この二つが高いほどポケモンは硬くなります, それではこの二つの指数を最大にするために計算していきます ここでHP-ダメージ=0になるとポケモンが瀕死になることからダメージ=HPと置き換えてみましょう 個体値 31-x-31-x-31-x, それではまずはライチュウのワイルドボルト、10万ボルトをH252振りソーナンスに打ってみましょう | 個体値 x-31-x-31-x-x =α×(k-α) ↓展開して並び替える となります 特殊耐久指数=特防×HP ※すごいとっくんで「きたえた!」場合は元々の個体値に関係なく31で計算されますぞwww, 例1-A:ひかえめC種族値125のサザンドラに252振りした実数値→ (125+52)×1.1=177×1.1=194.7 切り捨てで 194, 例2-A:いじっぱりA種族値145の霊獣ランドロスに252振りした実数値→ (145+52)×1.1=197×1.1=216.7 切り捨てで 216, 例2:D種族値150のギルガルドに4振りした実数値 →150+21=171(刃フォルム時は50+21=71), 例3-A:D種族値100の「ネオヤンギ」→ 100+21+(108÷8)=100+21+13.5=134.5 切り捨てで134, 例4-A:いじっぱりS種族値50の最硬振り(S4振り)のマリルリのS実数値→ 50+21+(4÷8)=50+21+0.5=71.5 切り捨てで71, 下降補正なしなら「種族値+20」、下降補正ありなら「(種族値+20)×0.9」ですなwww小数点以下切り捨てですなwww, 上の式を見て種族値などがよくわからない人は、まずは「ポケモン 3値」などの検索ワードでクグってあらかじめ勉強してほしいですなwwww, 同じポケモン・レベル・性格でも、捕まえる度にステータスが異なっているのはこの値によるものですぞwww, 言うまでもなくパーフェクトな個体ですなwwwいわゆる6Vと言われている個体ですなwww, これらを実現できるため、特殊ヤケモンの場合は攻撃個体値0にするメリットがありますぞwww, 第七世代では混乱はほとんど絶滅し、イカサマと力を吸い取るもそこまで多くないため面倒なら適当でもいいですなwww, ジャイロボールは相手より遅ければ遅いほど火力が出るので、性格は両刀でなくても火力アップ素早さダウンの性格を使用しますなwww, 努力値を振らない場所は31でも30でもレベル50では同じ値になるのことを頭の片隅にでもおいておくと厳選が少しだけ楽になりますぞwww, 同様に、最遅でも素早さ個体値は0でも1でもLv.50時の実数値が同じ=ジャイロボールの威力に影響を与えないですぞwww, あまり該当するヤケモンはいませんが、「ゆうかん」「れいせい」なら個体値妥協してもLv.50時のステータスに悪影響を与えないことがありますぞwwww, ジャッジ機能のステータス評価「すばらしい」はU固定ですので覚えておくとよいですなwww, 火力がそのヤケモンの最大になるよう物理ヤケモンなら攻撃に、特殊ヤケモンなら特攻に252振り以外ありえないwwwwww, コストはかかるものの、七世代では王冠の登場によって252振りでよくなりましたなwww, 役割対象を物理か特殊のどちらかに一本に絞りつつ、H4 BorD252やH12 BorD244では無駄が多い場合に使いますなwww, この計算式で算出された値の一番高い所がそのヤケモン最硬振りとなりますなwwwwwww, この基礎データを基にレベル50でHPと防御の努力値の和が256になるように4ずつ入れ替えてステータス計算をしていくとこうなりますぞwwwwww, そうすると水色に塗られている部分がこの表の中で一番物理耐久指数が高いことが分かりませんかなwwwwwww, 余談ですがヤャンデラの最硬振りではB>Dになるため、ダウンロードで特攻を上げさせてしまうという隠れたデメリットがありますぞwww, 定数ダメージの軽減には属しませんが、ヤドランのなどの再生力のための3n調整もこれに当てはまりますなwww, んんwwwこちらも同じになりましたなwww聡明な論者の方ならいのちのたまダメの解説はしなくても分かるはずですなwww, このようなことから、B振りorD振りのヤケモンにHを足してロジカル振りをするのは無駄と言えますなwwwロジカル振りをするのはH振り以外ありえないwww, それを理解した上で防御と特防が同じ種族値のヤケモンには努力値余り4を特防に優先的に振り、防御<特防の状態にして攻撃を意図的に上げるようにする方法ですなwwww, どちらもHP満タンから1/2ダメージを連続2回食らっても生き残れるようにするためですなwww, 例えばヤャラドスがHP満タン状態での繰り出しから怒りの前歯を受けた時、ダメージは1/2小数点切り捨てなのでHP202ヤャラでもHP201ヤャラでも受けた後のHPは101なんですなwww, この調整の何が重要かというと、計算上落ちる確率は変わらないのに努力値を余分にBDに回せる→純粋に生存率upということですぞwww, 奇数のダメージが入った場合にはこの調整はあまり意味を為さないとか言われてますが、たった8を他に回すだけでいいのですから有意義な振り方ではありますなwww, 見ての通りヤンギラスの場合、D方面ではランクが1下がると小数点の丸め方の影響でD無振りでも4振りでも同じ実数値になってしまいましたが、B方面では丸め方の悪い影響は受けずに実数値が1お得になった感じになりましたなwwww, ロジカル振りなどで余ったBかDどちらに振るべきか分からないような努力値をメジャーどころの役割対象の確定数が変わるようであれば使う程度ですなwww, なつき度を手っ取り早く上げるにはカレーを食わせまくるか努力値を下げるきのみを食わせまくるかすればよいですなwww, 第六世代では「通信交換で一旦他のトレーナーの元へやったポケモンを手元に戻したとき、交換前のなつき度が維持されるようになった。」らしいですぞwwww, タマゴわざを覚えてほしいポケモンの技枠を1つ以上空け、同じポケモン同士を預ければ伝染しますなwww, タマゴ技でも教え技でも覚えられる技は、ある1匹に教え技で覚えさせ、そいつを使って孵化厳選することでBPの節約になりますなwww, 第七世代では、まだ習得レベルに達していなくても技思い出しが可能になり、基本的にはレベル技をタマゴ技にする意味はないですなwww, タマゴ技に設定されてないレベル技は片方の親のみが覚えていた場合は遺伝しませんなwww, 剣盾では遺伝技を後天的に遺伝させられるのでこのボールで技を特定するのは不可能ですなwww, 戦闘にはほぼ影響がない要素ですが、自分でヤケモンを育成する際の型バレ防止にも相手の型把握にも意味があるのでまとめますなwwww, 《オシャレボール入り♀ × ♂orメタモン》の組み合わせにより孵化厳選できますなwwww, ORASのずかんナビを使えばマスターボール入り遺伝技あり個体の捕獲も一応可能ですなwwww, 《適当ボール入り♀ × オシャレボール入り♂(同種)》でボール遺伝することを利用するとかなりのポケモンをオシャレボールに入れることができますなwwww, この場合は第六世代・第七世代ではボールが必ず遺伝してしまうので、初めに捕まえたボールが呪いのように延々と遺伝し続けますなwww, 第六世代で厳選するとモンスターボール入り、第七世代で厳選すると♀限定と同じく延々と初めのボールが遺伝しますぞwww, 親のどちらかに「あかいいと」、もう一方に性格一致で「かわらずのいし」を持たせて孵化させまくる以外ありえないwwww, 場に出たときに特性が発動するポケモンに有効ですぞwwwふうせんの発動順は特性発動の代用になりますなwww, ダウンロードボリゴンだとBDの種族値が近い場合は同時にBD個体値が悪いものや性格不一致もわかりますぞwww, ツンデツンデはジャイロボールを使用するため当然最遅必須なのですが8世代では伝説・準伝説は4V確定と非常に狙いにくい環境になりますなwwwそのためウルトラムーンで粘る方もいらっしゃると思いますぞwww, 上記のDLポリゴンと併用する場合は、戦闘前にポリゴンのHPを1/4以下にしてカムラ+いたみわけ(教え技)で解決ですぞwww, 先制技持ち等で上からいのちがけorいたみわけのHP調整を崩される場合に便利ですなwww, ここまでやっても1ターンなので、マスボ投げて個体値確認するよりも長期的には早いですぞwww, BWのハイリンク限定ボールですなwww当時のハイリンク♂は無価値だったということもあり、地味に入手困難ですぞwww, 第七世代初出のウルトラビースト用ボールですなwwwしかし一般ポケモンにも使えますぞwww, ガンテツボールですなwwwHGSS出現ポケモンとSM、USUM出現ポケモン、剣盾出現ポケモンのみ入れることが出来ますぞwwww, それ以外の能力=[{(種族値×2+個体値+努力値/4)×レベル/100}+5]×性格補正, 「りゅうせいぐん」を覚えさせるのに必要でしたが、ポケモン剣盾ではなつき度不問になりましたなwww. ブログを報告する, https://kokubanlemon.hatenablog.com/entry/2018/10/25/000000. ここで防御側に関する数値を左辺に、攻撃側に関する数値を右辺にまとめると ダメージ≒定数×威力×攻撃÷防御 2019-12-14. HP×防御≒定数×威力×攻撃 また、この度ダメージ計算に「ダメージ計算SS」を使用させていただきました 防御+特防=HP このHP×防御を耐久指数と言います ソード・シールドのランクバトルで重要な要素であるダイマックスについて、ダイマックスするポケモンはHP実数値が高い方が有利になるのかどうかを考えてみました。努力値調整で防御・特防実数値よりもHP実数値を優先して高くした方が良いのか否かなどについて解説していきます。 実数値:207-173-93-x-112-86 / 個体値:31-31-31-x-31-31 18/12/21 01:31 2 うたしき 同じ基礎ポイントを使うのであればhp実数値=防御(特防)実数値に近づけるようにするのが耐久面では高くなるはずです。 ただ、上の人もおっしゃってますが、そのポケモンや仮想敵によって適度な振り方は違うので何ともいえません。 最後まで閲覧頂きましてありがとうございます, nomu_yoshiさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 物理耐久指数+特殊耐久指数 目次, 今回のアタッカー役は全て種族値がA90、C90と同じであるライチュウさんにお願いします。 今回使用するソーナンスはこちら ワイルドボルトは29.8%〜35.2%、10まんボルトは21.1%〜24.8%のダメージになりました さらに火力補正がある天候やフィールドを展開するダイマックス技については、天候補正に技威力の上昇が重なることで2ターン目以降の火力上昇率が2倍程度にまで膨れ上がることもあります。, あくまで追加効果から受ける二次的な恩恵であるため、目当てのダイマックス技を撃てなかったり、天候・フィールドを上書きされてしまうような状況だと効果が無いのですが、ダイマックス技の追加効果まで考慮すると、一概に「耐久値が高い方が実数値的に得だ」とも言い切れなくなってしまうのです。, さて、ここまでの結論としては「ダイマックスによって耐久が高い方が実数値的に得な時もあれば、火力や素早さが高い方が実数値的に得な時もある。さらに実際の対戦での損得を考えたら、また別の結果になるかもしれない」ということになるのでしょうか?, 「じゃあ結局結論は何なんだ?」と言われるかもしれませんが、別に真新しい結論が出て来るわけではなく、既に結論は出ています。, たとえダイマックス前提のポケモンであっても、特定の能力値を高くするような特別な調整を行う必要はありません。, ダイマックスによってHPが増えたり火力が上がったりはしますが、それで何かの能力値を特別高くしなければならないなんてことはないのです。 こんにちは、しゅんくり~む(すんく)です。 ワイルドボルトは31.8%〜38.2%、10まんボルトは21.3%〜25.0%のダメージが入っています, 続きまして努力値252を振り分けたH44 B84 D124振りのカビゴンに攻撃してみます 長くなるのでどうでもいいという方は飛ばしてもらって大丈夫です, まず、ポケモンのダメージの計算式は物凄く省略すると 共にダメージが減少していることがわかります, 続いてラプラスも見てみましょう hp232 防御252 特防12 素早さ12: 実数値: hp199-防御128-特防97-素早さ82: 特性: いたずらごころ: 持ち物: ひかりのねんど: 技構成 ・リフレクター ・ひかりのかべ ・ちょうはつ ・イカサマ 努力値 hp:252 / 防御:4 / 特攻:236 / 特防:4 / 素早:12 実数値 157-63-128-170-128-108 個体値 31-0-31-31-31-31 技構成 オーバーヒート / 10まんボルト / ボルトチェンジ / おにび 持ち物 こだわりメガネ. 種族値 H60-A90-B55-C90-D80-S110 全国図鑑  No.479 分類    プラズマポケモン 英語名   Rotom タイプ   不定 種族値   H50 A65 B107 C105 D107 S86 高さ    0.3m 重さ    0.3kg 特性    ふゆう 性別比   性別不明 卵グループ ふていけい, 4倍 じめん 2倍 みず,いわ  1/2 ほのお,でんき,くさ,こおり,ひこう,むし,フェアリー 1/4 はがね 無効 なし, 性格  ひかえめ(特攻↑攻撃↓) 特性  ふゆう 努力値 HP:252 / 防御:4 / 特攻:236 / 特防:4 / 素早:12 実数値 157-63-128-170-128-108  個体値 31-0-31-31-31-31 技構成 オーバーヒート / 10まんボルト / ボルトチェンジ / おにび 持ち物 こだわりメガネ, 環境に多い数々の強ポケに強い。トゲキッスやリザードンのようなダイジェット積み型、アーマーガア、ガラルサニーゴ、ドヒドイデの受けポケ安定して狩れる。  ウォッシュロトムとの差別化はナットレイに勝てる点とトゲキッスのマジシャを半減で受けられる点。, オーバーヒート • HDナットレイ(225.4 ~ 265.1%) 確定1発 • HDアーマーガア(120.9 ~ 143.4%) 確定1発 10万ボルト • HBサニーゴ(ガラル)(43.1 ~ 50.8%) 乱数2発(3.1%) • HBドヒドイデ(100.6 ~ 119.7%) 確定1発, • HBアーマーガア(120 ~ 141.4%) 確定1発 • H252トゲキッス(100 ~ 118.7%) 確定1発 • H252リザードン(132.9 ~ 156.7%) 確定1発 ボルトチェンジ  相手の行動を読むことで、ダメージを蓄積させつつ有利対面を維持できる。, おにび  基本的に使わない。初手に投げた時に相手がドリュウズに引いてくる読みで撃ったりするのに便利。, • 陽気A252ドラパルトのドラゴンアロー(49.6 ~ 58.5%) 乱数2発 • 陽気A252ドラパルトのダイホロウ(63 ~ 74.5%) 確定2発, • 陽気A252ミミッキュの球A↑2シャドークロー(72.6 ~ 86.6%) 確定2発 • 陽気A252ミミッキュの球A↑2ダイホロウ(124.8 ~ 147.1%) 確定1発, • 臆病C20トゲキッスのダイジェット(26.1 ~ 30.5%) 確定4発 • 臆病C252リザードンのダイジェット(31.8 ~ 37.5%) 乱数3発(88.4%), 性格  おだやか(特防↑攻撃↓) 特性  ふゆう 努力値 HP:252 / 防御:116 / 特防:140 実数値 157-x-142-125-159-106  個体値 31-x-31-31-31-31 技構成 トリック / ボルトチェンジ / オーバーヒート / おにび 持ち物 こだわりスカーフ, スカーフトリックによる「奇襲」と「崩し」を行う。相手の「受け(サイクル)」「積み展開」を崩し、自分の「対面」や「積み」を通す。, 鋼、ゴーストが環境に多い。ナットレイ、アーマーガアが重い。 エルフーン  いたずらごころで先制で補助技を使用できる。すりぬけの場合は、身代わりを貫通してすりかえできる。鋼、飛行が環境に多い。ナットレイ、アーマーガアが重い。 オーロンゲ, いたずらごころで先制して補助技を使用できる。鋼、フェアリーが環境に多い。 ウォッシュロトム, ヒートロトムより弱点が少ないが、耐性も少ない。受けるより、CSスカーフやHCメガネでアタッカー兼用がよい。フェアリーや電気が等倍で通る。ナットレイの草技が弱点となってしまう。, H:耐久を伸ばすため極振り B:残り相手のサイクルに巻き込まれる場合を想定して、少しでも多く耐久に振る D:トゲキッスC↑252ダイジェット確4 S:無振りでも実数値106。スカーフ込みで159。最速ドリュウズ抜き  持ち物はこだわりスカーフで確定。, ボルトチェンジ  交代を伴う電気技。ドラパルト対面など、後攻ボルトチェンジでエースを安全に降臨させられる。 • H252トゲキッス 38.5%~46.8% ダメージ74-90 (確定3発) • オノノクス17.8%~21.8% ダメージ27-33 (乱数5発), • H252パルシェン 96.8%~115.9% ダメージ(乱数1発 87.5%) • H4ギャラドス 98.2%~119.2% ダメージ168-204 (乱数1発 93.75%), • ドラパルト 15.9%~19.0% ダメージ26-31 (乱数6発) • サザンドラ 13.7%~16.1% ダメージ23-27 (乱数7発), • H252ブラッキー 16.3%~19.8% ダメージ33-40 (乱数6発) • H252アーマーガア 46.8%~55.6% ダメージ96-114 (乱数2発 62.5%) • H252ドヒドイデ 39.4%~47.1% ダメージ62-74 (確定3発) ダイサンダー(ボルトチェンジ) • H252トゲキッス 65.6%~78.1% ダメージ126-150 (確定2発) 10万ボルト  交代したくない相手(ドヒドイデ等)との対面を考慮し、ボルトチェンジとの選択。 • H252トゲキッス 50.0%~59.3% ダメージ96-114 (確定2発) ダイサンダー(10万・放電) • H252トゲキッス 69.7%~84.3% ダメージ134-162 (確定2発) 放電  まひ(30%)を重視したいとき。 • H252トゲキッス 43.7%~53.1% ダメージ84-102 (乱数2発 18.75%) オーバーヒート • H4ドリュウズ 117.2%-138.7% ダメージ218-258 (確定1発) • H4D0 ドリュウズダイマックス 58.6%-69.3% ダメージ218-258 (確定2発), • オノノクス 33.7%~39.7% ダメージ51-60 (確定3発) • H4ミミッキュ 57.2%~67.1% ダメージ75-88 (確定2発), • H252ナットレイ 148.0%~179.0% ダメージ268-324 (確定1発) • H252アーマーガア85.8% ダメージ-102.4% ダメージ176-210 (乱数1発 12.5%) 鬼火  交代読みで使用。相手の攻撃を半減できる。 電磁波  まひを撒きたい場合。リザードン、トゲキッス、サザンドラ等の特殊アタッカーには鬼火より有効。 リフレクター  物理対策としては、鬼火ではなく、こちらもあり。命中に悩まされることがない。ひかりのねんども時々もらえる。 ひかりのかべ  トゲキッスやサザンドラ対策に有効。トゲキッスがより安定します。サザンドラはヒートロトム単独で突破が難しいので、主に後続のフォローが目的。 イカサマ  ドラパルト、ミミッキュのピンポイント狙い。 イカサマ(A252) • H4ミミッキュ 38.9%~46.5% ダメージ51-61 (確定3発) • H4剣舞ミミッキュ 77.8%~91.6% ダメージ102-120 (確定2発) • ドラパルト 79.7%~94.4% ダメージ130-154 (確定2発) たたりめ たたりめx2 • H252輝石ガラルサニーゴ 40.7%~49.1% ダメージ68-82 (確定3発) • H252ガラルサニーゴ 61.0%~73.0% ダメージ102-122 (確定2発) シャドーボール • H4ミミッキュ 47.3%~56.4% ダメージ62-74 (乱数2発 77.73%), • A↑252ドリュウズじしん 208.9%-247.1% ダメージ328-388 (確定1発) • A↑252バンギラスストーンエッジ 104.4%-123.5% ダメージ164-194 (確定1発), • 同ダイロック 135.0%-160.5% ダメージ212-252 (確定1発) • A↑252オノノクスじしん 147.7%-175.7% ダメージ232-276 (確定1発), • A↑252パルシェンロックブラスト 70.0%~89.1% ダメージ110-140 (確定2発) • A↑252+2段階パルシェンロックブラスト 140.1%~165.6% ダメージ220-260 (確定1発), • A↑252ミミッキュシャドークロー 35.6%~43.3% ダメージ56-68 (確定3発) • A↑252+2段階ミミッキュシャドークロー 71.9%~85.3% ダメージ113-134 (確定2発), • 同かげうち 42.0%~49.6% ダメージ66-78 (確定3発) • 同ダイホロウ 124.2%~146.4% ダメージ195-230 (確定1発), • A252ギャラドスたきのぼり 72.6%~85.3% ダメージ114-134 (確定2発) • A252ギャラドスダイストリーム 118.4%~138.8% ダメージ186-218 (確定1発), • A252ドラパルトドラゴンアロー 43.3%~53.5% ダメージ68-84 (乱数2発 12.83%) • ブラッキーイカサマ 19.1%~22.9% ダメージ30-36 (乱数5発), • A↑252ナットレイ はたきおとす 26.7%~31.8% ダメージ42-50 (確定4発) • B↑252アーマーガア ボディプレス 23.5%~28.0% ダメージ37-44 (乱数4発 85.25%), • C↑252トゲキッスエアスラッシュ 15.9%~19.1% ダメージ25-30 (乱数6発) • 同ダイジェット 27.3%~32.4% ダメージ43-51 (確定4発), • 同ダイマックス時 13.6%~16.2% ダメージ43-51 (乱数7発) • 同げんしのちから35.6%~42.0% ダメージ56-66 (確定3発), • 同C↑252+2段階エアスラッシュ 32.4%~38.2% ダメージ51-60 (乱数3発 95.36%) • (ダイマックス時) 16.2%~19.1% ダメージ51-60 (乱数6発), • ダイジェット55.4%~64.9% ダメージ87-102 (確定2発) • (ダイマックス時) 27.7%~32.4% ダメージ87-102 (確定4発), • C252ドラパルト流星群 44.5%~53.5% ダメージ70-84 (乱数2発 31.25%) • C↑252サザンドラ流星群 57.3%~67.5% ダメージ90-106 (確定2発), • 同あくのはどう 35.0%~42.0% ダメージ55-66 (確定3発) • C↑252メガネサザンドラ流星群 85.9%~101.2% ダメージ135-159 (乱数1発 6.25%), • 同あくのはどう 53.5%~63.0% ダメージ84-99 (確定2発) • ドヒドイデ熱湯 28.0%~34.3% ダメージ44-54 (乱数3発 0.39%) • ガラルサニーゴナイトヘッド 31.8% ダメージ50 (確定4発), よく呼び寄せるドリュウズ、オノノクス対策に、地面技を透かせる飛行(岩弱点に注意)。ヒートロトムで対応が難しいドラゴンのドラパルト、サザンドラに強いポケモン。他、ミミッキュバンギラスに強いポケモンがいるとよい。, 性格  おだやか(特防↑攻撃↓) 特性  ふゆう 努力値 HP:252 / 防御:92 / 特防:164 実数値 157-63-139-125-162-106 個体値 31-0-31-31-31-31 技構成 ボルトチェンジ / ほうでん / トリック / おにび 持ち物 こうこうのしっぽ, リザードンやトゲキッスを受け出しから尻尾トリックで機能不全に追い込む。以上2体とまみえずとも、安定した後攻ボルトチェンジでクッション性能を高める。その他高速ポケを止める。, 特性はふゆうで確定。いつもロトム達の耐性を高めてくれる。持ち物は後攻の尻尾で確定。コンセプトのため。, トリック  コンセプト。身代わりには通らないので気をつけること。 ボルトチェンジ • H4ギャラドス98.2~119.2% 乱数1発(93.75%), おにび  バンギラスやドラパルト相手にトリック成功した時に打つ。そのまま後続で起点にも。トリックしていない状態でも交代読みでよく刺さってくれるので優先度高め。 ほうでん • H4ギャラドス 112.2~133.3% 確定1発 • H252トゲキッス 43.7~53.1% 乱数2発(18.75%) • H4リザードン 70.1~83.1% 確定2発 オーバーヒート • H252 D4ナットレイ 148.0~179.0% 確定1発 • H252 D4アーマーガア 84.8~100.4% 乱数1発(6.25%) ひかりのかべ  サザンドラなどの特殊アタッカーにトリック決まった時に打つ。トゲキッス相手ならこの後にもう1ターン貰えたりもする。後続が特殊薄い時に。拘りを貰ってしまった時に打ちづらくなるのは難点か。, • A特化珠ミミッキュダイホロウ(シャドークロー) 63.0~75.1% 確定2発 • 陽気A252鉢巻ドラパルトドラゴンアロー 73.8~87.8% 確定2発, • ギャラドスたきのぼり(陽気A252) 73.8~87.8% 確定2発 • 同たきのぼり(1舞陽気A4) 91.7~108.2% 乱数1発(50.0%), • A特化ガラルヒヒダルマ(五里霧中) つららおとし 34.3~41.4% 確定3発 • 同ばかぢから 65.6~77.7% 確定2発, • C252リザードンダイジェット(ぼうふう) 24.8~29.9% 乱数4発(99.99%) • 同ダイバーン(オーバーヒート) 24.8~29.9% 乱数4発(99.99%), • 同晴れ下サンパワーダイバーン(オーバーヒート) 56.0~66.2% 確定2発 • C252トゲキッスダイジェット(エアスラッシュ) 24.8~29.2% 乱数4発(99.87%), • 同ダイフェアリー(マジカルシャイン) 24.8~29.2% 乱数4発(99.87%) • C252インテレオンハイドロポンプ 85.3~103.1% 乱数1発(12.5%), • C特化ウォッシュロトムハイドロポンプ 85.3~100.6% 乱数1発(6.25%) • C特化眼鏡サザンドラりゅうせいぐん 84.0~99.3% 確定2発, ローブシン  キッス、リザをロトムの放電+雷パンチで安全に処理。キッス、リザを処理出来れば暴れられる。ヒートロトムの誘うバンギラスやサザンドラに強い。 バタフリー  眠り粉でハメに入れる。苦手な草タイプをヒートロトムが誘わない。トリック無しでも後攻ボルチェンから安全に着地できる。 ピクシー, 上からのコスモパワー(瞑想)で積みに入れる。天然+コスモパワーで要塞化。  相手はリザキッスでダイマックスを切る為、小さくなるが効きやすくなる。リザの晴れに少し月の光で便乗も。 ─────────────────────  以上です。これで紹介を終えます。, KOKUBANLEMONさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog