バレエの先生が公演を開くことになったら、子供がお世話になっていることも考えると 差し入れをしなくては... 縦書きと横書き、ホチキスはどの位置に止めるのが正しいのでしょうか?たかがホチキス、されどホチキス。... 毎年の年賀状はいつも年末ギリギリになって準備を始めるという方も多いと思います。そこで気になるのが... 離職票の退職理由が体調不良の場合には、失業給付のことなど手続きを確認しておく必要があります。... バスケが好きなもの同士で集まって、新しくチームを作る時に一番に決めなくてはいけないのがチーム名ですよ... 年末は家の中の大掃除をしますが、神棚の掃除もその中の一つです。神棚はとても神聖なもの。大掃除をする時... 最近は大学生でも反省文の提出を求められることがあるようです。校内外で校則違反をした場合などが多い... 結婚式にお呼ばれをしたら、まずは服装が気になりますが、髪型やヘアアレンジもマナー違反にならないように... お祝いの封筒、ご祝儀袋にお金を入れたら、のりづけをするべきなのか?迷ったことありませんか?ご... 結婚式の持ち物はどのようなものが必要なのでしょうか、結婚式に大きなバッグを持ち込むのはマナー違反。そ... ジムのトレーナーとして働きたいという場合には、仕事内容はもちろん、給料の相場も気になります。実際... 友人の結婚式のスピーチを頼まれた時に、どんなスピーチをしようかと頭を悩ませるでしょうが、その他にもお... 筋トレの一つである「懸垂」。腕を使うから、腕の筋肉に一番効果があると思っている人も多いでしょう。... アルバイトをしている方で、年末年始は帰省のためにバイトを休みたけど、なかなか休みが言い出しにくいとい... 結婚式に初めて出席することになった場合、ご祝儀をいつどうやって渡せばいいのかわからない人の方が多いで... 自宅に神棚がないと、なかなか神棚をお手入れする機会はありませんよね。会社やこれから神棚を設置する方などに、お手入れ方法をご紹介したいと思います。, 榊は最低でも月に2回は交換します。1日と15日に行なうのが一般的です。この日に行なうのは、神社では月次祭(つきなみのまつり)という祭礼が行なわれるため、それに伴い神棚の供物も新しくするのが習わしとなったためです。, 榊自体は月に2回交換しますが、植物ですから榊入れのお水は毎日交換するのが良いでしょう。毎日お水を替える事で、長持ちさせることが出来ます。, もし、榊が枯れてしまったら、出来るだけ早くに新しいものを用意して交換しましょう。見た目的にも、神様に対しても、その方が望ましいです。, 右側の榊には、その土地の氏神様が祀られています。右側だけ時折枯れてしまうと不吉だと思われる方が居ますが、そちらだけかれるのは、その土地の氏神様が守ってくれている証拠を考えられています。, 神棚の榊の交換は月に2回が一般的です。交換する日までは、枯れずにいて欲しいですよね。, 榊を長持ちさせたいなら、榊立てのお水は毎日新しいものに交換しましょう。榊立てに水を入れるときには、上までたっぷりではなく、そこから5cmくらいを目安にします。多すぎる水は雑菌の繁殖の原因になるからです。, 榊立ての内側がヌルヌルしてきたら、水が汚れる原因になりますから、綺麗に洗いましょう。漂白剤を使うのも効果的です。ブラシなどを使って、細かい部分まで丁寧に洗います。, 榊立てに対して榊が多すぎると蒸れてしまって、これも雑菌が繁殖する原因になってしまいます。榊の量を調節するか、榊立てを大きいものに交換しましょう。買ってきた榊にはゴムなどがついている場合があります。それらは外して、通気性が良くなるようにして飾りましょう。, 榊の切り口が黒くなっていると水を上手にすえないので、先端を少し切り落としてあげましょう。断面が広くなるように、斜めに切るほうが、水を良く吸います。, 神棚をこれから設置したいという方は、設置場所に迷いますよね。以下のような事に気をつけて、選んでみてください。. 神棚の左右の神具「榊立」に立てます。 毎月 1 日、 15 日の月次祭(ツキナミサイ)に、新しいサカキと交換します。 5.榊を長持ちさせる5つのコツ . みなさんは榊について正しく知っていますか?神棚になぜ榊を供えるのか、知らない方は多いと思います。この記事では、榊を供える意味や処分方法、さらに長持ちをさせる方法をご紹介して … 4.榊の供え方. 切り花の榊(サカキ)を長持ちさせる方法! 切り花の榊(サカキ)を買ってきて神棚に活けたはいいものの、ほんの数日でシナっとしてきてしまった。とくに夏などは、そんなことがありますよね。少しでもサカキを長持ちさせる方法をご紹介します。 みなさんは榊について正しく知っていますか?神棚になぜ榊を供えるのか、知らない方は多いと思います。この記事では、榊を供える意味や処分方法、さらに長持ちをさせる方法をご紹介していきます。 さらに榊立ては洗剤でしっかり洗った方が、榊を長持ちさせることが出来ます。 神棚の葉っぱはどう処分する? 一定期間、神棚に飾った榊を処分する方法はいくつかありますが、 家庭ゴミ として捨てても問題はありません。 神棚の榊(さかき)を長持ちさせる3つの方法 最近は新築の家に神棚を作ることが減っていると聞きますが、それでも神棚があるお宅では榊を長くきれいな状態で飾っておきたいと思うことが多いと思います。 葉っぱのついた植物は、公園や街路樹などさまざまな場所で見ることが出来ます。自宅にある神棚でも葉っぱを飾りますが、どんな植物なのかということを知らない人は多いのではないでしょうか。この記事では神棚に飾る葉っぱについて解説します。, 葉っぱのついた植物は、公園や街路樹など自然を感じられるところであれば、さまざまな場所で見ることが出来ます。自宅に設置してある神棚にお供えするものの1つとして、植物は必要不可欠な存在です。しかし、神棚に葉っぱのついた植物を飾ることには慣れていても、どんな植物なのかということまでは知らない人も多いのではないでしょうか。他にも「神棚に葉っぱを飾る理由とは」「神棚の葉っぱはいつ頃交換するのか」など、疑問を感じる点や知りたいことなどは沢山あることと思います。神棚で当たり前のように飾られている葉っぱだからこそ、どんな植物なのかは知っておくことをおすすめします。今回の「終活ねっと」では、神棚に飾る葉っぱについて, 以上のことを解説していきます。神棚にお供えする米や水についても触れていますので、ぜひ最後までご覧ください。また「終活ねっと」ではお坊さん手配サービスを運営しています。お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。, 神棚で飾る葉っぱは、目にすることはあっても名称やその意味を知らない方は少なからずいらっしゃるでしょう。ではまず神棚に飾る葉っぱの名称と飾る意味を解説していきます。, 神棚に飾る葉っぱの名前は榊(さかき)といいます。榊がよく育っている場所は四国や九州などで、初夏に花がつき、冬近くには黒い実が生る植物です。榊の葉っぱの表面はツヤツヤしており、先端は尖っています。榊の語源は諸説ありますが、神様のいる聖域と人間がいる世界の境目に立っている木という意味の「境木」からきている説が有力とされています。他にも葉っぱが落ちないことから「栄える木」、聖なる木と言われている「賢木(さかき)」などの説もあります。榊が一般的ではない一部の地域では、椿や松などを榊と呼んでいるところもあります。また、榊の種類は姫榊(ひさかき)と本榊がありますが、飾るのはどちらでも構いません。, 神棚に榊を飾る理由は目印の名残や依り代など諸説あります。宗教施設がなかった時代、神様は樹木や大岩などに宿っていると考えられていました。そのため、聖域となる場所が一目見ただけですぐ分かるように、榊を始めとした常緑樹を目印として近くに植えたとされています。また、榊は「木」「台」「雷」を合わせた漢字と言われています。昔は先端が尖っている植物を媒介にして、神様との意思疎通ができると考えられていました。さらに雷は尖った物に落ちやすいことが影響して、神様も同じ場所に降りるという考えが生まれたという説もあります。そのため、先端が尖っている榊が依り代として選ばれたとされています。, 榊を神棚に飾る際は左右一対が基本となります。飾り方によっては一方だけが枯れるということもありますが、右側が先だった場合、神道では良いことと考えられています。左側の榊はご先祖の神様、右側の榊は自分がいる地域を守護する鎮守様(ちんじゅさま)が降りています。もしも右側が枯れた場合は鎮守様の守護が働いた結果、左側の場合はご先祖とのつながりが希薄になっているということです。しかし、出来れば榊が枯れる前に交換・処分をする必要があります。, 榊を交換・処分するタイミングとして、1日と15日が挙げられます。このタイミングを推奨する理由は神道にとって縁起が良い日であり、月次祭(つきなみのまつり)が行われる日でもあるためです。月次祭は神恩感謝(しんおんかんしゃ)や氏子崇敬者の安泰などを祈るお祭りで、毎月1日と15日に実施されています。このお祭りのタイミングに合わせ、神棚に飾っている榊も新しい物に替えるという考えです。毎月1回は神社へ参拝する月参りも1日、または15日に合わせる人が多いです。, 榊が枯れたり、変色した場合も交換・処分をするタイミングです。理由としては「見栄えが悪い」「不浄が溜まる」などが挙げられます。見栄えが悪い状態を放置するのは神様に失礼ですし、神棚は常に清浄にしておく必要があるためです。また、榊を飾るために使用する道具は「榊立て」といいますが、その中に入っている水は毎日交換します。さらに榊立ては洗剤でしっかり洗った方が、榊を長持ちさせることが出来ます。, 一定期間、神棚に飾った榊を処分する方法はいくつかありますが、家庭ゴミとして捨てても問題はありません。神社でも神主さんが榊を普通のゴミとして処分しているところはあります。どうしても気になるという人は神社にお焚き上げを依頼したり、捨てる前に塩を振りかけて清めたりするなどの方法が挙げられます。家庭ゴミとして処分したいけれど、他のゴミと一緒にすることに抵抗がある人は別の袋に入れましょう。また、神棚のお札の処分方法についても気になる方は以下の記事も合わせてお読みください。, お札を旅行先の神社や地元の神社で頂いたけれど飾り方がよくわからないという方や、お札を買い求めたいけれど神棚にどう祀ってよいのかわからず二の足を踏んでしまっている方は多いかと思います。今回はそんなお札の取り扱い方、一般的な神棚のお祀り方をご紹介いたします。, 結論から申し上げますと、神棚に飾る榊は造花でも構いません。一番良いのは生花ですが、「定期的に取り替えるのが難しい」「夏場は長持ちさせにくい」などのデメリットもあります。その点、造花は取り替える手間がかからず、枯れる心配をする必要もないのです。また、造花でも神様に対する敬意があれば、失礼には当たりません。しかし、枯れることはなくても放っておけば汚れや埃が溜まっていくので、掃除はしっかりやっておくことをおすすめします。, 神棚の左右に飾る榊は基本的に1本ずつですが、地域によって榊の数は異なります。そのため、違う地域に引っ越した際はお近くの神社などに問い合わせ、榊について聞いてみると良いでしょう。また、神道では血や病気などに寄って来る邪気を穢れとしています。女性は生理を理由に期間中は神社に立ち入ってはいけない、神棚へのお供え物や掃除などもしてはいけないと言われていました。今ではその考えも薄れつつありますが、気にする人は他の家族に頼むなどして対応しましょう。, 榊以外に神棚へお供えする物の1つがお米です。お米は時間をかけて太陽の光を浴びながら成長します。そのお米に溜まっている光のパワーを神様に捧げるためにお供えするのです。お供えする際は生米の方が楽ですが、炊き立てのご飯があればそちらをお供えしても問題ありません。同じお米なので、赤飯や炊き込みご飯をお供えしても良いのです。しかし、神道では四つ足の動物を穢れとみなしているため、豚などの肉が入っていた場合、お供えするのは避けましょう。, 神棚へのお供え物として、塩も忘れてはいけない大切なものです。塩は料理の際に欠かせないものであり、時代によっては貴重品として扱われていた時もありました。さらに塩はその場の空間や人の心身を清める力があります。そのため、塩をお供えしておくことで、神棚の周囲は常に清らかな状態を維持することが出来るのです。塩は植物よりも傷みにくいため、頻繁に交換する必要はありません。交換した後の塩は料理に使ったり、榊を処分する際のお清め用に取っておくなどがおすすめです。, 神棚にお供えする物の1つとしてお水も挙げられます。お水も塩と同じくお清めのために必要な存在です。お水は傷むのが早いため、毎日必ず交換した方が良いです。特に夏場は傷みやすく、放置する期間が長いと徐々に臭いが酷くなってきます。そして邪気を呼び寄せることになり、不浄な気が溜まってしまいます。そうなる前に新しい新鮮なお水と交換しましょう。古いお水の方はキッチンに捨てても良いですが、植物にかける方法もあります。, 神棚へのお供え物にはお酒も含まれます。お米を供える理由は太陽のパワーを神様に捧げるためと先述しましたが、稲魂(うかのみたま)という神霊が宿るためという説もあります。稲魂が宿っているお米は上質なお供え物となるため、お米から造ったお酒も同様にお供え物として最適と言われているのです。水と同じくお酒も傷みやすいため、毎日新しい物と取り替えた方が良いでしょう。以下の記事では、これらのお供え物の配置や順番を解説しておりますので、さらに詳しくお供え物について知りたい方は以下の記事も合わせてお読みください。, 神棚をきちんと自宅に飾り、きちんとお供え物をしているお家は現在どのくらいあるのでしょう?また飾っているという方でも、神棚についてしっかり理解している方は少ないのではないでしょうか。今回は神棚について、またお供え物について紹介していきます。, いかがでしょうか。今回の「終活ねっと」では、神棚に飾る葉っぱについて、以下のことを解説してきました。, 神棚に飾る葉っぱの名前は「榊」榊の語源は、神様と人間の世界の境目にある「境木」葉っぱが落ちない「栄える木」聖なる木という意味の「賢木」など、諸説あり, 榊を飾る理由は神社がなかった時代は神様のいる場所の目印として近くに榊を植えていた、先端が尖っている植物に神様が降りてくるという考えから榊を依り代にした, 榊を交換・処分するタイミングは月次祭が行われる1日と15日見栄えが悪く不浄が溜まりやすいため、枯れたり、変色した場合も交換・処分, 榊の処分方法は家庭ゴミとして捨てるが、気になる人は塩を振りかけるなどして対応神様への敬意があれば造花でも問題ないが、掃除はやった方が良い, 榊以外に神棚にお供えするものはお米・塩・お水・お酒理由としてお米は太陽の光の力を捧げるため、塩とお水はお清めのため、お酒は稲魂という神霊が宿るお米で造っているため, 榊を始めとしたお供え物の定期的な交換は出来ないという人もいます。その場合は出来るところから始めてください。神様への感謝の気持ちを忘れなければ、お供え物が欠けてる日があっても不敬にはならないでしょう。「終活ねっと」では、他にも神棚に関する記事を数多く掲載しております。以下の記事では神棚の正しい設置場所について解説しているので、ぜひそちらも合わせてご覧ください。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。, 神棚をどの場所に設置したらいいか迷った方必見!神棚の設置場所には暗黙のルールがあります。ルールを知って心置きなく家の安全と繁栄を祈願しましょう!, 神棚があるお宅の天井には、たまに「雲」と書かれた紙が貼ってある事がありますよね。この「雲」の字にはどんな意味があり、何故貼ってあるのかご存じでしょうか。今回は神棚の真上に貼ってある「雲」の字の意味について解説し、「雲」の貼り方や種類についてもご紹介いたします。, 引っ越しの際、必ずしなければいけない神棚の移動。そう何度も移動させる物ではないので、作法なども忘れてしまいがちですよね。また、初めての方もいらっしゃるでしょう。今回は神棚を移動させる際の作法や注意点を解説し、祝詞や玉串料など周辺情報についてもご紹介いたします。, 神棚を設置する際の、適した設置場所がどこかご存知でしょうか。せっかく神棚を設置するのですから、神様を大切にお祀りしたいものです。そこで今回は神棚の設置場所について、一般の住宅と会社や賃貸のマンションに分けて解説していきます。, これまで祀っていた神棚から新しい神棚に変えようと思った場合、神聖なものと分かっているだけにその扱い方に困ってしまいませんか?ここではその神棚について、「置く場所」「お供え物」「処分方法」まで神棚の扱い方全般を解説いたします。, 神棚は高い場所にあってなかなか気軽に掃除が出来ませんよね。また神様のいる場所でもあるので、決まった作法があるのかと心配になる方も多いのでは?そんな疑問を解決すべく、神棚の掃除方法などを詳しくご紹介します。神棚をきちんと掃除すると開運に近づけるかもしれません。, 3回忌においては、故人にゆかりのある人もたくさんいらっしゃいます。そんな3回忌における引き出物として、何を用意すべきでしょうか?終活ねっとでは今回、3回忌の引き出物についてどのようなものを用意すればよいのか、そして、のしの書き方についても解説していきます。, 神棚は自宅や会社にあり身近に神様を感じる場所です。しかし実際に神棚についてしっかりとした知識がある人は少ないのではないでしょうか?神棚にお供えする物の飾り方は知っておきたいものです。今回はそんな神棚に飾る御札やお供え物の飾り方を確認していきます。, 神道における神様を祀る神棚ですが、この神棚には雲板と言われる箇所がある事をご存知ですか?この記事では、神棚に取り付ける雲板の意味や取り付け方の詳細、また雲板が神棚に取り付けできない場合の対処法や自作の雲板についても解説します。, 自宅や会社にある神棚に雲や天の文字を貼ってあることがあります。しかし、その雲や天の字をなぜ貼っているのかを知っている方は少ないのではないでしょうか?そこで今回は神棚に貼る雲や天の文字の意味や文字の向き・貼り方・書体などについて詳しく紹介していきます。, お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。, お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。, 近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。, 四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。, お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。, 年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。, 13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。.