its 6-nanometer (N6) process, which provides a significant enhancement …, BREAKING | UNISOC Launches New-Gen 5G SoC T7520, Shanghai, China, 26 Feb 2020 – UNISOC, a leading global supplier of mobile communication and IoT chipsets, today officially launched its new-generation 5G SoC …, 最近のアンチグレアフィルムは凄い。iPad Pro 12.9に貼ったら映り込みがマジで激減した。, eGPUとRADEON RX5700XTでMac mini 2018をゲーミングPC化した, AppleがiPad Pro 2020にA13XではなくA12Zを搭載した理由を考察してみた, CPUに流す電気を大まかなブロックじゃなくて、更に細かい部分に流すことで、消費電力を抑えることができた。, クロック周波数を2.5GHz&1.5GHzから2.65GHz&1.8GHzに上げて更に電気を流す仕組みを変えたから実現した, 液晶ディスプレイの解像度で例えると、1ピクセルの大きさが同じで、画面を大きくすることで高解像度を実現しましたって言っているようなもの, https://www.anandtech.com/show/14892/the-apple-iphone-11-pro-and-max-review/2. pic.twitter.com/HXMgEfjSuW, その数値はシングルコアが1583で、マルチコアは4198であり、これに対して第3世代iPad Air(A12 Bionic搭載)は1112/2832でした。つまりA14はA12に対してシングルコアで42%、マルチコアでは48%優れていることになります。, そしてA13搭載のiPhone 11と比較すると、A14はシングルコア(A13は1327)で約20%、マルチコア(同3286)で28%高速となります。Aシリーズチップ製造を手がける台湾TSMCは製造プロセス7nm(A13)から5nm(A14)への移行は最大30%もの消費電力削減、処理能力は最大15%増しとの一般論を述べていましたが、今回の数値は上々と言えるでしょう。, またベンチマーク結果では第4世代iPad Airの搭載メモリが約4GBとされていますが、iPhone 12のProモデルは6GBになるとの噂もあります。そのぶん、実際のマルチタスク使用(メモリ内に保持しておき、再読込を防ぐ)ではより快適になっている可能性もありそうです。, さらにiPad Pro(2020)のA12Zチップと比べた場合は、シングルコアスコアではA14が優位(A12Zは1119)に立ちます。が、A12Zには8つのコアがあり、A14チップの6コアより多いため、マルチコアスコアは前者の方が高め(4693)。逆にいえば将来のiPad Proに搭載が予想されるA14XないしA14Z(ともに仮称)は、確実にA12Zよりも優れたパフォーマンスが期待できるわけです。, ここ最近はクアルコム製のSnapDragon系SoCも進化が目覚ましく、加えてAndroidハイエンド端末はメモリ搭載量が多めなこともあり、iPhoneも押され気味な感はあります。iPhone 12が発売されたあかつきには、圧倒的なベンチマーク結果を目の当たりにしたいところです。, TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選」, 以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ, ミニLED搭載iPadや第3世代AirPodsが2021年前半発売とのアナリスト予測, iPhone 12 miniとPro Max分解動画がさっそく公開。内部構造が明らかに, macOS Big Sur now available, refreshed screen design, tightly integrated with Apple silicon, Parallels is actively developing its virtualization app to be compatible with Apple silicon, iPhone 12 Pro ゴールド自腹レビュー カメラやeSIMの使い勝手を検証, 約1000円の激安HDMIキャプチャーデバイスは使い物になるのか?2製品で比較してみました:ウェブ情報実験室, 5Gスマホも3万円の時代到来、クアルコムと台湾半導体メディアテックの戦い(山根博士), 画面を腕に巻く感覚──3万円以下の nubia Watch を使ってみた(山根博士), UBIsoftモントリオールオフィスで人質事件騒動。通りを封鎖の事態に発展も原因はいたずら電話, テスラのテキーラ、約2万6000円で発売 マスク氏のエイプリルフールツイートが実現, ホットプレートより便利。電源のみでどこでもフライパン調理できる「abien MAGIC PAN」, 2013年11月14日、テレビに繋いで遊べる据え置き型PS Vita「PlayStaton Vita TV」が発売されました:今日は何の日?, iPhone 12 Pro Maxのカメラは他と何が違うのか。写真を撮りながら検証してみる, ついに発売「iPhone 12 mini」、初代SEと比べたサイズ感は? 実機で比較, サムスン初の5nmプロセッサ、Exynos 1080発表。5G対応のミドルクラスSoC, アップル幹部、AppleシリコンやタッチスクリーンMacはありうる?につき詳しく語る. それと、A11,A12,A13のスコアの比較を改めて見てみると、A11もまだまだ捨てたもんじゃ無いんだなっていうのがわかりますね。, 高等学校情報科教諭スクールプランニングノート公式手帳達人HHKBエバンジェリスト著書に『教師のiPad仕事術』メディア掲載歴ねとらぼスクールプランニングノート公式ガイドブック週刊教育資料 など, iPadとアプリの活用で時間と空間をスマート化!“仕事ができない教師"から脱出した筆者が「現場で本当に使えるiPadアプリ」や「アナログツールとの効果的な併用法」を紹介。, iPadの世界へようこそ。まったく新しいiPad Air、さらに速くなったiPad、二つのサイズから選べるiPad Pro、そしてiPad miniを紹介します。, 解像度、サイズ、重量、バッテリー駆動時間、容量など、iPad Pro Wi-FiモデルとW-Fi + Cellularモデルの詳しい仕様をご覧ください。, iPad Pro 11-inch (2nd generation)、iPad Pro 12.9-inch (4th generation) ベンチマーク | iPad | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤), Appleの新型iPad Pro「iPad Pro 11-inch (2nd generation)」と「iPad Pro 12.9-inch (4th generation)」で、「Geekbench 5」を使った計測データがアップされていたので比…, 新iPhoneの心臓部「A13 Bionic」はなにがスゴイのか(西田宗千佳) – Engadget 日本版, 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】 iPhone 11のSoC「A13」はなぜ性能向上幅が小さいのか, AppleはiPhone 11系スマートフォンに搭載する「A13 Bionic」で、性能をおよそ20%引き上げた。CPUコアとGPUコア、それにニューラルネットワークエンジンがそれぞれ20%高…, 本記事では、CPUの仕様やスペック表によく記載されている「プロセスルール : ○○nm」のナノメートルとは何を示す単位なのか?…について、図解を使って「CPUのプロセスル…, TSMC、5nmプロセス「N5」を2020年上半期に立ち上げ ~6nmは予定通り年内量産開始の見込み, Taiwan Semiconductor Manufacturing(TSMC)は16日(台湾時間)、2019年第4四半期決算を報告した。, Hsinchu, Taiwan, R.O.C. 2019年モデルのiPhone11/iPhone11 Pro/iPhone11 Pro Maxに搭載された「A13 Bionicチップ」の実力を、発売日購入したiPhone11 Pro実機によるベンチマークテストで確認してみた結果をレポートします(2020年、最新バージョンのアプリで測定した結果も追加しました)。, 2019年モデルのiPhone11シリーズでは、すべてのモデルに第3世代のNeural Engine搭載のA13 Bionicチップが採用されました。アップルによればA13チップか過去のiPhone用のチップとして最高性能を持っているということでした。, アップルの新製品発表会で示されたイラストでは、1世代前のA12 Bionicチップを積んだiPhone XRをGPUパフォーマンスで超えており、2019年夏モデルAndroidスマートフォンの最高峰Galaxy S10+(SDM855搭載)・ファーウェイのP30 Pro(Kirin 980)を圧倒する性能を持っているとされていました。, これを確認するため、実際にドコモから購入したiPhone11 ProにてAntutuベンチマークを走らせてみました。, 2019年9月20日時点の最新バージョンのアプリ「Antutu Benchmark(ver 7.2.3)」にて測定をしています。, 測定の結果、iPhone11 Proのベンチマークスコアは457,629点でした。, iOS向け Antutuベンチマークのバージョンが変わると旧バージョンの数字とは全く比較が出来なくなることがあります。ver 7→8系統の変更では数字が大きく出るようになっていますので注意してください。, Antutuベンチマークアプリによるランキング情報です(https://apps.apple.com/jp/app/antutu-benchmark/id803837129?l=en)。, A13チップ・iPhone 11 Pro (本測定/ver 7.2) 457,000点 A11チップ・iPhone 8 222,900点 実際、ベンチマークにそれほど差は無かったわけですし、特に理由がないなら2018 ... A13 Bionic では、より ... str が 2020/3/22 日曜日 14:34:44 にコメント Apple A14 Bionic vs. Apple A13 Bionic - CPU、比較、CPU VS、プロセッサの比較、プロセッサを比較する、プロセッサ一覧表、AMD、Intel、プロセッサ、CPU、ベンチマーク、Cinebench R20、Cinebench R15、Geekbench 5、PassMark CPU マーク A12チップ・iPhone XR 336,800点 「iPad Air 4」のCPUベンチマーク結果がGeekbench Browserに登場しています。, iPhone 12シリーズと同じA14 Bionicチップを搭載している初めてのiOSデバイスだけに、ベンチマークスコアが気になるところです。iPad13,2として掲載されているベンチマーク結果によると、シングルコア1583 / マルチコア4198というスコアになっています。, 現行iOSデバイスのスコアと照らし合わせると、シングルコアではiOSデバイスで圧倒的トップ!マルチコアでもiPad ProのA12ZやA12Xとほぼ同等のスコアを叩き出しています。, A14 BionicチップのCPUベンチマークなので、iPhone 12シリーズもこれとほぼ同じスコアになるでしょう。, シングルコアのスコアはこちら。A13 Bionicチップを搭載するiPhone 11シリーズやiPhone SE2がトップクラスでしたが、A14 Bionicチップはさらにそれを超えています。しかも圧倒的に。, iPad Proに搭載されているA12ZやA12Xが依然トップクラス!いくら最新チップといっても、コア数の多さには敵いませんね。, A14 Bionicチップは6コアなのに対して、A12ZやA12Xは8コアになります。, 「iPad Air 4」に搭載されているA14 Bionicチップは、6コアでクロック周波数は3GHz。メモリ容量は4GBとなります。, 「iPad Air 4」の価格を考えると、iPad Proと同等のスペックというのはなかなかお得かもしれませんね。, 国内最強のサブスク動画配信サービス。使ってみてわかる作品の豊富さ。料金分の価値は確実にある。まずは31日間無料体験で。, iPhone 12 miniのセットアップはめちゃ簡単、旧機種からデータの転送もすぐ終わる, AppleシリコンMacBook Airの256GBだけGPUコアが1つ少ないんですけど?, M1チップ搭載のMacは全モデルが横並びのスペック、RAMは2万円払うと16GBにできる, Apple M1チップは5nmの8コアSoC、GPUは2.6TFLOPS、それってスゴいの?, iPad Air 4がまもなく発売か、iPhone 12と同じA14 Bionicチップ搭載モデル, iPhone 12と同じA14を搭載したiPad Air4が10月発売、iPad 8はA12搭載で価格据え置き, 10.5インチiPad Airは3GB RAM搭載、CPUベンチではiPhone XS Maxと同等(てことはiPad miniも). 0 Anandtechへのリンク、ありがとうございました。 }, 【iPod touch8 第8世代】発売時期、スペック、サイズ、価格など、リーク情報、予想情報!防水、指紋センサー搭載は?, AQUOS SENSE4 発売日、スペック、価格、デザイン、カメラ性能など、最新情報まとめ【ドコモ、AU、UQモバイル】, TORQUE G05(トルク G05)発売日、スペック、価格予想など、最新情報!5G対応か。, ソフトバンク オプション いらないものは、解約しよう!解約方法を紹介。すぐ解約してもOK【オプションサービス料とは?】, Galaxy S30(+/ultra)2021年モデル スペック、価格、サイズ、カメラ性能など、リーク情報、最新情報!, Snapdragon 690 5G Antutuベンチマークスコア、性能(スペック)、搭載メーカー、機種など, Xperia 1 Ⅲは、いつ発売される?イヤホンジャック復活か。発売日、スペック、デザイン、価格予想など、最新情報リーク情報, PS5 デジタルエディションとは?違いはどこ?どっちが良い?機能、サイズ、重さ、価格差について, 【3G 終了予定】3G いつまで使える?3G停波はいつ?ドコモ、AU、ソフトバンク、ワイモバイルは?, 【Galaxy S21/S21+/S21Ultra】発売日、スペック、価格、デザイン、カメラ性能、ベンチマークスコアなど、リーク情報、予想情報。Sペン対応か。, 【Apple watch6 最新情報】新機能、スペック、価格など、最新情報!心電図、指紋認証は採用されず。, PS5 予約方法まとめ。抽選倍率、抽選確率は、どれくらい?ヨドバシカメラ、ビックカメラ、, 【iPhone12】A14プロセッサ、A14 Bionic ベンチマークスコア(GeekBench、Antutu)リーク情報。性能は、35%ほど向上?, 【PS5 PS4 互換性】パッケージ版、ダウンロード版の後方互換性は?PS3、PS2、PS1の互換性についても, 【iPhone12/mini/pro カラー、色】ライトブルー、ミッドナイトブルーが追加か。ホワイト、ブラック、グリーン、イエロー、パープル、レッド【歴代iPhone カラー】, 【iPhone12/Pro/MAX 予想、リーク情報】カラー、デザイン、スペック、新機能、発売日、価格、サイズなど。5G対応へ【2020年モデル】, 【AQUOS sense5 リーク、予想情報】発売時期、スペック、価格、デザインなど。5G対応か。. A14 compared to A13 CPU +40% GPU +50% — Komiya (@komiyaappleseed) August 10, 2020. . iPad Air(第4世代)が内蔵するA14 Bionicチップのベンチマークスコアと見られる計測結果が、Geekbench Browserに投稿されている。iPhone 11シリーズに内蔵されているA13 Bionicチップと比較して、シングルコアは約20%、マルチコアは約22%も増加している。 A14プロセッサの性能や、ベンチマークスコアに関するリーク情報が入ってきたので、紹介します。, プロセスルールとは、回路の配線の幅のことで、小さければ小さいほど性能は高く、消費電力は小さくなります。, A14プロセッサの性能は、A13プロセッサよりも40%ほど向上すると予想されています。, ちなみに、プロセスルールが変わっていないA12プロセッサからA13プロセッサに変わった時は、性能の向上幅は10%ほどでした。, 有力なリーカーによると、CPU性能は40%向上、GPU性能は50%向上するということです。, — Komiya (@komiyaappleseed) August 10, 2020, でしたから、シングルコアスコアが約25%、マルチコアスコアが約35%向上しています。, ちなみに、Macbook Pro(2019年モデル)に搭載されているCore i7 9750Hのスコアは、, さすがにMacbook Proには負けますが、大きく劣らないくらいの高性能なプロセッサになりそうです。, 【追記】 A11チップ・iPhone X 229,600点 最近発表された第4世代iPad Airは、次期フラッグシップiPhone 12(仮)に搭載が予想されるA14 Bionicチップが採用された初のアップル製品となりました。 本日より販売開始となったApple製新スマートフォンのiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Max Proに搭載されているApple A13 Bionicのベンチマークスコアが判明しました。 今回利用するベンチマークソフトはAnTuTu Benchmark Version 7、Geekbench v5です。 A14プロセッサの、Geek Bench5のベンチマークスコアは、 シングルコアスコア・・・1658. Geekbench 5のベンチマークスコアランキング(iOS) シングルコアのスコアはこちら。 A13 Bionicチップを搭載するiPhone 11シリーズやiPhone SE2がトップクラスでしたが、A14 Bionicチップはさらにそれを超えています。しかも圧倒的に。 マルチコアのスコアはこちら↓