オススメの2020年最新モデルのワイヤレスイヤホンを5つご紹介。ワイヤレスイヤホンはひとつ持っておくとオンライン会議の際にも活躍すること間違いなし!コスパ最強で高品質な製品をピックアップし … たとえば、センターボタンで通話から、音楽、ポッドキャスト、Siriなど簡単に操作できます。, Appleの「EarPods」は、iPhone、iPad、iPodを買えば無料で付いてくる白いイヤホンです。ワイヤレスのイヤホン「AirPods」ほど魅力的なものではありませんが、充電の心配をする必要がない上に、オーディオ関連はより操作しやすいです。, 持っているデバイスにもよりますが、Appleのイヤホンは3.5mmのヘッドホンジャックか、Lightningコネクタで接続して使います。, どちらにしても、EarPodの少し下のケーブルにヘッドホンコントローラーが付いているはずです。, ボリュームのボタンはかなりシンプルで、その時に聞いているものの音量のレベルを調節するのに使うだけです。, それに対してセンターボタンは、どれくらいクリックするか、どのアプリを使っているかにもよりますが、様々な機能があります。, Appleのイヤホンのどこにマイクがあるのか、不思議に思っている人もいるかもしれません。, コントローラーの裏にマイクのアイコンがあり、マイクが内蔵されていることがわかります。iPhone自体を持ち上げなくても、このコントローラー部分を口元に持っていけば、通話や録音、Siriに指示をするのには完璧です。, イヤホンのコントローラーに内蔵されているマイクのお陰で、iPhoneを口元に持って行く必要がなく、ハンズフリーで通話ができます。, デバイスで音楽、ポッドキャスト、オーディオブックを聞いたり、動画を見たりしている時、コントローラーのセンターボタンで再生操作などをすることができます。, 「Hey Siri」と声をかけて起動するには、Appleの「AirPods」か「AirPods Pro」が必要ですが、通常の白いEarPodsでも、手動でSiriを起動することはできます。マイクがあるので、ハンズフリーでSiriに指示も出せます。, また、デバイスの設定にもよりますが、Siriではなく音声コントロールを使うのも以下と同じ操作です。, Appleのイヤホンを使って、Siriや音声コントロールを操作する方法は以下の通りです。, 昔は、iPhone、iPad、iPod touchのカメラも、イヤホンのコントローラーのセンターボタンを使って操作できていました。, デバイスを触らずに写真を撮ることができたので、いい写真がより簡単に撮れていました。, 残念ながら、Appleはソフトウェア・アップデートで、最近この機能を失くしてしまいました。念のため、機能がまた戻ってきた時のために、使い方をご紹介しておきます。, Appleのほとんどのデバイスに無料で付いていることを考えると、そこまで悪くないと思います。, とはいえ、音質を重視する人にとっては、もっと音質のいいコード付きイヤホンやヘッドホンは他にもたくさん売っています。, 外の音をより遮断したり、レスポンスのバランスがよかったり、ノイズキャンセル機能が付いていたりするものも多いです。しかし、どれもiPhoneに無料で付いてはきません。, ワイヤレスのイヤホンを探しているのであれば、AppleのAirPodsやAirPods Proを検討してみましょう。ワイヤレスの中で最安値というわけではなく、Appleのコード付きのイヤホンほど多くの操作もできませんが、Appleデバイスとの相性はばっちりです。, 実際、Appleのイヤホンをノートパソコンやタブレットに挿せば、ボリュームの調節や音楽の一時停止、巻戻しなど、全く同じやり方でほとんどの操作ができますよ。, 当然ながら、LightningコネクターのEarPodsはAppleのデバイスにしか接続できませんけど…。, Original Article: 4 Nifty Things Your Apple EarPods Headphones Can Do by MakeUseOf, machi-yaで500万円以上の支援を集めている「Fitness Mirror」は、自宅でプロから指導してもらえるトレーニングデバイスです。, ストレスを感じると、一部の人は上下の歯をすり合わせたり(グラインディング)、強くかみしめたり(クレンチング)します。気をつけたい歯ぎしりの兆候や症状を解説します。. Bluetoothイヤホン TWS Pro3は説明書が英語と中国語のみの為初めてワイヤレスイヤホンを使う方は使い方が分からないことが多いです。接続方法、使い方などをここでは画像付きで解説していきたいと思います。TWS Pro3基本商品が手元 Copyright © 2020 Apple Inc. All rights reserved. 使い方. 1 ワイヤレスイヤホンとは; 2 ワイヤレスイヤホンの使い方. iPhoneやパソコンで音楽再生できるBluetooth対応のワイヤレスイヤホンの選び方&使い方とは?片耳のハンズフリー通話から、ランニング・水泳などのスポーツまで、高音質・バッテリー長時間再生などのおすすめセットをご紹介します。コードレスで贅沢な音楽ライフを楽しんで! 4 Nifty Things Your Apple EarPods Headphones Can Do, 薄い&軽い!なのに頼りになる、アークテリクス、マーモットなどハイスペックなコート3選, Amazonタイムセールで、800円台の270°角度調整できるスマホ&タブレットスタンドや500円台のカラビナ付きペットボトルホルダー5個セットがお買い得に, iPhoneのアイコンをカスタマイズ。ホーム画面をミニマルにするアイコンセット【今日のライフハックツール】. ダブルタップして Siri を使うことができない場合は、「設定」>「Siri と検索」の順に選択し、「ロック中に Siri を許可」がオンになっているか確認してください。, AirPods (第 2 世代) と AirPods (第 1 世代) を両方お持ちの場合は、世代別に分けてお使いください。異なるモデルの AirPod を組み合わせて充電ケースに入れると、AirPods は充電されません。, AirPods Pro または AirPods (第 2 世代) をお使いで、iPhone で「Hey Siri」をすでに設定してある場合は、「Hey Siri」をそのまま AirPods でも使えます。AirPods Pro または AirPods (第 2 世代) をお使いで、iPhone で「Hey Siri」をまだ設定していない場合は、AirPods の初期設定中に「Hey Siri」の設定手順が案内されます。, iCloud にサインインしている場合は、同じ Apple ID で iCloud にサインインしている対応デバイスに AirPods が自動的に設定されます。, コントロールセンターの右上隅に表示されるオーディオカードを長押しして、オーディオを制御します。, オーディオコンテンツを再生および一時停止するには、AirPod の軸部分にある感圧センサーを押します。再生を再開するには、もう一度押します。, 音量を調節するには、「Hey Siri」と話しかけてから、「音量を下げて」のように頼みます。または、再生に使っている App 内、またはロック画面やコントロールセンターにある音量調節スライダをドラッグします。Apple Watch で「再生中」画面を開いて、Digital Crown を回して音量を調節することもできます。, AirPods Pro や AirPods (第 2 世代) をお使いの場合は、「Hey Siri」と話しかけることができます。, AirPods (第 1 および第 2 世代) では、ダブルタップして Siri を使います。. 2.1 ペアリング. ノイズキャンセリングはついていないのでそれ相応の音質ですが、それでも1万円程度のワイヤレスイヤホンと考えれば、非常に高性能でコスパが良いイヤホンだなーと思います! Happy Plugs公式サイト. iPhoneのイヤホン「EarPods」でできることは数多くあります。たとえば、センターボタンで通話から、音楽、ポッドキャスト、Siriなど簡単に操作できます。あとは、効率のいい使い方を学ぶだけです。今回はそれをお教えしましょう。 音楽を聴く、電話をかける、Siri を使う。AirPods はどんなことにも使えます。, AirPods をはじめて設定する場合は、まずデバイスが最新の状態になっているか確かめてから、以下の手順を実行してください。, Mac や他社製デバイス (たとえば Android 端末など) で AirPods を初期設定する方法については、こちらの記事を参照してください。, 耳につければ、デバイスからの音声が自動的に AirPods から流れてきます。AirPod を片方外すと音声が一時停止し、両方とも耳から外すと音声は停止します。AirPod で音声を聴いているときに耳から外すと、AirPod は一時停止します。15 秒以内に耳に戻せば、自動的に再生が再開します。, ぴったりサイズの AirPods Pro イヤーチップを選ぶ方法については、こちらの記事を参照してください。, AirPods は充電ケースに保管しておきましょう。AirPods をポケットやバッグに放り込んでおくだけでは、損傷のおそれがあります。, AirPods で音声を聴くデバイスを途中で別のデバイスに切り替える方法をご紹介します。, AirPods は iPhone と Apple Watch に同時に接続されます。その 2 つの間で自動的に音声が切り替わります。, iOS 14 または iPadOS 14 以降では、AirPods (第 2 世代) または AirPods Pro は iPhone と iPad の間で自動的に切り替わります*。両方のデバイスで 2 ファクタ認証を使い、同じ Apple ID でサインインしておく必要があります。たとえば、iPad で音楽を聴いている最中に iPhone で電話に出るような場合は、AirPods が自動的に iPad の音楽から iPhone の通話に切り替えてくれます。, デバイスの自動切り替えを無効にする場合は、AirPods を耳に入れたまま、デバイスで「設定」>「Bluetooth」の順に選択します。デバイスのリストで AirPods の横にある情報ボタン をタップします。「この iPhone [または iPad] に接続」をタップし、「この iPhone [または iPad] に前回接続していた場合」をタップします。この機能を再び有効にするには、「自動」をタップします。, * 自動切り替えは、macOS Big Sur を搭載した Mac で使えるようになります。, 別のデバイスを選択してオーディオを再生したり、オーディオを別のヘッドフォンやスピーカーに切り替えたりする必要がある場合は、以下の手順を実行してください。, メニューバーで音量調節コントロール をクリックし、「出力装置」の下で AirPods Pro2 またはほかのスピーカーを選択します。, AirPods Pro では、周囲の音をどの程度取り込むかもコントロールできます。感圧センサーを長押しすると、アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードが切り替わります。長押ししたときにどのモードを切り替えるかは、「設定」>「Bluetooth」>「AirPods Pro」>「AIRPODS を長押ししたときの操作」で選択できます。, AirPods を使って、オーディオコンテンツの再生を制御できます。Siri も使えます。, AirPods (第 2 世代) の場合、デフォルトでは、「Hey Siri」と話しかけて Siri を使います。片方の AirPod をダブルタップすると、オーディオが再生されるか、次のトラックにスキップします。, AirPods (第 1 世代) の場合は、デフォルトでは、ダブルタップして Siri を使います。, お使いの AirPods のモデルにかかわらず、左右それぞれの AirPod をダブルタップしたときに、以下の操作を行うように設定できます。, 左右どちらかの AirPod をダブルタップしたときに、それぞれどのような操作を行うか選択しておく方法については、こちらの記事を参照してください。, AirPods で Siri を使い、電話をかけてもらうなど、何でも頼めます。Siri で音楽をコントロールし、AirPods の状況を調べることもできます。たとえば、Siri に次のように話しかけてお願いできます。, 左右いずれかでも AirPod を着けているときに電話がかかってくると、Siri が教えてくれます。AirPods Pro で電話に出るには、感圧センサーを押します。AirPods (第 1 または第 2 世代) で電話に出るには、AirPod をダブルタップします。その後、AirPod Pro の感圧センサーを押すか AirPod をダブルタップして、電話を切るか別の通話に切り替えます。, AirPods を充電するには、専用ケースに入れて蓋を閉じます。4 AirPods がシステム終了し、ケースに入っていればいつでも充電されます。, AirPods Pro は、Qi 規格の充電器付きのワイヤレス充電ケースで充電できます。ケースのワイヤレス充電中にステータスランプをタップすると、充電状況を確認できます。ランプが緑色の場合、ケース (および AirPods を中に入れている場合は AirPods も) の充電残量が 80 パーセントを上回っています。ケースを Apple Lightning - USB ケーブル (USB-C または USB A) につなぐこともできます。, AirPods (第 1 または第 2 世代) は Wireless Charging Case や AirPods Charging Case で充電できます。Wireless Charging Case をお持ちの場合は、Qi 規格の充電器でワイヤレス充電できます。いずれのケースも Apple Lightning - USB ケーブルにつないで充電できます, AirPods Pro をお使いになる場合は、以下のいずれかのデバイスを 1 台以上ご用意ください。, AirPods (第 2 世代) をお使いになる場合は、以下のいずれかのデバイスを 1 台以上ご用意ください。, AirPods (第 1 世代) をお使いになる場合は、以下のいずれかのデバイスを 1 台以上ご用意ください。.