※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。 ただ、放電エリアが消滅すると発動せず、発動するごとにハンターの気絶時間が短くなるという弱点があるので、何度も使うことはできません。, もう1つは、「電荷強化」というスキルで 囚人が放電エリアにいることで強電流がチャージされ、これが完了すると、周辺のハンターを1秒間気絶させることができます。 ただし、囚人からはどのくらいでスタンするかのゲージは表示されず、ハンターが少しでも放電エリア外に行くと、感電するまでのカウントダウンが徐々に戻ってしまうので、注意してください。 この比率は、強ポジから弱ポジに送る場合で48%、他の場合は解読進捗やパーティ編成、残り暗号機の数を考慮して、臨機応変に調節するのがおすすめです。(状況によっては、伝送せずに解読速度を上げるためだけに接続するのも手段です。), 囚人が接続した暗号機で解読している時に、ハンターが放電エリア内に入ると、上の画像のように解読ゲージの端に赤い電流のようなものが表示されます。 解読中は伝送する比率を変更しながら、周囲を警戒しましょう! もし間違えても、クールタイムを挟めば何度でも接続を変更できるので、弱ポジの暗号機や暗号機が密集している場所が残らないように意識しながら、最速で解読が完了させられるように接続場所を変えていきましょう!, 囚人以外のサバイバーでも、接続された暗号機を解読すれば、その一部を伝送できますし、比率を調整することもできるので、解読を味方に任せることも重要です。, 解読進捗を伝送した暗号機で寸止めする場合、最大の48%でも、すぐに解読が完了しないことがあります。, 一歩間違えれば、大事故になる可能性もあるので、伝送先の暗号機で「中治り」を発動させたい場合は、普段よりも少し余計に解読しておきましょう!, もしハンターに見つかったら、落ち着いて近くの板や窓がある場所へ向かいましょう! ※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。 もし不要な場合は、ロケットチェアに拘束されているサバイバーを救出した時、自身とその仲間に20秒間の無敵時間を付与する「危機一髪」をつけておくと役立つと思います。, 伝送比率は、解読を開始してからしか変更できず、小数点以下の数字は計測していないため、解読にかかった時間には若干誤差があります。, また、距離による消耗が低・中・高それぞれで一定なのか不明なため、「伝送を受け取る側の暗号機の解読進捗」の項目は参考程度でお願いします。, 伝送比率は、暗号入力を開始してからしか変更できず、小数点以下の数字は計測していないため、解読にかかった時間には若干誤差があります。, 耐性は信者ごとに計算される。寄生が解除されて、再度同じサバイバーに寄生した場合は、耐性がリセットされる。, 囚人ルカ・バルサーは、連携が取りにくい状況でも、解読管理が行いやすいサバイバーです。, 暗号機の引継ぎがかなり重要とされる現環境で、その暗号機がある場所まで行かずに解読を進められる点がかなり強力で、上手い人が使えば、あっという間に解読を終わらせられるでしょう!, 様々なサバイバーとハンターが壮絶な鬼ごっこを繰り広げる第五人格/アイデンティティV!, しかしながら全てのキャラを使うにはショップから手掛かりやエコーを使って購入しなければいけません, 手掛かりで買うのは時間がかかりすぎるし、かといってエコーで買うには課金が必要になってしまいます, 次のHTML タグと属性を使用できます:
, 解読中は索敵を怠らないように!の放電エリアの探知スキル検証 1つは「電荷集中」と言うスキルで、接続している暗号機を囚人が解読すると、その周囲に発生する「放電エリア」にハンターが一定時間留まることで発動します。, これは、暗号機の近くに板グルできる場所がある場合はかなり強く、瞬間移動などで一気に距離を詰められた場合などに重宝するでしょう。 こうした暗号機同士を接続し、そこを解読することで、伝送する解読進捗の消耗を減らしながら、試合後半でハンターに解読妨害される可能性を低くできます。, もし、ファーストチェイスになる確率が高い場所でスポーンした場合は、近くの自分がチェイスがしやすい場所を接続しておくと、少しチェイスが楽になると思います。, 接続が終わったら、解読に取り掛かりましょう! そのため、放電エリア内でチェイスする際は、ハンターの動きと暗号機の様子に注意してください。, 放電エリアに囚人が約7秒滞在すると、強電流が使用できるようになります。 囚人は、強電流でハンターを任意の場所でスタンさせられるので、これと板当てを組み合わせて、時間を稼ぎましょう!, 積極的に板当てを狙いたい場合は、12メートル以内にハンターが連続して8秒間存在すると、板を倒す速度が最大20%上昇する「尻に火」もおすすめです。, 何らかの原因で通電前に味方が脱落した場合、2台同時解読できる囚人は、パーティーにとってかなり重要な存在になります。 ただ、通電後のハンターは、内在人格「引き留める」と補助特質「瞬間移動」を採用している場合が多く、ゲートに伝送する際に15%の消耗が発生するので、最大の48%で伝送する機会は少ないかもしれません。, これだけ高い性能を持つ囚人ですが、ハンターを察知できる範囲(心音が発生する範囲)が20%狭くなる以外のデバフがありません。 また、放電エリアによる気絶時間は、1回目でも1~2秒程度と短く、スタンするごとに気絶時間が短くなります。具体的には、1回気絶すると、次の気絶時間は0.3秒、2回気絶すると0.6秒短くなり、3回気絶すると、次から感電しなくなるので、ハンターが1~2回スタンするか、接続を切断したら強ポジに移動するのがおすすめです。, ハンターが接続を破壊するか、誰かがその暗号機の解読を終わらせると、放電エリアが消失してしまいます。 アイデンティティ5(第五人格)のサバイバー「囚人」の性能を紹介しています。おすすめな内在人格の構成や囚人の衣装などをまとめているので、囚人について調べている方はこちらをチェック!, 囚人は暗号機2台を回路で繋げることが可能で、回路で繋がった暗号機に一定の解読進捗を送ることができる。結果的に2台同時に解読を進められるようになるため、解読作業を効率よく進められるぞ。, 回路で繋がった暗号機へ送る解読進捗の量は、0%〜48%の間であれば自身で調整可能だ。送った分だけ自身が解読している暗号機の解読進捗の進む速度が遅くなるため、状況に応じて伝送電率は調整していこう。, 囚人が回路で繋げた暗号機を解読すると、放電エリアを生成できる。囚人が放電エリア内にいると電流をチャージでき、自身の周囲にいるハンターを1秒間スタンできる強電流が使えるようになるぞ。, ハンターによって回路が壊されると放電エリアが消滅するため、電流をチャージできなくなる。そのため、なるべく序盤のうちに安全な暗号機同士を繋いで電流をチャージしておくと安定しやすいだろう。, 囚人は回路接続画面にて、暗号機の位置とそれぞれの解読進捗を確認できる。特に試合後半ではどの暗号機を解読すれば効率が良いか一瞬で判断できるので、回路接続でどの暗号機を解読すべきか仲間に教えてあげるのが理想的だ。, 「寒気」により、36メートル以内にいるハンターが近づいてくる方向が分かる。どの方向に逃げると安全なのか判断しやすくなり、チェイスで失敗しにくくなるぞ。, 「うたた寝(三段階)」取得により、ロケットチェア発射のカウントダウンが9%遅くなる。ハンターに捕まっても長い時間耐えられるようになるため、「受難」とも相性が良くおすすめ。, 「寒気」により、36メートル以内にいるハンターが近づいてくる方向が分かる。ハンターの接近にも気づきやすくなるため、チェイスの初動で遅れにくい。, 「反面教師(三段階)」を取得したため、仲間が拘束されているロケットチェアの半径24メートル内で移動速度が8%UPする。さらに救助へ向かいやすくなるため、危機一髪と相性が良い。, ルカ・バルサーは世間が注目する天才発明家だった。監獄に閉じ込められていた間でさえ、心に秘めた願いを諦めることはなかった。再び自由を手に入れた今、彼はずっと思い描いた偉業を成し遂げると決めた。それを止められる者はいないだろう。, ※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。 [提供]网易公司 ただし、心音範囲の方が探知できる範囲が広いので、目視による索敵やチャットの確認も怠らないようにしてください。, 自分が解読している暗号機が終わったら、再度手袋のアイコンをタップして、全体の暗号機の位置と進捗の確認、接続を行いましょう! 放電エリアにハンターが入り、かつその中に留まり続けると、約7秒で発動するので、出来るだけ数えながらチェイスするのがポイントです。 囚人は基本的に解読が役割なので、チェイス時間が延びやすいこのスキルがおすすめです。 ▶IdentityⅤ-第五人格-公式サイト, いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。. 囚人は、接続した暗号機を解読する時、その速度が10%上昇するので、強ポジにある接続済みの暗号機を解読するのがおすすめです。(接続した暗号機を解読することで、放電エリアが発生するので、暗号機のすぐ近くでグルグルできる場所が最良だと思われます。) 【第五人格】初めて遊ぶハンターでリスナーに遭遇して気まずかった話www【IdentityⅤ】 ↓動画はこちらから! https:…についての反応をまとめました。 怪力は、ハンターに板を命中させたとき、その気絶回復速度が最大20%低下する内在人格です。 接続する暗号機は、自分の近くにある強ポジと弱ポジ、もしくは密集している暗号機同士がおすすめです。 そのため、囚人は解読の要として、活躍できる強力なサバイバーと言えるでしょう! このスキルは、好きなタイミングでき、ハンターが何度発動しても、気絶時間が変化しないので、チェイスや救助などあらゆる場面で活用できるでしょう。, しかし、強電流はクールタイムが45秒とかなり長く、放電エリアでチャージしないと再使用できないので、使いどころが重要になると思います。, 通電後は、自動的にゲート同士が接続され、暗号機と同様に暗号入力の進捗を伝送できます。(伝送する解読する比率は0~48%の間で囚人のみが調整可能), このスキルを上手く活用できれば、味方の脱出をサポートして、チームを勝利に導ける可能性もあります。 しかし、伝送先の暗号機を揺らす効果があり、解読が難しくなった場合(瞬間移動でハンターが来たり、夢の魔女の信者や黄衣の王の触手等で暗号機を固められている場合)でも解読できるようになるので、基本的に接続しておくのがおすすめです。 致命的なデバフもないので、現環境でも上位のサバイバーに分類されると思います。, 囚人は、好きなタイミングで暗号機の配置とそれぞれの解読進捗を簡単に確認し、任意の暗号機同士を接続することができます。, 接続された暗号機のいずれかを解読することで、解読進捗の一部をもう片方にリアルタイムで伝送できるようになります。, そのため、囚人は強ポジにいながら弱ポジを解読したり、解読途中の暗号機を移動せずに引き継いだりするなど、無駄な解読を発生させずに、最速で通電までもっていきやすいのです。(※伝送する比率に応じて、解読速度が低下します。), また、接続した暗号機を囚人が解読している時は、その解読速度が10%上昇するので、伝送しなくても解読キャラとして十分活躍できます。, しかも、接続する暗号機は、クールタイムを挟めば何度でも変更でき、伝送する解読進捗の比率も0~48%の間ですべてのサバイバーが自由に設定し、その進捗を伝送できるので、自分が解読できない場合でも、臨機応変に解読管理することが可能です。, 弱点としては、ハンターに接続を切断されやすい、伝送する解読進捗は距離に応じて10~20%の消耗が発生するなどが挙げられますが、暗号機の引継ぎが重要とされる現環境で、比較的安全に2台同時解読ができるというのは、かなりの強みと言えるでしょう, 囚人は、解読能力が高いにも関わらず、板・窓操作速度など、基本的なチェイス能力にデバフがありません。それだけではなく、以下の2つのスタンスキルを持っているので、ある程度チェイスができるのです。