This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply. ps5は、1秒間に4k静止画120枚で映像をつくることができ、8kだと1秒間に60枚の静止画で映像をつくります。 『aquos cx1』は、ps5の性能にぴったりなハイスペックテレビです。 高画質 美しいグラデーション 『aquos cx1』の1画素が表示できる色の数は約10億7000万色。 月曜日9時など見たいドラマが重なるときなどに役に立つ機能と言えます。, また、本放送を見ている時に、「停止」ボタンを押すことで映像は止まります。その後、再生を押すことで、 追っかけ再生 で続きから見ることができるのです。, AQUOS 8K液晶テレビ CX1ラインの8T-C60CX1と8T-C70CX1は、映像にこだわる方におすすめの時代を先取りした商品と言えます。. PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー, シャープ 70V型(11畳以上 視聴距離140cm) 8K 4K チューナー内蔵 液晶テレビ AQUOS androidTV 8K Pure Color…, シャープ 60V型 8K 4K チューナー内蔵 液晶テレビ AQUOS androidTV 8K Pure Colorパネル搭載 2020年モデル …, PS5は8K/60fps、4K/120fpsに対応する高性能ゲーム機です。しかし、接続するテレビもその性能に見合った製品を選ばなければPS5の性能を活かせません。, 上のイラストを見てわかる通り、4KはフルHDの4倍、8KはフルHDの16倍きめ細やかです。, パラパラ漫画を思い浮かべていただくとわかりやすいかと思いますが、1秒間に4K静止画120枚を切り替えることが可能です。8Kは60枚。, PS5は、1秒間に4K静止画120枚で映像をつくることができ、8Kだと1秒間に60枚の静止画で映像をつくります。, 上のイラストのように、同系色を明るい色から暗い色まで細かく分割できるので、グラデーション表現が美しく、映像美に感動できます。, 上のイラスト左側の三角柱は従来のフルHDテレビの色域です。一方『AQUOS CX1』の色域は、右に近い広い範囲の色表現が可能な色鮮やかなテレビ。, スマホにiOSとAndroidがあるのと同じようにHDRにも種類があります。『AQUOS CX1』は「HDR10」「Dolby Vision 」「HLG」の3種類に対応。, 「HDR10」はPS5やBlu-rayの映像をHDRで楽しむことができます。一方「HLG」は4K放送などをHDRで楽しむことができます。, 「Dolby Vision 」は一部の動画配信サービスや、大作映画のBlu-rayディスクなどで楽しめるHDRです。, 映像そのものの明るさ~暗さと、テレビが表現できる明るさ~暗さの範囲は一致しません。, そのためPS5や映画の映像をテレビに合わせる映像処理がなされますが、その過程で、HDR対応にもかかわらずHDR非対応テレビのような視認性悪い映像に仕上げられてしまうことが少なくありません。, その理由の一つがバックライトにあります。安価なHDR対応テレビは、バックライトを部分制御できないので、HDRの明るさと暗さの差を最大限活かすことができないのです。, そのため、これは本当にHDRなのかと疑いたくなり、テレビの設定やPS4の設定でHDRをオフにしてしまう人も少なくなかったかと思います。, 一方『AQUOS CX1』のLEDバックライトは部分制御可能。本当のHDRの良さを知ることができますし、暗いシーンでやられてしまうことも減ります。, 一般的なテレビに搭載されるスピーカーは、低音~高音までを奏でるフルレンジスピーカーしか搭載されませんので迫力に欠けます。, そのため音に味気なさを感じる方々は、別途スピーカーやサウンドバーを購入することになります。, 一方『AQUOS CX1』には重低音専用のスピーカーがサブウーファーが搭載されます。, そのためPS5のゲームサウンドや映画のサウンドがとても迫力あるものに変わります。銃撃や爆発音等、リアルでびりびり感じるサウンドで楽しめます。, 一般的なテレビには、低音~高音までを奏でるフルレンジスピーカーが2つしか搭載されません。, 一方『AQUOS CX1』は、ツィーター×2個、ミッドレンジ×2個、サブウーハー×2個の合計6つものスピーカーが搭載されます。, ツィーターは高音専用。ミッドレンジは中低音専用です。そのため伸びやかでクリアな高音と、聴き取りやすい中低音が実現します。, 『AQUOS CX1』に搭載される「Eilex PRISM」「VIR Filter」は、『AQUOS CX1』を設置するお部屋を空間としてとらえ、音の変化を測定します。, そのため、PS5のゲーム開発者や映画製作者が意図する躍動感、臨場感、奥行感、音の広がりを実現します。, まるでゲームの世界に入り込んだようなリアルなサウンド体験が実現しますので、リアルな映像との相乗効果が期待できます。, 8K>4K>2Kと映像のきめ細かさが異なります。動画配信サービスの多くはフルHD。地デジはフルHDより少し解像度が低いです。, 動画配信サービスの一部は4K対応ですが、8Kの映像は8K放送でしか見ることができません。, それではほとんどの映像を8Kで楽しむことができませんが、『AQUOS CX1』には8Kアップコンバート機能がついているので、地デジや動画配信も8K相当の映像で楽しめます。, Amazonプライムビデオなど複数のネット動画配信に対応しているので、FireTVなどの機器を購入する必要がありません。, どのサイズを選べばいいかわからない、という方は「テレビを置いた場合にどの程度の距離から見ることになるのか」を計算して選ぶとよいでしょう。, 居室が広ければ広いほど大きいサイズの方がよいですし、狭い場合は小さくないと逆に見づらくなってしまいますので注意が必要です。, ※ソファの高さ40cm、座椅子の高さ10cm、座高80cmとして計算。ソファの高さや座高の高さの誤差は、ご自身で計算してご自分に合ったサイズをお選びください。, 70型で大きいので、30cmを超えるテレビ台を使うと、見上げるように視聴することになり首や肩が凝りやすくなるので注意。, 30cm前後のテレビ台(ローボード)の数が少なく、好みのものが見つからない場合には壁掛けを推奨。, PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』, PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』, PS4でも7.1ch! その情報に基づいて、LEDバックライトの光量を部分ごとに制御して、コントラストをはっきりさせ、見やすい映像にする「 メガコントラスト (ダイナミックレンジ拡張)」が搭載されています。, 当然、 HDR 対応です。HDRとは、ハイダイナミックレンジの略で、従来の映像と比較して記録されている輝度(明るさ)情報を拡大することで 、映像のリアリティを高める 人気の技術です。最近ではスマホのカメラなどでも採用されています。, HDRに対応していないテレビでは、暗い所は真っ黒に塗りつぶされてしまいますが、HDRだと黒い部分も少し黒いところと、すごい黒いところで表現を変え、くっきりとした映像にしてくれます。, 8T-C60CX1や8T-C70CX1で再生すると、これまで見ていた 過去の映画やDVDで新しい発見があるかもしれません 。, 普段見ている2K(地上デジタル)や4Kの映像、DVD、ブルーレイディスクなど、様々な映像を3,300万画素へ超解像アップコンバートしてくれる、新開発 8K画像処理エンジン を搭載しています。, ブルーレイと言えば、きれいな映像のイメージがありますが、1,920×1,080の約200万画素サイズの画像でした。一方、8Kとは、7,680 ×4,320の約3,300万画素の映像なのです。, 当然、ブルーレイをそのまま流したら情報が足りません。その 足りない部分を自動的に作ってきれいな映像にしてくれる のです。, 液晶テレビの弱点は、速い動きに弱いことです。ところが、このテレビは、倍速補間された1枚1枚の映像が切り替わる間に、黒い映像を紛れ込ませることで、人間が見たら動きのボヤケを少なく感じさせることをしています。 スポーツ好きの方におすすめの機能 です。, AQUOS8Tシリーズは、テレビ裏面の下方に設置されたスピーカーは、振動版を20°傾斜させて配置されています。それにより、 テレビの前方向、上方向の音が届きやすくなる のです。, しかも、テレビの全面数百のポイントで音の補正をしていて、 元々の音に近づける技術 が使われています。, 8Kで映像がきれいなのに音質が悪いとがっかりしますが、音質もいいので心配は無さそうです。, AQUOS8Tシリーズ:8T-C60CX1と8T-C70CX1には、 Android TVが搭載 されていて、Amazon prime videoやNetflixやhuluなど、従来のテレビよりも格段にチャンネルとコンテンツが増えています。, インターネットにつなぐだけで、 AI(人工知能) が、あなたを含めたあなたの家族がよく見る番組や、利用した時間帯を学習してくれます。その上で、 好みに合ったおすすめ番組を知らせてくれます 。, キーワード登録にも対応しているので、 好きなドラマや、俳優、タレントなどに特化した番組 を選ぶことができます。, たくさんすぎるチャンネルや番組は探すだけでも一苦労ですが、AIがあるので、好きな番組やアプリを選ぶのが簡単にできます。, テレビに付属したリモコンは、prime videoやhuluなど 多くのVODチャンネルがアプリボタンで切り替えられます 。, 従来からも録画することができるテレビはあったのですが、リモコンのボタンが貧弱でした。, AQUOS8Tシリーズのリモコンは、再生だけじゃなく「 10秒戻り 」とか「 30秒送り 」とか細かく操作することが出来るようになっています。, 8T-C60CX1や8T-C70CX1の番組表は、従来の様に一覧を表示させるだけではなく、 出演者などの画像とともに表示 するものがあり、見やすくなっています。, 放送を楽しみながら、それとは別に 2番組まで同時に裏番組を録画することができます 。 Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど、大手の通販をまとめて検索し、価格比較して最安値で安くカエル♪家電製品やファッションや美容など色々なおすすめ商品を複数通販で調べたい時にも便利な比較・レビューサイトです♪, AQUOSはシャープの液晶テレビのブランドです。 平素は、シャープ製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。 最大8K解像度やフレームレートが最大120Hzで映像出力をするゲーム機が発売されてまいります。 こちらを弊社テレビ製品でお使いいただくにあたっての注意事項をお知らせいたします。 マイクを立てるとミュートできる そんなシャープが力を入れている液晶テレビのシリーズがAQUOS 8K CX1ラインです。, AQUOS8Tシリーズは、8T-C60CX1( 60インチ )と8T-C70CX1( 70インチ )との2サイズがラインナップしています。, AQUOS8Tシリーズは、まだまだ種類が少ない 8K に対応した液晶テレビです。 満を持しての8K対応テレビの登場です。 映像にこだわりたい方におすすめ のテレビです。, 8Kと言うとなんとなく、「きれいなんだろうなぁ」と思うくらいなのですが、4Kでも、縦横2K(地デジの大きさ)それぞれ2倍の細かさになり、2x2で4倍のきれいさなのです。それが8Kともなると、 4倍×4倍で16倍も緻密 に表現するのです。, LEDバックライトは、映像の中にある光源や光の反射など、輝き成分の情報を検出しています。 ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。, スイッチ向けのゲーミングデバイスご紹介サイト『ともえげーむNi』もよろしくお願いします!, [PS5向け]シャープ8K/60Hz&4K/120Hz液晶テレビ『AQUOS CX1』, 『東芝REGZA Z740X』フルHD/120Hz 4K/60Hz液晶テレビ[PS5 ], PS5向け LG『NANO86JNA』コスパ最強の4K/120Hz/HDR液晶テレビ, [PS5向け]シャープ8K/60Hz&4K/120Hz液晶テレビ『AQUOS BW1』, HDMI端子×5(3,840×2,160/24p/30p/60p対応、ARC対応), © SHARP CORPORATION(公式サイトの情報をもとに記述しています。), テレビ台の幅(テレビの幅:156.4cm、スタンドの幅:59.6cm):160cm以上推奨, テレビ台の幅(テレビの幅:135.6cm、スタンドの幅:55.0cm):140cm以上推奨. bs8kチューナー内蔵 8k液晶テレビ『aquos 8k』 cx1シリーズ<8t-c60cx1>を紹介する国内tv事業部の山田さん 前回の「①映像編」では、8kチューナー内蔵の8k液晶テレビ フラグシップモ […] RPG・アクションゲームは低音響いて大迫力. 低音から高音まで幅広い繊細な音を拾うことができる高価な「コンデンサーマイク」 「CoD:BO4」などの低い足音が重要になるFPSに特化 vol.5 『真似できないものを共に創りあげる』, 「Ⅲ-Ⅴ化合物3接合型太陽電池」とは?人工衛星の次は電気自動車へ!(1/2) ― 世界最高水準の高効率「化合物太陽電池」で目指すもの ―, それぞれのBe Original.vol.4 『着目すべき点を見つけていく そこがおもしろい』, 迫ってくるような立体感と躍動感。人生観を変えるほどの映像美を感じて欲しい!― 8K液晶テレビ『AQUOS 8K』CX1シリーズ登場 ①映像編 ―, 「VGP2020 SUMMER」で8K液晶テレビ『AQUOS 8K』CX1シリーズが特別大賞を受賞. 口の方向からしか集音しない「単一指向性」 そんな中、他メーカーに先駆けてシャープが8K対応テレビをリリースしています。, 元々技術的には、4Kが開発された後、すぐに8Kも開発されました。ただ、商業ベースに乗るまでに少し時間がかかりました。 一昔前は、「 亀山モデル 」など、パネル生産の三重県亀山市の地名がブランド化するほど大人気商品でした。, 最近では、あまり聞かない事と、シャープが台湾本社の鴻海グループ傘下に入った事から、すでに廃止されたと思っておられる方もおられるようです。, 一時期は、鴻海グループの一員として、iPhone用の液晶を作っていましたが、最近では 8Kパネルの生産 を行っています。 CX1シリーズ<8T-C60CX1>を紹介する国内TV事業部の山田さん, 前回の「①映像編」では、8Kチューナー内蔵の8K液晶テレビ フラグシップモデル『AQUOS 8K』CX1シリーズ<8T-C70CX1/C60CX1>の映像テクノロジーについてご紹介しました。今回は、CX1シリーズの音響面の話やシャープ独自のAIoTクラウドサービス、そして、8K普及に向けたシャープの取り組みなどについて、企画担当者に聞きます。, ●「AIoT」は、AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット)を組み合わせ、あらゆるものをクラウドの人工知能とつなぎ、人に寄り添う存在に変えていくビジョンです。「AIoT」はシャープ株式会社の登録商標です。, はい。CX1シリーズは、2.1ch「WIDE-AREA SOUND SYSTEM」を搭載しています。まず、スピーカー振動版を、一般的なレイアウトとは異なり、20度斜め前に向けて配置しました。こうすることで、放出した音がテレビボードで反射して、前方にいる視聴者の耳元までリフトアップされて届きます。次に、指向性の強い高音域のツィーターの向きを、視聴者を左右から包み込むように55度内向きに傾斜させました。これにより、音の明瞭さや拡がり感がアップします。さらに、豊かな低音を再生するダブル・サブウーハーを搭載し、3ウェイ6スピーカー(高出力70W)で、クリアで立体的な音響を楽しめるようになりました。, ― 音響部分でのこだわりは分かりました。ほかにも、CX1シリーズにはシャープならではの機能・サービスがありますよね。, シャープ独自のAIoTクラウドサービス「COCORO VISION」に対応しています。常に進化を続けているAIが、視聴履歴を学習し、テレビ番組・VOD・音楽・カレンダーなど様々なエンターテイメントや生活情報の中からお勧め番組などの情報を教えてくれます。また、スマホを使って、音声で簡単にCX1シリーズの操作をすることも可能です。もちろん、AndroidTM 9を搭載していますので、スマートテレビとしての機能も充実しています。, ― お二人の話を聞くとCX1シリーズは本当に魅力的ですが、8Kテレビ を本格的に普及させていくため、今後どのようなテレビの楽しみ方を提案していきたいですか?, そうですね。今まで、8K映像を楽しめるのは、BS8Kチューナーで放送を視聴するか、それを当社の外付けUSBハードディスク<8R-C80A1>で録画したときだけでした。現時点で、これ以外に8K映像のまま録画するレコーダーや、8K画質のソフトコンテンツなどは、民生用としては発売されていません。8Kのインフラが構築されるのは、まだこれからというところもありますが、8Kをより身近なものにするため、シャープは8Kの楽しみ方を拡げる提案もしています。たとえば、本年(2020年)3月25日には、8Kの動画撮影ができる5G対応のスマートフォン「AQUOS R5G」を発売しました。身近に撮影できるようになった8K動画をUSBメモリ経由で大画面の8Kテレビで楽しめるんです。また、これまで8K映像を送るにはHDMIケーブルが4本必要でしたが、CX1シリーズは、8K映像をHDMIケーブル1本で繋いで楽しめる入力端子※4も用意しました。今後、市場の拡大が予想される8Kカメラや8K対応ゲーム機など、さまざまな8K高精細映像機器への対応も万全です。, ※4 新たにHDMI 2.1で規定された8K映像入力に対応。4K放送の4倍の解像度情報を持つ8K 60Hz映像信号や、4K放送より映像フレーム数が2倍多い4K 120Hz映像信号を出力する機器と、HDMIケーブル1本で接続できます。, ― 最後に、CX1シリーズの商品化における苦労や開発に込めた想いなどを教えてください。, 2018年11月に『AQUOS 8K』AX1シリーズを商品化し、その高画質が大変高い評価をいただき、新製品では、それを越えた画質を実現しなくてはいけないと、かなりのプレッシャーがありました。そのため、私たち企画担当者はもちろん、パネル開発、画質設計、光学設計、機構設計、画像処理エンジンなど8Kテレビ開発の各メンバーが、絵作りにこだわりをもって何度もやりなおし、磨き上げました。実は現在、各開発メンバーはそれぞれ異なる拠点で仕事をしています。そのため、画質を調整する人と確認するメンバーの場所が離れていて、製品を見ながら、その説明をテレビ会議越しで行うなど、多くの苦労もありました。しかし、『AQUOS最高峰の画質を必ず実現する!』と、各拠点のメンバーが心を1つにして開発をおこない、やっと自信を持ってご提供する製品を作ることができました。少し大袈裟かもしれませんが、CX1シリーズの映像で、人生観を変えるほどの映像美をご体感いただけると思います。店頭でもご覧いただけますので、ぜひ、この胸が高まるような映像を実感してみてください。, 私も取材を通じて『AQUOS 8K』CX1シリーズでデモ映像を観たのですが、じっと見ていると、あたかもその場所にいるかのような、本当にリアリティある映像に思えてきます。VR機器を付けているわけでもないのに、立体的に見えるのは本当に感動的です。