(病院は、がんを診察したクリニックからの紹介) 痛みのない検査ですが、患者によってはがんがあってもがん細胞が観察されないことがあります。しかし、より悪性度が高いがんでは異常がみられる頻度が高くなります。一般的に、スクリーニング検査や診断の補助として行われます。 腫瘍マーカー. 3.BCGは恐ろしい気がするのですが, BCG注入療法の副作用として、まれに膀胱が萎縮してしまうことがあります。と記されていますが、どの程度の確率かまた All Rights Reserved. とのこと 2019.5再発2ヶ所、2020.5再発2.5ヶ所手術は実施予定 1.BCGはやるべきか 抗がん剤注入しないのは効果が変わらない いずれもTURBT手術を実施 ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction)を利用するようになって、かなり痛みが軽減されました。しかし、この検査方法も痛みはありました、だって綿棒状のものを尿道に挿入してグリグリするんですから。医学は進歩していますので、現在はPCRを尿に利用して、尿道炎の原因である微生物を見つけることが可能となっています。となると尿道炎の検査は全く痛みが無い!!と言い切れます。, 膀胱内の異常、特に膀胱がんや血尿の検査に対して膀胱内視鏡検査(膀胱鏡検査)を行う場合があります。この検査は10数年前はめちゃ痛かったです。だって、金属製のポール状のものを尿道から挿入して膀胱内を観察する検査でしたからね。この検査を行なってあまりの痛さに訴えられた泌尿器科医が米国でいた、なんて噂が出ていたくらいです。下半身に対する麻酔である腰椎麻酔をすれば全く痛みなしに検査ができるのですが、そんな方法を採用していた医療機関はかなり稀であり、多くはキシロカインゼリー(局所麻酔効果がある)を尿道から注入して、その後に硬性鏡と今では呼ばれている膀胱内視鏡を挿入していました。これじゃ気軽に膀胱内を観察検査することができないために、軟性鏡と呼ばれる今一般的に胃カメラと呼ばれている形状の膀胱内視鏡が開発されましたの。, 現時点で膀胱内視鏡検査をするにあたって、下半身麻酔(腰椎麻酔)をしている医療機関はまずありません。前述のキシロカインゼリーをたっぷり尿道内に注入して、それから内視鏡を挿入します。, 女性の場合は尿道自体が男性と比較して短いので、痛みはほとんどありません、と言えるのですが、男性の場合は検査する医師のテクニックに痛みは左右されるのが実態です。特に前立腺と尿道をつなぐ場所が急カーブを描いていますので、このポイントをどれだけスムーズに通過させるか、これで痛みの強さが変わってくるのです。胃カメラは気持ちが悪いけど、苦しくて気持ちが悪い、と感じる方が多いとは思いますが、膀胱内視鏡検査はそれよりは正直なところちょいとばかし痛いです。, PSAが高値であり、前立腺がんが疑われる場合に確定診断をするためには「前立腺針生検」を行う必要があります。一般的に入院して検査をするものと思われがちですが、当院では日帰り検査が可能となっています。この検査は針で前立腺の一部をさして、ごく少量の前立腺の組織を採取して、顕微鏡でがんの有る無し、がんの悪性度を診断する重要な検査です。, これは痛く無い、と言い切れはしませんが苦痛というほどの痛みでは無いはずです。当院の場合、会陰から麻酔薬を注射しますが、この時の痛みはインフルエンザの予防接種レベルの痛みです。この麻酔によって前立腺周辺が十分に痛みを除くことが可能ですから、検査自体は痛く無い、御考えください。, 各医療機関によっていかに正確に前立腺のがんがありそうな部分に針を刺すかがかなり工夫がなされています。当院の場合、日帰り検査であっても、大病院における入院が必要な前立腺針生検の検出率に遜色のない結果を得ています(ちょと自慢できる話です)。, 検査を受ける際に痛みを伴わない、と言い切れる検査の一つとして尿検査が挙げられます。まあ、尿道炎や膀胱炎で受診された場合は、主訴自体が「排尿痛」ってこともありますが、これは我慢してくださいませ。, スクリーニング検査としてウロペーパーを使うと「血尿」「タンパク尿」「尿糖」「PH」「比重」や感染症による「白血球」が解ります。さらに尿を培養検査することにより、感染症の原因となった微生物(多くは細菌)を確定することができますし、処方した薬が本当にその菌等に効果を発揮するかを判断する感受性検査も可能です。, この尿に対する感受性検査をしていれば、万が一処方した抗菌剤に対して耐性を獲得した菌であっても、そのほかの抗菌剤であれば感受性(細菌を消滅させる強さ)があるかを明確にできます。, エコー検査(超音波検査)も痛くない、と言い切れる泌尿器で多用される検査方法です。痛みの王様とさえ呼ばれることがある尿管結石や膀胱がん、腎がんをエコー検査で診断することができます。また、お腹にエコーのブローベを当てることで前立腺の大きさを測定して、前立腺肥大症を確定診断することもできます。, もちろん前立腺がんも超音波検査で発見できるのですが⋯こんな感じのプローベをお尻から挿入しますので、いくらキシロカインゼリーを注入したとしても全く痛くない、と言ったらウソになってしまいます。慣れない医師が男性が泌尿器科を受診した場合、お約束的に行われていると都市伝説的に言われている「直腸診」をするよりは痛くないはずです。, 泌尿器科の検査は痛いものもあるけど、医師側もなるべく痛くないように工夫をしていますし、痛くない検査を優先しています!!, 〒152-0001 東京都目黒区中央町2-18-14最寄駅:学芸大学(東急東横線). 萎縮はどのようにわかるのか、教示ください, ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。, 日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定者・泌尿器ロボット支援手術プロクター認定医, 本サービスにおける医師・医療従事者などによる情報の提供は診断・治療行為ではありません。, 本サービス上の情報や利用に関して発生した損害などに関して、弊社は一切の責任を負いかねます。. Copyright (C) gohongi-clinic. 又同病院ではやっていない 以上, 86歳で膀胱癌と診断され手術後BCG注入治療を勧められたのですが、介護施設の主治医に副作用が大変だから勧められないと言われ治療をお断りしたら再発・再発で1年間に3度の手術を受ける結果となりました。3月3日に手術をしましたのでまた1ヶ月後に治療を勧められると思います。癌は再発、転移するので治療が絶対必要だとおっしゃる先生と、高齢で進行がゆっくりなのに副作用が大変な治療をする必要はないとおっしゃる介護施設の主治医、知識や経験が全くない私はどちらを選択すれば良いのか悩んでおります。良きアドバイスをどうぞよろしくお願い致します。, 来月からBCGを開始するのですが 3.将来、BCG注入必要になった際、BCGは副作用があり、その代替で抗がん剤注入しないのか ・美容に関する悩みなら、ご気軽にご相談ください・無料カウンセリング前のご相談も行っています。・完全予約制となりますので、必ずお電話ください, 泌尿器系の病気の検査って痛いイメージを持っている方多数だと思います。本当のことをお伝えするとすれば泌尿器の検査は痛くない、でも若干痛いものもある!!です。, 例えば尿道炎の検査、これは昔の検査方法はそれはそれは痛く、検査している医師側も「こりゃ痛いよね」ってものでした。スチール製の先が輪っかになった針金のようなものを、尿道から挿入して、少しばかりグリグリしてそれをプレパラートに擦り付けて顕微鏡で覗く、そんな今やったら訴えられそうな検査でしたもの。, その後、顕微鏡では見ることができないクラミジアの蔓延によって、尿道炎の検査にPCR( 膀胱がんは膀胱にできるがんのことです。早期に発見できれば治癒が見込めるがんであり、気になる症状があればなるべく早いタイミングで医療機関を受診することが大切になります。, それでは、どのような症状が出たときに、膀胱がんを疑うことができるのでしょうか。また、膀胱がんが疑われると、どのような検査が行われるのでしょうか。, 膀胱がんでよくみられる症状が痛みを伴わない血尿です。血尿は、尿に血が混じっていることが見てわかる“無症候性肉眼的血尿”であったり、見た目では分からず尿検査でのみ分かる“顕微鏡的血尿”である場合があります。また、血尿より頻度は低いですが、排尿時の痛み、残尿感、頻尿といった膀胱炎によく似た症状がみられることもあります。, 膀胱がんは、このような症状をきっかけとして医療機関を受診することで見つかることがほとんどです。また、健康診断の尿検査で潜血を指摘され、精密検査を行うことでがんが見つかることもあります。自分では深刻に捉えていなかった症状が思わぬ病気につながることもあるため、気になる症状があれば泌尿器科やかかりつけの内科等に相談することが大切です。, 医療機関を受診して膀胱がんが疑われた場合、まず行う検査が尿を用いた検査、超音波検査、そして膀胱鏡検査です。, 尿を用いた検査として、尿細胞診検査や腫瘍マーカーの検査がありますが、これらの検査だけで診断を確定することはできないため、精密検査を行う前のスクリーニング検査や、診断の補助として行うことが一般的です。膀胱鏡検査や尿細胞診検査で異常が認められた場合は、膀胱に内視鏡を挿入して組織を採取する経尿道的膀胱腫瘍切除術により膀胱の腫瘍組織を一部採取し、がん組織を顕微鏡で直接観察する病理検査をって、診断を確定します。, 尿を採取し、尿中にがん細胞がないかを観察します。痛みのない検査ですが、患者によってはがんがあってもがん細胞が観察されないことがあります。しかし、より悪性度が高いがんでは異常がみられる頻度が高くなります。一般的に、スクリーニング検査や診断の補助として行われます。, 膀胱がん患者の尿に特徴的にみられる物質の有無を観察します。NMP22、サイトケラチン8・18の2種類の腫瘍マーカーがあります。全ての患者で陽性となるわけではないため、スクリーニング検査や診断の補助として用いられます。, 体の表面に機器を当て、超音波を放出することで膀胱の様子を観察します。がんのタイプによってはこの検査で見つけにくいものもあるため、膀胱鏡検査や尿細胞診検査も同時に行われることが一般的です。, 尿道から膀胱鏡(内視鏡)を挿入して膀胱内を観察します。がんの発生部位や大きさ、大まかなタイプなどを確認することができます。, 膀胱に内視鏡を挿入して組織を採取し、採取した組織を顕微鏡で観察してがんの種類や広がり方を観察します。確定診断のために行われる検査ですが、治療(がんの切除)と同時に行われる場合がほとんどです。, これらの検査のほか、膀胱がんと診断された場合は、合併症やがんの転移の有無を調べるためにCT、MRI検査などを行うこともあります。, 膀胱がんの治療は大きく分けて手術、膀胱内注入療法、薬物療法(化学療法など)、放射線治療の四つがあります。どの治療を選択するかは症状や患者の生活環境等によっても異なります。, 広がりが浅いがんでは経尿道的手術後に膀胱内への薬剤の注入を行う治療ができる場合もあります。一方、がんが膀胱の深くまで広がっているような場合は膀胱の摘出手術が必要になることがあり、この場合はある程度長い期間の入院が必要になることがあります。化学療法はがんが転移していて手術が難しい場合や、手術と組み合わせて補助的に用いる場合があります。この場合、入院が必要になるかどうかは治療法や症状によって異なります。, 膀胱は尿を排出するための重要な器官で、膀胱の摘出手術を行った場合は手術前とは違う方法で尿を体外に排出する必要があります。そのための手術は尿路変向術と呼ばれ、小腸の一部を切り離し一方に尿管をつなぎ、反対側を腹壁に開けた孔から出す(ストーマ)回腸導管という方法が一般的です。, どのような治療を行ったとしても、治療後は定期的に医療機関を受診し、検査を行う必要があります。, 膀胱がんが疑われたときは痛みが少ない検査を中心に実施し、これらの検査で異常が認められた場合に病理検査を行います。膀胱がんでみられる血尿は痛みを伴わないことも多く、忙しいと放置してしまうこともありますが、気になる症状があれば病院を受診し、早期発見につなげるようにしましょう。, 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・泌尿器科指導医日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定者・泌尿器ロボット支援手術プロクター認定医日本泌尿器腫瘍学会 会員日本内視鏡外科学会 会員日本癌学会 会員日本癌治療学会 会員日本内分泌外科学会 会員日本ロボット外科学会 会員, 内科血液内科リウマチ科外科心療内科精神科神経内科脳神経外科呼吸器外科消化器外科腎臓内科心臓血管外科小児科小児外科整形外科形成外科皮膚科泌尿器科産婦人科眼科耳鼻咽喉科リハビリテーション科放射線科歯科矯正歯科小児歯科歯科口腔外科麻酔科乳腺外科呼吸器内科循環器内科感染症内科消化器内科肝胆膵内科糖尿病内科内分泌内科代謝内科膠原病内科脳神経内科肝胆膵外科内分泌外科血管外科精神神経科総合診療科病理診断科, 福岡市営地下鉄箱崎線「馬出九大病院前駅」 徒歩2分JR鹿児島本線(下関・門司港~博多)「吉塚駅」 徒歩9分, 新型コロナウイルス感染症と付き合っていくための"新しい生活様式"とは〜まだマスクの着用は必須なの?個人が気をつけられる具体策は?〜, がん患者や家族の新型コロナウイルス感染症への不安〜不安を抱えたがん患者に対して家族ができることは?〜, 社員に新型コロナウイルス感染症の疑いが出たらどうするの?~企業が行うべき感染対策とは~, 2018.6に非浸潤型膀胱がん発症、2ヶ所Ta、ローグレード 5.転院は簡単に出来るのか 7.BCG注入で萎縮の副作用があれば、膀胱を切除するしかないのか 泌尿器の検査って痛いの?痛くないの?痛いイメージのある泌尿器の検査ですけど⋯泌尿器系の病気の検査って痛いイメージを持っている方多数だと思います。本当のことをお伝えするとすれば泌尿器の検査は痛くない、でも若干痛いものもある!!です。 2.再発時の手術後、抗がん剤は注入しないのか 手術後、抗がん剤注入せず 4.転院しても抗がん剤注入した方が良いのか 1.抗がん剤の効果は無いのか 記事3『膀胱がんの症状とは?初期症状から進行した場合の症状まで』でもお話ししたように、痛みはないものの肉眼で見てわかる血尿がみられる場合には、膀胱がんが疑われます。, 膀胱がんの診断は、どのような検査によって行われるのでしょうか。引き続き九段坂病院 泌尿器科部長の加藤伸樹先生にお話を伺いました。, 血尿の症状がみられた場合、膀胱がんだけでなく、腎臓がん、腎盂・尿管がん、前立腺がんなどのがんを疑い、まず超音波検査を行います。超音波検査では、尿がたまっている状態で膀胱や腎臓に超音波を当て、臓器を観察します。, 尿検査では、糖分や蛋白、赤血球、白血球など、尿に含まれる成分を調べます。尿にみられる成分によって、さまざまな病気の可能性を疑います。, 尿細胞診検査とは、尿の細胞を調べて悪性細胞の有無を確認する検査です。尿細胞診検査の結果は、一般的に5段階に分類されます。, 尿細胞診検査の結果、悪性所見がない場合でも膀胱がんの可能性がまったくないわけではありません。その他の検査の結果を組み合わせて総合的に診断を行います。, 膀胱鏡とは、膀胱の内部を観察・治療する医療器具です。膀胱鏡検査では、尿道口から膀胱鏡を挿入してモニター上で実際に膀胱内や尿道を観察し、炎症や腫瘍の有無を確認します。画像診断ではみつけにくい病変(病気による変化が起きている場所)を肉眼で確認できることもあり、膀胱がんが疑われる場合には重要な検査となります。, さらに膀胱鏡検査では、膀胱鏡で組織を採取し、生検(患部の一部を取って、顕微鏡などで調べる検査)が行われることもあります。, 膀胱がんが診断され、さらに転移の有無、腎盂、尿管といった膀胱粘膜と同じ組織がある部位に腫瘍がないかどうか調べるために行います。, 膀胱がんが診断され、さらに浸潤(がんが深く入りこんでいること)が疑われる場合には、磁気を使って体の断面を写すMRI検査を追加で行います。, MRI検査は、術前に膀胱がんの広がりを調べる方法としては最適ですが、最終的には手術時に正確な浸潤の確認を行います。, 治療については、記事5『膀胱がんの治療-手術から膀胱内注入療法まで』をご覧ください。, 膀胱がんのなかで比較的まれである上皮内がんは、腫瘍が隆起しないため診断が難しいケースがあります。, 上皮内がんはMRI検査やCT検査ではなかなか見つけることができず、膀胱鏡検査を行ってはじめて、膀胱上皮に赤みがあるなどの気になる所見が確認されることもあります。このような場合には、尿細胞診検査の結果で悪性細胞がみられれば診断を確定しますが、診断が難しい場合は時間をおいて再び膀胱鏡検査を行います。つまり膀胱がんが疑われても、診断がつくまでに時間がかかる場合があるということです。, 膀胱鏡検査に用いる膀胱鏡(膀胱用の内視鏡)は改良が進んでいます。現在(2018年時点)膀胱鏡検査では、胃カメラと同じような軟性のファイバースコープを使って行うため、従来に比べると苦痛は軽減され、負担は小さくなりました。まだまだ膀胱鏡検査に抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、あまり恐れずに検査を受けていただきたいです。, 記事5『膀胱がんの治療-手術から膀胱内注入療法まで』では、治療について紹介します。膀胱がんは発見が遅れてしまうと、膀胱を全て摘除する手術を行わなければならない可能性があり、やはり早期診断・治療にこしたことはないといえます。繰り返しになりますが、一度でも血尿がみられた場合には泌尿器科で検査を受けていただくことが大切です。, 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・泌尿器科指導医日本がん治療認定医機構 がん治療認定医, 九段坂病院 泌尿器科 部長。膀胱癌をはじめ、前立腺癌や腎癌などの悪性腫瘍の治療に精力的に取り組む。, 内科外科心療内科整形外科皮膚科泌尿器科婦人科眼科耳鼻咽喉科リハビリテーション科放射線科麻酔科, 東京メトロ東西線「九段下駅」 4番出口 東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線も利用可能 徒歩3分, 本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。, なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。, まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。, 「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。, 「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。, お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。, 本サービスにおける医師・医療従事者などによる情報の提供は診断・治療行為ではありません。, 本サービス上の情報や利用に関して発生した損害などに関して、弊社は一切の責任を負いかねます。.