※Covid-19の特例で3カ月シングル取得報告あり, 料金 8月2日(金)、16日(金)、30日(金) 2019年 〒169-0072 東京都新宿区大久保2-5-22 SEKISAKU Bldg 5F観光庁長官登録旅行業第1957号(社) 日本旅行業協会正会員, Copyright © 2020ボランティアプラットフォーム. タイで2週間~3ヶ月の長期ボランティア!タイの山岳民族の生活と文化をサポートしよう!山岳民族の生活向上のために活動するngoと一緒に活動します。山岳民族とそうでない人々が、お互いの文化や価値観を認め合い、共生できる社会づくりに向けて取り組んでいます。 タイへ入国する際にはビザが必要となります。しかし、観光目的でタイへ訪れる場合、日本のパスポートを持っており条件を満たせばビザがなくても通常30日間の滞在が出来ます。これは「ノービザ(無査証)」と呼ばれています。, 30日間を超える滞在や、観光目的以外ではビザの取得が必要になりますので、ビザの種類や取得方法について覚えておくことが良いです。, タイへ観光目的で訪れる際、日本のパスポートを所持しており、パスポートの有効期限が6ヶ月以上で30日以内に第3国へ出国する航空券を所持していれば、イミグレーションで通常30日間の滞在許可を取得することが出来ます。 特にビザ(査証)取得の必要がなく、パスポートにスタンプを押印されるだけなので、ノービザ(無査証)と呼ばれています。 万が一、滞在を延長する場合は、イミグレーションにて7日間から最長30日間の延長が可能です。, タイビザの種類は3種類ですが、ビザによっては滞在形態や目的によってカテゴリーが分けられているものがあります。, タイへ観光目的で滞在するために取得するビザで、ノービザでの滞在可能日数の30日を超える場合に取得する必要があるビザとなります。ツーリストビザの滞在許可日数は最長60日間です。 タイ滞在時にノービザからツーリストビザへの切り替えは出来ないため、タイへ渡航する前にタイ王国大使館・領事館で申請取得しておく必要があります。ビザの有効期間内であっても出国すると失効してしまうシングルエントリーと、出国して再入国が可能なマルチプルエントリーの2タイプがあります。有効期間はシングルエントリーの場合は90日間、マルチプルエントリーの場合は180日間になります。, タイに滞在する形態や目的によって13種類のカテゴリーに分けらているビザで、有効期間は90日間です。ビザの有効期間内であっても出国すると失効してしまうシングルエントリーと、出国して再入国が可能なマルチプルエントリーの2タイプがあります。しかし、滞在目的によってはシングルエントリーしか取得出来ない場合があります。, タイでの就労。タイ労働省にて労働許可書(ワークパーミット)、タイ入国管理局にて滞在延長を申請する必要があります。シングルエントリーしか取得出来ません。, ビジネスの会合や集会、会議などへ出席。通常の有効期間は90日ですが、条件をクリアすれば3年という長期のものも取得可能です。しかし、有効期間内にタイで雇用されることは出来ません。またシングルエントリーは取得出来ずマルチプルエントリーのみとなり、1回の滞在期間は90日以内となっています。そのため、期間内であっても出入国をしないといけません。, 教師になる。タイ労働省にて労働許可書(ワークパーミット)、タイ入国管理局にて滞在延長を申請する必要があります。シングルエントリーしか取得出来ません。, 教育機関における学習や研究。または仏教学習や修行。シングルエントリーは90日間、マルチプルエントリーは1年間となっています。, 学術調査研究またはNRCT(National Research Council of Thailand)での研究。シングルエントリーは90日間、マルチプルエントリーは1年間となっています。, タイ人の配偶者もしくは扶養家族。シングルエントリーは90日間、マルチプルエントリーは1年間となっています。, タイ王国で正規就労する外国人の配偶者もしくは扶養家族。シングルエントリーは90日間、マルチプルエントリーは1年間となっています。, 日本または他国の政府の年金受給者の長期滞在。シングルエントリーは90日間、マルチプルエントリーは1年間となっています。, 満50歳以上で就労を目的としない長期滞在。マルチプルエントリーしか取得出来ません。, タイに永住することが出来るビザです。取得に際しての最低必要条件は、タイで就労許可証を取得して3年以上働いていることや、配偶者がタイ人であることとなっています。それ以外にもタイ語でのコミュケーション能力や日本人であれば年間100人までしか取得出来ないなど、取得には様々な条件があります。, タイビザの取得は基本的にタイ国外で取得します。しかし、ノンイミグラントビザに関してはタイ国内でも取得が可能です。その場合、申請時に所持するビザの残存日数が15日以上ある必要があります。このノンイミグラントビザの取得方法に関しては『タイの労働許可証(ワークパーミット)と必要書類』ページにて解説しています。 タイのツーリストビザは、基本的に各国のタイ王国大使館・領事館で申請し取得します。, ■必要書類 a.パスポート(有効期限が6ヶ月以上あるもの) b.申請書(全ての項目を記載し署名したもの)*滞在先の住所が必要となります。[大使館ページよりダウンロード可能] c.カラー証明写真(3cm x 4cm)*申請書に貼付する。 d.航空券もしくは予約確認書のコピー *申請者名・渡航日(入国日・出国日)の記載がされている必要があります。 e.経歴書(Personal History) [大使館ページよりダウンロード可能] f.銀行残高証明書原本(シングルエントリーは20,000THB以上、マルチプルエントリーは200,000THB以上の残高が必要となります。) g.タイへの渡航目的を記した書面 h.職業証明書原本もしくは休職証明書原本 i.宿泊先に関する書類(予約確認書など) j.大使館・領事館より上記の書類の英語版を求められた場合、書類発行国の公証が押された書類 k.その他、大使館・領事館より求めらた書類 *通常個人であればシングルエントリーを申請する場合は、上記全てを求められないことがありますので申請前に大使館・領事館へご確認下さい。, タイに90日以上滞在する全ての外国人は、最寄りのイミグレーションに現住所を報告する必要があります。申請日は該当日の15日前から7日後までとなっています。 万が一、90日レポートを提出を忘れたり、提出をしなかったりした場合は、罰金として5,000THBに加え遅れた日数 x 200THBを取られます。 ■提出方法 ○イミグレーションで申請する ・申請期間:該当日の15日前から7日後までに本人もしくは代理人が最寄りのイミグレーションへ行き提出する。 ・必要書類:パスポート、申請用紙 ○イミグレーションへ郵送する ・申請期間:該当日の15日前までに書留にて発送する。 ・必要書類:パスポートのコピー(顔写真のページ、ビザのページ、ビザ更新の入国スタンプ押印されているページ、出国カードのコピー、必要項目を記入した申請用紙、返信用封筒(住所を記入の上、切手を貼る) *通常、30日以内に返信されますが、90日レポート完了の用紙が届かない場合はイミグレーションに問い合わせる必要があります。また郵送時に郵便局で発行されるレシートは保管しておいて下さい。 ○オンラインで申請する ・申請期間:該当日の15日前から7日前までに、イミグレーションサイト内より必要事項を記入する。, ■注意点 ・該当日は、入国日を1日目として数えるため、一度出国すると再入国日から数え直しになります。 ・申請するイミグレーションは居住地によって決まっていますので事前に確認する必要となります。, ビザで認められている滞在期限を超えてタイに留まった場合はオーバーステイになり、タイの法律では違法行為となります。2日間の猶予期間がありますが、それを超えると1日当たり500THBの罰金が科せられ、最大20,000THBの罰金を支払い直ちに出国する必要があります。 40日以上のオーバーステイをした場合は、逮捕・拘束されることがあります。バンコクにある移民収容センターに留置され、尋問されます。また友人や家族、大使館のスタッフの助けでタイ出国のための航空券を取得してもらえるまで留置されます。, ビザの滞在許可日数が残っている場合で、タイから出国をし再入国をする必要があれば、事前に再入国許可(リエントリーパーミット)を取得する必要があります。 再入国許可を得ずに再入国しようとすると、それまでのイミグラントビザの滞在許可は失効してしまい、ビザの再申請をしないといけません。 再入国許可(リエントリーパーミット)は、ビザ期間内に1回出入国出来るシングルエントリー(1,000THB)、ビザ期間内に2回以上出入国出来るマルチプルエントリー(3,800THB)の2種類あります。出入国の度に取得する必要がありますが、出入国が3回までならシングルエントリーの方がお得です。 通常、チェーンワッタナーのイミグレーションで取得しますが、スワンブーム空港やドンムアン空港でも取得が可能です。但し、空港の場合は窓口が閉鎖していることがありますので、チェーンワッタナーのイミグレーションで取得することが良いです。, ■必要書類 ・パスポート ・パスポートのコピー(顔写真のページ、ビザのページ、ビザ更新の入国スタンプ押印されているページ) ・出入国カードのコピー ・カラー証明写真(4cm x 6cm) ・申請料(シングルエントリー 1,000THB、マルチプルエントリー 3,800THB) *所要時間は通常1時間程度です。, タイ王国大使館(東京) 住所:〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-6 電話番号:03-5789-2433 開館時間:9時30分~11時30分、13時30分~17時30分 (月曜日〜金曜日), タイ王国総領事館(大阪) 住所:〒541-0056 大阪市中央区久太郎町1-9-16 バンコック銀行ビル4階 電話番号:06-6262-9226 開館時間:9時30分~12時30分、13時30分~17時30分 (月曜日〜金曜日), タイ王国名古屋名誉総領事館(愛知) 住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-6-29 興和ビル1F 電話番号:052-963-3451 開館時間:10時~12時、13時~17時30分 (月曜日〜金曜日), タイ移民局 ディビジョン1(バンコク・チェーンワッタナー) 住所:The Govenment Complex Chaengwattana Bangkok 電話番号:0-2141-9889 開館時間:8時30分~12時、13時~16時30分 (月曜日〜金曜日), タイ移民局 パタヤ支所(チョンブリ) 住所:75/265 Moo 12 Amphoe BanglamungChangwat Chonburi20260 電話番号:0-3825-2750~4 開館時間:8時30分~12時、13時~16時30分 (月曜日〜金曜日), タイ移民局 ラヨーン支所(ラヨーン) 住所:5 Amphoe Mueang Changwat Rayong 21150 電話番号:0-3868-4544 開館時間:8時30分~12時、13時~16時 (月曜日〜金曜日), *2020年3月5日最終更新 *免責条項 なるべく正確さを期すように努めておりますが、上記の内容の正確さを保障するものではありません。必ず専門家にご確認、ご相談をしていただくようにお願い致します。, 海外・東南アジアでの求人・仕事探し、就職・転職・採用・人材紹介のご相談は、contact[@]CareerLink.asia まで, 海外求人情報、東南アジアの就職・転職 All Rights Reserved, 山岳民族を支援するNGOと一緒に活動しながら現地の知見を深めることができるプログラム, 現地NGOの名前が書かれた大きな看板を持ったスタッフが集合場所でお待ちしています。, 村人の暮らしを学ぶ(現地の事情や天候により決定いたしますので、内容を選択することはできません。), 高校生で16日間以上ご参加の場合は、スタッフ不在の自由行動時間が発生しないようにオプショナルツアーへの参加が必須となります。, 「旅行代金に含まれるもの」以外は含まれません。その1部を例示します。航空券代金、燃油サーチャージ、空港施設使用料、各国の諸税、海外旅行保険、通信費、オプショナルツアー代金、渡航手続関係諸費用など。, ●プログラム前後で個人行動をすることはできません。プログラムのみに参加する方をお受け付けいたします。●基本的に指定時間以外の送迎・お受入れはできません。必ず指定日時に到着・出発する航空券をご予約ください。●指定時間外の航空券しかない場合は、一度ぼらぷら事務局にご相談ください。●チケット取得後、ぼらぷらにEチケットコピーをご提出いただきます。ご提出がないとご参加いただけない場合がございます。, 旅券(パスポート):30日以内の滞在の場合・・・入国時に有効期限が6ヶ月以上残っている旅券が必要です。, 5日~85日間(3ヶ月) ※それ以上の滞在をご希望の場合は別途お見積りになりますのでご相談下さい。. ※8月2日発、30日(金)発15日間のご参加は定員に達したためお申込みを締め切りました。 11月8日(金)、22日(金) 10月11日(金)、25日(金) ◇1カ月ビザ保有者=60日間 更新日:2017.11.28 / 公開日:2016.08.13 タイ ビザ せかいじゅう編集部, タイに3ヶ月(90日)以上滞在したい方のために、タイ長期滞在ビザの申請、取得情報をわかりやすく解説します。, 最近できた6ヶ月観光ビザも、2ヶ月もしくは3ヶ月毎にタイ出国が必要なため同様に除外しています。, なお、観光ビザは、初期費用では60日滞在可能で、その期限前にイミグレーションにて延長料金1,900バーツを払ってプラス30日の滞在許可が出て、最大90日滞在可能ということですのでご注意ください。, ということは、永住ビザも当然あるわけですが、永住ビザは基本的に非永住ビザを取得後に様々な条件をクリアして取得できるビザですので、ここでは除外します。, パスポートに押されるスタンプでは、NON-IMM や NON-X(Xは以下の頭文字) と略されたりします。, まず、覚えておかなければいけないのは、ビジネスビザ以外のビザでは、タイでの就労ができないという点です。, ですから、タイで就労・就職をしようという方は、ビジネスビザの申請、取得が前提となります。, つぎに、ビザといえば、その国に入国する前に取得するものですが、ノンイミ-O のリタイヤメントビザについては、タイのイミグレでノービザ、観光ビザからの切り替えが可能です。, 後述しますが、そもそもリタイアメントビザ(日本ではO-Aと呼称)を日本のタイ領事館で申請、取得するためには、必要書類の入手のためにおそろしく手間と時間とお金がかかります。, スムーズに取得できるかどうかは企業側が日本人の採用に慣れているかどうかにもよります。, いわゆる「タイの外こもり」の人たちが、名目だけ学校に在籍して、タイに長期滞在するというケースがかなり多かったので、軍事政権になった後、出席日数のチェック等、EDビザに対して厳しく指導するという方針がアナウンスされました。, ただ、現実には「なんちゃって学生」さんから、ビザ発給を断られたというケースを耳にしたことはないので、あまり徹底されてはいない印象です。, 語学学校のためのEDビザについては、ノービザか観光ビザでタイに入国後、学校訪問し、必要書類をもらって周辺国で申請し、取得するというケースが多いです。, 日本の領事館では、なぜかロングステイビザ(ノンイミ-OA)という特殊な呼称が用いられているビザと年金受給者のための長期滞在ビザ(ノンイミ-O)です。, 申請は他の長期ステイビザと同様、もちろん日本の各タイ領事館で可能ですが、ロングステイビザ(ノンイミ-OA)については、必要書類に英文無犯罪証明書原本、国公立病院発行英文健康診断書などが含まれており、また、書類に公証人役場と外務省の認証が必要だったり、ハードルの高さがハンパではありません。, また、年金受給者対象の年金ビザに関しては、年金の月額が15万円以上あれば、日本での取得もそれほど難しくはありませんが、滞在期間が90日と短く、タイで切り替えた方が長期滞在可能となり後々が非常にラクです。, 前述したように、リタイヤメントビザ(ノンイミ-O)は、ノービザ、観光ビザからのタイでの切り替えが可能ですので、日本で必要書類を入手して、タイに来てからタイの日本人の経営するビザ・エージェンシーにサポートを依頼することをお薦めします。もちろん個人でイミグレに出向いて申請も可能ですが、ある程度タイ語ができる方でないと苦労するかと思います。, ここでは、タイでリタイヤメントビザ(ノンイミ-O)に切り替える方法に焦点を絞ってご説明します。, 満50歳以上で、タイ国内銀行に80万バーツ以上の預金がある人。または月6万5千バーツ以上の年金収入ながある人。あるいは預金と年金の年間収入を合せて80万バーツ以上ある人, あまり情報がないリタイヤメントビザの50歳未満の配偶者も、ノンイミ-O が取得可能です。, 東京、大阪のタイ領事館のウェブページに記載がありますが、名古屋のサイトには記載がありません。配偶者の長期滞在ビザとの同時申請が原則ですので、日本でリタイヤメントビザ(ノンイミ-O)の取得に挑戦される該当者の方は、同時申請した方がよいでしょう。, 50歳以上の配偶者の方は、リタイヤメントビザの対象となりますが、銀行預金や年金の条件は同一となります。, ただ、タイ周辺国で取得する場合、Marriage Certificate(英文の婚姻証明、在タイ日本大使館にて戸籍謄本を元に翻訳)等があれば、わりと簡単に取得できます。, 3ヶ月以内の戸籍謄本が必要ですので、リタイヤメントビザ(ノンイミ-O)をタイで切り替え申請する方で、配偶者がその条件に満たない方(50歳以上で80万バーツが用意できない方も)は、日本で戸籍謄本を取得しておくのがよいでしょう。, 90日(タイ・イミグレーションで延長手続き後、リタイアメントビザ所有者の期限に準ずる), タイ長期滞在ビザであるノンイミグラント・ビザについてご説明してきましたが、お気づきのように、ビザを申請する場所がとっても重要なんですね。, 場合によっては、多少お金がかかっても、プロのビザ業者・エージェンシーに頼んだ方がラクなのは確かです。, そして日本のタイ領事館での申請が、観光ビザを含めて、タイ周辺国で取得する場合と比べて必要書類が多く審査も厳しいという声が多いのは事実です。, 特にロングステイビザ(ノンイミ-OA)は、統計的に日本での申請者が、タイでの切り替え申請者と比較すると極端に少なく、条件の厳しさを反映しています。(必要書類に、国公立病院発行英文健康診断書があり、証明条項として、ハンセン氏病ではないことなど、人権的に問題があるような条件もあります。), 観光ビザも昔は現在のような必要書類もいらなかったのですが、係官の表情とともにいつの間にか厳しくなってしまいました。, 日本がタイ人の無査証滞在に(やっと)門戸を開いたのですから、タイ側も日本人のビザについて、もう少し条件を緩めてほしいと切に願います。, せっかくタイに滞在しようと決心して訪れたタイ領事館の印象がよくなければ、はりきっている気分に水を差すことになりますからね。, せかいじゅうYoutubeチャンネルで海外居住者のインタビューを配信しています。生の声から感じる海外暮らしをご視聴ください。, コロナ問題を機に、多くの方が明日がどうなるかわからない不安なとき、誰かが困ったときにコミュニティを通じて、元気や勇気を与えたり、支援したりという『助け合いの場』を作りたいという想いから、せかいじゅうでは、世界中の日本人同士が繋がり、互助できるコミュニティ・せかいじゅうサロンを用意しています。, せかいじゅうは「海外へ出たい日本人」と「海外で暮らす日本人」が繋がるコミュニティマーケットプレイスです。世界で暮らす日本人が提案する移住プランやサポートを利用して、「いつでも、どこの国にも移り住む可能性が開ける。」“せかいじゅう”はそんなスタイルを提案します。, ご登録いただくとせかいじゅうの機能が利用可能になります。(海外サポーターへの応募の場合も、はじめにメンバー登録ください)登録後、認証URLを記載したメールが送られますので、パスワードを設定してください。※認証メールが迷惑メールボックスに入っている場合があります。あわせてご確認ください。, ※登録を行いますと、せかいじゅうの利用規約、プライバシーポリシーに同意したことになります。, せかいじゅうは「海外へ出たい日本人」と「海外で暮らす日本人」が繋がるコミュニティマーケットプレイスです。, 「一人の人生、一つの国。」そんな時代は終わった。 日本だけでしか、暮らしたことがないなんて、つまらない。 海を越え、世界へ移動し、生きる。 多くの未知なる体験と挑戦、大いなる喜びと温かい家族、 新しい人生がそこには待っている。, 世界中に住む日本人すべてがプランナーとなり、各国でのライフプランを直接せかいじゅうメンバーへ提案する、そんな面白い時代を一緒に作りましょう。, パスポート(有効期限が6ヶ月以上有効なもの、査証欄の余白部分が2ページ以上あるもの), 写真 縦4.5cm x 横3.5cm 1枚 申請書に貼付(申請場所によっては2枚), 最終学歴の英文卒業証明書(原本)、または、最終雇用先からの在職・退職証明書(原本), 就労の場合、申請者はタイ労働省にて労働許可書(ワークパーミット)、タイ入国管理局にて滞在延長を申請すること, 日本のタイ領事館(東京・名古屋・大阪)によって必要書類・条件が異なるので、必ず事前に申請予定の領事館のウェブページ等で確認すること, タイ周辺国の領事館によっても必要書類・条件が異なるので、企業の過去の採用者が申請した領事館を利用する方が安全, 日本の教育機関の推薦状、または、身元保証書原本と保証人の署名入りの旅券または運転免許書のコピー(日本のみ), タイ周辺国の領事館によっても必要書類・条件が異なるので、企業の過去の入学者が申請した領事館を利用する方が安全, 申請書/ Application for Change of Visa TM87(査証免除からの申請用)または、TM86(観光査証からの切替申請用), 基本的に申請前にタイの銀行口座を持っていることが前提ですが、日本国内の銀行であっても英文の残高証明が取れれば申請可能です。ただ理不尽なイミグレ職員によっては拒否されるケースもあったようです。, タイのバンコク銀行本店であれば、国際運転免許証や在タイ日本大使館の在留証明書(リタイヤメントビザ申請のための銀行口開設のためと説明すること。日本の免許証などを提示)を提示して、リタイヤメントビザ申請のためと説明すれば口座の開設が可能です。, 上記必要書類は、自力でイミグレ申請する時に必要なもので、エージェンシーに依頼した場合、健康診断書が不要なケースがあります。また、エージェンシーによっては、80万バーツの預金や年金証明がなくても、なんとかしてくれるところもあります(つまり賄賂で)。, 切り替えは、申請時にタイの滞在期限が15日以上あることが必要ですので、特にノービザから切り替える方は注意してください。, 外国でタイ国籍者と婚姻手続きをした申請者は、ビザ申請時にその国の所轄省庁発行の婚姻証明書コピーを提出、公証人役場/所轄省庁の認証を受けること, 日本でタイ国籍者と婚姻手続きをした申請者は、日本の市町村発行の戸籍謄本原本(3か月以内発行), 婚姻証明(戸籍謄本) 原本 要外務省認(日本)もしくは、在タイ日本大使館発行の Marriage Certificate(3ヶ月以内の戸籍謄本原本を配偶者のビザ申請を理由として申請)(タイ周辺国).