Copyright (C) 2020 自由人の気まぐれ日記Ver.2 All Rights Reserved. スバル 新型 レガシィ アウトバック マイナーチェンジ E型 アイサイト 標準装備 2018年10月4日発売, スバル60周年記念車 LEGACY OUTBACK「X-BREAK」 エクステリア, トヨタ 新型 ハリアー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2020年6月17日発売, トヨタ 新型 ノア ヴォクシー 4代目 フルモデルチェンジ TNGA採用 2021年7月発売, トヨタ 新型 ランドクルーザー プラド フルモデルチェンジ 180系 2022年8月発売, 日産 新型 ノート e-POWER 3代目 フルモデルチェンジ 2020年12月23日発売. スバル レガシィ アウトバックに実際に乗っているオーナーのレビューや口コミが満載。実燃費やエクステリア・インテリアに関する情報や、メンテナンス・カスタム方法が充実。スバル レガシィ アウトバックの様々な情報がここに!日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 1 点 満足度:★★★★★ 基本的には長期間乗るつもりで購入しました。中古の車体でしたが最初から概ね気に入っており、実用性があり、冬場の悪路に対応可能な最低地上高も確保され、家族が快適に移動できるワゴンとして頑張ってもらっています。 このクルマの購入を検討している人にひと言 走行性能:★★★☆☆ 普通の性能です。アクセル全開にすると必要充分な加速をします。 (一部高速道路の最高制限速度引き上げ予定に対応), 後退時自動ブレーキシステム 後方障害物警告機能。Rレンジ時に車両後方に障害物を検知すると、MFDの表示と警告音で障害物の接近レベルをお知らせる。, 後退時自動ブレーキ 障害物に接近して車両と追突の危険性がある場合、加速制御とブレーキ制御を行い、衝突回避を測る。, ハイビームアシスト フロントウインドゥ内側の単眼カメラが前方の光を検知し、状況に応じてハイビーム/ロービームを自動的に切り替え。より明るく安全な夜間視界を確保, フロントビューモニター フロントグリル内エンブレム下に搭載したカメラの映像をMFDに映してドライバーの前方確認をサポート。 見通しの悪い交差点を通過時や、車庫から出るときでも前方左右をしっかり確認できる。, スマートリヤビューミラー 後方設置のカメラにより、荷室にたくさんの荷物や大きな荷物を載せていて、通常のミラーでは後方視野が得られないときでも後方の視野を確保。また、助手席などからでも後方の状況を確認できる。, オートビーグルホールド 平地停車時にブレーキペダルから足を離してもVDCが車両停止を維持する。 長い信号の待ち時間や一般道での渋滞など、ブレーキペダルを踏み続けなければならないシーンでの利便性が向上する。, ステアリング連動ヘッドランプ ステアリング操作に合わせて車の進行方向を早期に照らすこことで、夜間でも視野をしっかり確保できる。, 更にアイサイトによる高度な前方認識と全方位レーダーの組み合わせにより、車両周囲の交通環境や危険リスクを全方位で把握することに加え、高精度GPS、高精度地図データを活用することによって、自車位置を高精度に特定し、走行経路上のカーブ、車線等に応じた最適な制御を行う。, これらの技術により、前方直進時の衝突回避に加え、交差点右左折時や後退時の車両、自転車、歩行者との全方位での衝突回避を実現。, さらに、高速道路上における全車速での自動運転や自宅や商業施設等の駐車場での自動駐車を実現する。, レガシィは現在6代目で2014年10月から販売を開始している。ツーリングワゴンが後継車種のレヴォーグに継承されたことで、セダンタイプのB4とクロスオーバーSUVタイプのアウトバックの2タイプとなった。そして、丸1年でのB型へとマイナーチェンジをする。先進安全システム「アイサイトVer3」に加え、後側方をミリ波レーダーによって検知する「アドバンスドセイフティパッケージ」を全車に標準装備する。これは、2014年4月にマイナーチェンジしたレヴォーグも同様に「アドバンスドセイフティパッケージ」が追加されている。インテリアでは上級グレードのLimitedにアイボリー(本革仕様)を追加設定。Siri対応の音声認識機能「Siri Eyes Free(アイズフリー)」に対応する。ボディカラーに新色「ダークブルー・パール」を追加。2016年9月8日、2度目の仕様変更となりC型が10月3日に発売となる。車線中央維持機能(アイサイト(ver.3))の追加によりロングドライブでの負担を軽減、ステアリングヒーターを標準仕様とし冬期や寒冷地での快適性を向上した。特別仕様車 「LEGACY OUTBACK X-ADVANCE (エックスアドバンス)」を追加した。, スバルは新型レガシィ アウトバックのマイナーチェンジD型を行い日本では2017年10月5日発売。2017年4月14日から開催されるニューヨークモーターショー2017にて米国仕様の新型レガシィ アウトバック2018年モデルを出展すると発表し画像が公開された。価格:329万4,000円~356万4,000円。, ラギッドかつ上質な印象を更に強調した外装デザインへ刷新するとともに内装質感を向上 この強引なおまわりさんは実在する!? 外観:★★★★★ 大柄な車両寸法にもかかわらず威圧感のないスマートなルックス 現行型(5代目 bs系)2014年〜 現行レガシィアウトバックは2014年に登場した。この代からレガシィの日本仕様はツーリングワゴンが廃止され、4ドアセダン版の「レガシィb4」とクロスオーバーsuvの「レガシィアウトバック」の2車型構成となった。 スバルは新型レガシィ アウトバックのマイナーチェンジ e型を行い日本では2018年9月10日発表し10月4日発売する。スバル60周年記念車「x-break」を同日発売する。価格:329万4,000円~356万4,000円 … Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, 日本でツーリングワゴン文化が形成される過程でもっとも大きな役割を果たしたのが、スバル・レガシィツーリングワゴンだろう。アウトバックは、レガシィツーリングワゴンの上級派生車種として生まれた。Motor-FanTECHの会員の方々にも多くのオーナーがいる。そのオーナーにアンケートを実施。オーナーだからこそわかる燃費、不満、よいところをみてみよう。, 現行レガシィアウトバックは2014年に登場した。この代からレガシィの日本仕様はツーリングワゴンが廃止され、4ドアセダン版の「レガシィB4」とクロスオーバーSUVの「レガシィアウトバック」の2車型構成となった。 スバルは新型レガシィ アウトバックのマイナーチェンジ e型を行い日本では2018年9月10日発表し10月4日発売する。スバル60周年記念車「x-break」を同日発売する。価格:329万4,000円~356万4,000円 … 9 ステアリング連動ヘッドランプを採用し、夜間の視認性を向上、従来型モデルのラギッドかつ上質な印象を外装デザインにおいて一層強調しつつ、内装の質感を向上。また、フラッグシップモデルにふさわしい上質な乗り心地を実現すべく、サスペンション設定の最適化等により操縦安定性と乗り心地を更に向上するとともに、エンジンやCVT特性を変更することでメリハリのある気持ち良い加速感をも実現しました。安全性能についてもステアリング連動ヘッドランプの採用により走行性能と共に更に進化させ、お客様に「安心と愉しさ」を提供します。, スペンションのチューニング変更や電動パワーステアリングの改良、フラットな乗り心地と安定感のあるリニアなハンドリングを実現。エンジン部品の軽量化やフリクション低減及び制御の見直しや、リニアトロニックチェーンの改良により、燃費と静粛性の向上を実現し、JC08モード燃費を14.6km/Lから14.8km/Lに向上した。, 安全システム「アイサイト」に、後退時自動ブレーキシステムを追加し全車速追従機能付クルーズコントロール車速域拡大(0km/h~約120km/h), https://www.carscoops.com/2018/07/2019-subaru-legacy-outback-debut-additional-safety-tech-higher-prices/, https://www.subaru.co.jp/press/news/2017_04_07_3948/, https://www.subaru.co.jp/press/news/2017_09_04_4680/, https://www.subaru.co.jp/press/news/2018_09_10_6216/, 最新自動車情報はサイトを変更致しました。アドレスが変更となりましたのでブックマークなどの変更をお願い致します。.  エンジンは、先代まであった3.6ℓ水平対向6気筒が廃止され、2.5ℓ水平対向4気筒(FB25型)のみとなった。組み合わせるトランスミッションはチェーン式CVT(リニアトロニック)だ。 外観:★★★★☆ アメリカ市場を意識したデザインが良い。  レガシィアウトバック(北米では「アウトバック」)のメイン市場であるアメリカでは、すでにSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)採用の新型に切り替わっている。, 排気量:2500cc トランスミッション:CVT 短所:内輪差が大きいため、車庫入れよりも車庫出し時に隣に長い車がいると困難。メーターの仕切り壁が邪魔。助手席からメータが見えない。ウインカー動作音が安っぽい。 装備:★★★★☆ 安全装備と長距離ドライブに必要な快適装備は充実している 装備:★★★★☆ 発売後1年で改良される事があり、B型を選択すると満足度は高くなります。 満足度:★★★★★  室内:★★★★☆ ウルトラスエードのシートは滑らず、蒸れず、雪の日も冷たくならない。後席シートヒーターも大活躍しています 長所:ゆったりとドライブできます。 スバル レガシィ アウトバックに実際に乗っているオーナーのレビューや口コミが満載。実燃費やエクステリア・インテリアに関する情報や、メンテナンス・カスタム方法が充実。スバル レガシィ アウトバックの様々な情報がここに!日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 室内:★★★★☆ 飾り気がありませんが、実用的で好感が持てます。 現在、bsアウトバックd型に乗っていますが、5年目で買い替えて欲しいから、 情報を出してくれたのでしょう。 2.5naは扱いやすくて良いのですが、時々がっかりする場面がありますので少し悩みます。 書込番号:23780205. Copyright © 2013-2020 最新自動車情報2020 All Rights Reserved. 走行性能:★★★★★ 絶対的な速さを求めなければ充分すぎる。雪道はまったく問題なし レガシィアウトバックe型年改情報 埼玉県三郷市で山形ご当地ラーメン「六文銭」さん │ 最新SUBARU体感試乗プレミアムキャンペーン >> 2018年7月5日 [ スバル ] 平均燃費:10.4km/ℓ(片道7kmで30分のほぼ渋滞の通勤が7割。3割は遠出。) このクルマの購入を検討している人にひと言 var notice = document.getElementById("cptch_time_limit_notice_73"); 短所:走行時の車内騒音は若干大きめ。もう少しエンジントルクが欲しい。 if ( notice ) 平均燃費:12.0km/ℓ(高速6割街乗り4割) Time limit is exhausted. }. 長所:車種イメージからすると望外にもエンジンを感じる事ができる自然なアクセルコントロール感。身長が高い家族4人でも快適に長距離を荷物満載で移動可能で、かつ燃費もいつもとほとんど変わらない所。街の中でも山の中でも森の中でも川のそばでも違和感なく溶け込むけど、存在感はあるデザイン。 .hide-if-no-js { だるまおさん「買ってよかったアウトバック」、やまおやじさん「落ち着いた車」、ゲンジほたるさん「安心安全アイサイト」ほか口コミ・評判76件を要チェック! このクルマの購入を検討している人にひと言 サスペンション設定の最適化等により乗り心地と操縦安定性を向上し、快適なドライビングを実現。エンジンやCVT 特性を変更し、メリハリのある気持ちの良い加速感を実現 「現時点で、スバルにおいては新車で買えるという意味では直噴化されていない最後の水平対向エンジンのモデルになっています。長期間乗ることを考えると、シンプルな機構でコストを掛けた車体というのが理想ですので、アウトバックはまさにそういう車種であり、北米で道具として利用されて信頼を勝ち取っている理由もそういう点にあるかと思います。その上で日本における快適性もある程度実装されていますし、今となっては珍しくなってきた押し出し感の少ないスタイルも好ましく感じる方も多いのではないでしょうか。そういう観点で素のモデルの方が長く付き合えるのではないかと思います。ボディカラーにもよりますが、目立たないけど存在感のある実用性が高いワゴン車。かつ最低地上高が多めに確保されているので、ある程度の悪路にも対応できるオールマイティーさもある。という点で私は評価しています」, 排気量:2500cc トランスミッション:CVT 外観:★★★★★ 文句なし100点。 平均燃費:9.8km/ℓ(買い物など近場の移動が主体です。) 室内:★★★★☆ オーソドックスなデザイン 燃費性能:4.3 日本最古の自動車雑誌『モーターファン』のスピリットを受け継ぐ自動車総合情報サイト。クルマ、バイク、モータースポーツ、テクノロジー、デザイン、カスタム、マーケット情報などさまざまな角度から自動車を掘... 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。, スバル・レガシィ アウトバック | これがオーナーの本音レビュー !「「燃費は?長所は?短所は?」?<モーターファン会員アンケート>. 停止状態を維持してくれる機能のこと。, タグ:スバル, レガシィ, アウトバック, subaru, 年改, 年次改良, 2018, E型, (function( timeout ) { スバルはBRZに新たに「SUBARU BRZ STI Sport GT」を設定し2020年8月に発売する。スバルは「SUBARU BRZ STI Sport GT CON... スバルは新型レガシィ アウトバックのフルモデルチェンジを行い日本では2021年10月に発売する。同時に新型レガシィB4もフルモデルチェンジを果たす。 Time limit is exhausted. Copyright © 2017 ひつじ茶屋 All Rights Reserved. 外観:★★★★★ 重厚 レガシィアウトバックe型年改情報 埼玉県三郷市で山形ご当地ラーメン「六文銭」さん │ 最新SUBARU体感試乗プレミアムキャンペーン >> 2018年7月5日 [ スバル ] 室内:★★★★☆  今回は、2018年9月10日に発表(10月4日に発売)されたスバル「レガシィ アウトバック」のマイナーチェンジ(e型改良モデル)による変更点をまとめてみました。また、「レガシィ アウトバック」のおすすめグレードも合わせてご紹介します。 評価 長所:とても安定感がある。安全性能が優れている。コスパが良い。 Please reload CAPTCHA. 燃費性能:★★★★★ 丁寧に乗ればものすごい数値を出してくれます。 外観:★★★★★ 他のスバル車に比べるとマッチョ感が控えめで、色んなシーンで使いやすいです。 緊急時でもないのに高速道路で堂々とUターン! })(120000); 短所:今の基準からすると燃費は程々。排気量なりではありますが、街乗り時の燃費がもう少し良くなると嬉しい。標準状態の脚周りの硬さが気になります。年度改良で徐々に改善されているようですが、脚周りに少しお金をかけたモデルがあったらそれを選んでいたかも。スバルというよりは国産車を含めたクルマ全般に言えますが、ナビを含めてカーオーディオ系のインフォテイメントが古臭いのをなんとかして欲しいです。デジタルに振り切るか、アナログに振り切るか、どちらか尖ったインフォテイメントシステムを希望します。 +  室内:4.2 このクルマの購入を検討している人にひと言 display: none !important; その名は「STARC」!次世代の日産e-POWERは3気筒ターボ1.5ℓロングストローク。最大熱効率50... 新型ルノー・ルーテシア | いきなりBセグハッチバックの「優等生」 この一台ですべてこなせる. 走行性能:★★★★★ 夏冬かかわらず安定感が抜群 装備:★★★★★ 自動運転は要らないと考える人には充分だと思う 燃費性能:★★★★★ 排気量、重量を考えれば文句ありません。 つい先日までのネット上情報では、北米で発表されたmy2018アウトバックe型にツーリングアシスト搭載とのスバル発表報道情報を元に、日本でのマイチェンでもアップデートされるのでは?という程度だったかと思います。  =  WRX S4 STI ... スバルはBRZの最終モデル「BRZ Final Edition」をドイツ市場では100台限定で2020年7月に発売する。世界中でスペシャルモデルを販売を開始する予定だ。 ... スバルは新型「レヴォーグ プロトタイプ STI Sport」を開催期間:2020年1月10日(金)、11日(土)、12日(日)開催する東京オートサロン2020で初展示する... スバルは新型「フォレスター」の特別仕様車「X-Edition」を2019年11月26日に発表し、2020年1月23日に発売する。価格317.9万円 装備:★★★★★ 最新型のアイサイトと比較すると若干劣りますが、気にならないレベル 評価 ※ AVH=停止時にブレーキペダルを踏まなくても 平均燃費:12.5km/ℓ 平均燃費:11.0km/ℓ(通勤で高速道路7割、一般道3割) このクルマの購入を検討している人にひと言 スバル レガシィ アウトバックを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、エクステリア・インテリア・エンジン性能など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。 長所:燃費が良くてトルクフル。平坦路ロングドライブでは燃費計読みで19.2km/ℓを記録した。CVTの欠点は気にならない。アクセル深めに踏んで加速すると、ATのようにステップ変速する。アイドリングストップ機構が秀逸。やさしくブレーキを踏んで停車し、さらに踏み込むとエンジン停止。思い通りにアイドリングを止められるのは凄い。 燃費性能:★★★☆☆ 車格を考慮してもまだまだ燃費は良くなって欲しいところです。 走行性能:★★★★★ 流し乗りするには充分なエンジン出力。 ハンドリングや走破性の良さは秀逸。 外観:★★★★★ シンプルでカッコ良い。ゴテゴテしていないのが良い。 「2代目ハリアーから乗り換えました。長所ばかりで短所はほぼありません。買って損しない、長く付き合える車です」, 現行レガシィアウトバックオーナーの満足度は全員が満点!だった。それだけでなく、すべての項目で4点超えという高い評価だ。燃費に関しても、「丁寧に乗ればものすごい数値を出してくれる」という声もあり、不満は少なかった。外観への評価も高く、「シンプルでかっこいい」「アメリカ市場を意識したデザインが良い」など、大らかなスタイルが受け入れられている。, ユーザーの平均評価 満足度:★★★★★ 魅力的なエクステリアデザインと高い安全性能、快適性を兼ね揃えたクルマで大変満足しています。 }, 【新型スペーシア】マイナーチェンジ2020による違いや変更点~N-BOX・タントよりおすすめな理由, 【新型ルーミー&トール】マイナーチェンジ(2020)の変更点!2車の違いを比較、最新おすすめグレード, スバル「フォレスター」と「レガシィ アウトバック」の違いを徹底比較!どっちが買いなの!?【2020年 最新版】, WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード, 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映. 「北米市場向けで車体が大きいですが、すぐに慣れます!長距離移動や、雨天、降雪時も安心感はあります。燃費はあまり期待できません」, 排気量:2500cc トランスミッション:CVT このクルマの購入を検討している人にひと言 装備:★★★★☆ 車体に関するアイサイトの機能はVer.3で充分満足。ナビやエアコンなどの操作部分はモダンとクラシックの混ぜ方でもう少し工夫していただきたかったです。 今回は、2020年8月6日のマイナーチェンジによりG型となったスバル「レガシィ アウトバック」、2020年10月22日のマイナーチェンジによりC型となったスバル「フォレスター」を、ボディサイズ・燃費性能・エンジン性能・室内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較、評価(レビュー)いたします。, スバル「レガシィ アウトバック」は、1995年から販売されているステーションワゴンとSUVの中間的な車です。正確には、1995年当時に日本で販売されていたモデルは「レガシィグランドワゴン」(アメリカでは「アウトバック」)という名称でした。2003年から日本で「レガシィ アウトバック」として発売が開始され、現在(2018年時点)のモデルで5代目となります。, 2代目、3代目では3.0L、4代目では3.6Lなどの大型エンジンも搭載していましたが、5代目では水平対向2.5L NAエンジンのみの搭載となっています。, 2019年9月3日に行われたマイナーチェンジによる変更点は、以下の記事にまとめています。, 「レガシィ アウトバック」のおすすめグレードは、「LEGACY OUTBACK X-BREAK」です。, 理由は、最上位グレード「Limited」並の装備内容で、オプションで11万円する「パワーリヤゲート」が標準装備されており、全グレード中最もお得だからです。, 5代目「フォレスター」の2.5Lガソリンエンジン搭載車が2018年7月19日に発売、遅れて2018年9月14日に2.0Lマイルドハイブリッド「e-BOXER」を搭載する「Advance」が発売されました。, 5代目フォレスターは、5代目インプレッサより採用された新プラットフォームSGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)となり、操舵応答性と操縦安定性を飛躍的に向上しています。, 2019年6月10日(B型)、2020年10月22日(C型)に行われたマイナーチェンジによる変更点は、以下の記事にまとめています。, 「Turing」にパワーシートやドライバーモニタリングシステムを設定した後の価格差は10万円程度となるため、最大24万円の価格差は大幅に縮まります。, ・レガシィ アウトバック 全長(mm):4,820 全幅(mm):1,840 全高(mm):1,605(X-BREAKは1,660) ホイールベース(mm):2,745 車両重量(kg):1,570~1,580 最小回転半径(m):5.5 最低地上高(mm):200, ・フォレスター 全長(mm):4,625 全幅(mm):1,815 全高(mm):1,715(X-BREAKは1,730) ホイールベース(mm):2,670 車両重量(kg):1,570~1,660 最小回転半径(m):5.4 最低地上高(mm):220, ホイールベースは、「レガシィ アウトバック」の方が75mm長くなっているため、最小回転半径も10cm違います。, そして、SUVで重要な最低地上高ですが、「フォレスター」の方が2cm高くなっています。, そのため、最低地上高や全高(室内高)を重視する方は「フォレスター」の方が良いでしょう。, 「レガシィ アウトバック」はステーションワゴンとしての性能も持ち合わせているため、ラゲッジスペースは「フォレスター」よりも広くなっています。ラゲッジスペースの詳細については後述しています。, 燃費性能は、JC08モード、WLTCモード、ユーザーが投稿した実燃費を集計したe燃費の値にて比較します。 ※実燃費は季節や使用環境により異なります。, ※補足:WLTCモードとは JC08モードはエンジンが温まった状態からの測定結果を75%、エンジンが冷えた状態からの測定結果を25%の比率で燃費を算出していました。WLTCモードでは、エンジンが冷えた状態からの測定結果のみを使用し、乗員や積載物の重量も考慮されることになり、これまでのJC08モードよりも実燃費値に近い条件となります。, ・2.5Lガソリン →14.3km/L(JC08モード) →12.6km/L(WLTCモード) →10.65km/L(e燃費より), ・2.0Lマイルドハイブリッド(e-BOXER) →18.6km/L(JC08モード) →14.0km/L(WLTCモード) →11.91km/L(e燃費より), ・1.8Lターボ →16.5km/L(JC08モード) →13.6km/L(WLTCモード) →-(e燃費より), 次いで優秀なのも、2020年の改良にて新たに追加された「フォレスター」の1.8Lターボ車です。, ただ、「フォレスター」のe-BOXER搭載車と1.8Lターボ車の差は0.4km/L、「フォレスター」の1.8Lターボ車と「レガシィ アウトバック」との差は1.0km/Lと、その差は僅かです。, つまり、マイルドハイブリッドだから燃費性能が良い、ターボだから燃費性能が悪い、といったことはないのです。, マイルドハイブリッドの燃費性能における優位性は他の車種でもあまりありませんが、e-BOXERは特にモーターが重いことがネックになっています。, 簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は加速が速い車ということですね。ただ、エンジンやモーターの特性、空力性能や車両重量などにより加速性能は全く異なりますので、単に”トルクの値が大きいから加速が速い”というわけではありません。, ・2.5Lガソリン →最高出力 129kW〈175PS〉/5,800rpm →最大トルク 235N・m〈24.0kgf・m〉/4,000rpm, ・2.0Lマイルドハイブリッド(e-BOXER) エンジン →最高出力 107kW〈145PS〉/6,000rpm →最大トルク 188N・m〈19.2kgf・m〉/4,000rpm モーター →最高出力 10kW〈13.6PS〉 →最大トルク 65N・m〈6.6kgf・m〉, ・1.8Lターボ →最高出力 130kW〈177PS〉/6,000rpm →最大トルク 300N・m〈30.6kgf・m〉/4,400rpm, 「エンジン性能」を比較すると、「フォレスター」の1.8Lターボ車が圧倒的に優秀であることがわかります。, あくまで参考程度ですが、0-100km/h加速は1.8Lターボ車が8秒中盤、2.5Lガソリン車が9秒中盤、e-BOXER搭載車が11秒前半となっています。, 加速性能はe-BOXER搭載車が最も劣っています。感覚的に2.0Lガソリン車に近い感じです。, マイルドハイブリッドの燃費性能における優位性がないことを記載しましたが、加速性能も同様です。e-BOXERは特にモーターが重いことがネックになっています。, スバル「レガシィ アウトバック」の室内長は2,030mm スバル「フォレスター」の室内長は2,110mm(「Advance」、「SPORT」は2,100mm), 室内長だけでいえば、「レガシィ アウトバック」は「インプレッサ」の2,085mmより狭く、「レヴォーグ」の1,900mmより広いといった感じになっています。, 室内高で比較しても、「レガシィ アウトバック」が1,240mm、「フォレスター」が1,270mmとなっていますので、「フォレスター」の方が頭上スペースに余裕があります。, 「レガシィ アウトバック」は559ℓ、「フォレスター」が520ℓ(e-BOXER搭載車は509ℓ)となっています。ラゲッジスペースで比較すると「レガシィ アウトバック」の方が広いですね。, 安全性能について、比較していきます。 下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。, まず何といっても、全車速追従機能付ACCと車線中央維持(全車速域)を組合せた「ツーリングアシスト」が「フォレスター」にはあり、とても便利です。「レガシィ アウトバック」の「アクティブレーンキープ」は60km/h以上で作動するシステムです。, ちなみに、2020年時点でOEM車や「BRZ」を除きスバル車で「ツーリングアシスト」が搭載されていないクルマは「レガシィ アウトバック」だけです。, さらに、「フォレスター」から装備された「ドライバーモニタリングシステム」は、ドライバーの顔をカメラで認識してシートポジションやドアミラー角度を自動的に再現します。前回イグニッションOFFした際のマルチファンクションディスプレイ表示や、メーターディスプレイ表示、エアコン設定も再現するほか、登録したドライバーごとの平均燃費も表示されます。, 同じアイサイトなので、基本的には同様の機能となっていますが、最新モデルである「フォレスター」の方が、より先進的な装備が充実しています。, 「レガシィ アウトバック」のおすすめグレードは、「LEGACY OUTBACK X-BREAK」(AWD/5人乗り)で約347万円です。, ディーラーオプションのナビ、ETC代等を約25万円足すと、「LEGACY OUTBACK X-BREAK」は約372万円となります。リアカメラは標準装備なため、若干お得です。 ※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+25万円程度の価格になります。, 「フォレスター」のおすすめグレードは、「Touring」(AWD/5人乗り)で約292万円、「Advance」(AWD/5人乗り)で約316万円です。, メーカーオプションのパワーシート、ドライバーモニタリングシステム、アイサイトセイフティプラス、さらにディーラーオプションのナビ、ETC、リアカメラ代等を約30~44万円足すと、「Touring」は約335万円、「Advance」は約345万円となります。 ※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+15万円程度の価格になります。, 上記の価格は税金などの諸費用を足していませんが、値引き額で概ね相殺されるでしょう。e-BOXER搭載車は購入時の諸費用が減税されるため、10万円程お得に購入できます。, 上記金額を比較すると、「フォレスター」より「レガシィ アウトバック」の方が30万円程度高いという結果になりました。, また、価格差だけでなくSGPの採用や先進の安全装備など、「フォレスター」の方が優れている点が多くなっています。, もし、それでも「レガシィ アウトバック」が欲しい方は、2021年のフルモデルチェンジまで待ってみるのもありだと思います。, ただし、モデル末期で購入する方が値引きなども含めてお得に購入できることは間違いありません。, さらにお得に購入したい方、個人的に最もおすすめしている「フォレスター」の2.5Lガソリン車が欲しい方は、”新車同様の中古車”も検討してみましょう。, さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!, 上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!, また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。, ■中古車のメリット、デメリット 新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。, ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。, なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。, ■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ! 中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。, ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。, 特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。, その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。, ■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある! 中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。, また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。, ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。, ■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス! ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。, 期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。, ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!, 気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう! ※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。, しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!, 中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバーの無料査定がおすすめです。, 買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績とサービスの良さ、信頼性があります。, 中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。, ■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由 中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。, ■筆者の一括査定体験談 買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。, ■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう! 高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。, 高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。, 私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。, 私のような後悔をしないためにもガリバーで無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう。, ※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。, 価格比較の項目でも記述しましたが、価格面でお得なだけでなく、総合的に「フォレスター」の方が優れている点が多くなっています。, そのため、現時点で「レガシィ アウトバック」を選択するメリットは少ないといえるでしょう。, 「レガシィ アウトバック」が欲しい方は、2021年のフルモデルチェンジまで待ってみるのもありだと思います。, 「当ブログについて」、「筆者プロフィール」、「免責事項」の詳細、「お問い合わせ」については、ヘッダのこのブログについてよりお願いします。, 【レガシィ アウトバック/B4】マイナーチェンジ2019(F型)の変更点~新グレード「B-SPORT」とは?, 今回は2019年9月3日に発表されたスバル「レガシィ アウトバック」及び「レガシィ B4」のマイナーチェンジ(F型改良モデル)による変更点をまとめてみました。最大の変更点は、新グレード「B-SPORT」が追加されたことですが、その他何が変わったのか!?各グレードと「B-SPORT」の違いも徹底比較!, 【新型】6代目スバル「レガシィ アウトバック」フルモデルチェンジ2021!5代目との違い、変更点をまとめてみた, 今回は、6代目新型スバル「レガシィ アウトバック」の最新情報をご紹介します。アメリカでは2019年秋頃の発売ということですが、日本では2021年頃に発売されると噂されています。また、現時点で分かっている5代目「レガシィ アウトバック」との違い、変更点についても、ご紹介します。, 今回は、2019年6月10日に発表されたスバル「フォレスター」のマイナーチェンジ(B型改良モデル)による変更点をまとめてみました。また、2.5Lガソリン車「X-BREAK」とe-BOXER搭載車「Advance」を共にがっつり試乗した上で、両車の違いやおすすめグレードも徹底検証してみました。, 【新型 スバル フォレスター】マイナーチェンジ(2020)C型の違い・変更点!おすすめグレードはSPORT!?, 今回は、2020年10月22日に行われたスバル「フォレスター」のマイナーチェンジ(C型改良モデル)による変更点をまとめてみました。最大の変更点は1.8Lターボ車の追加と2.5L車の廃止!その他はどう変わったのか!?また、新型「フォレスター」の最新おすすめグレードは何なのか!?徹底検証してみました。, 今回は、2020年1月の新車人気(国産車販売台数)ランキングをご紹介します。「ライズ」、「カローラ」、「RAV4」、「CX-30」、「MAZDA3」、「タント」など各新型車の人気状況はどうなっているのか!?2020年1月ランキングの最大のニュースは、新型「ライズ」が普通車1位となったことでしょう!, 今回は、2019年の年間新車人気(国産車販売台数)ランキングをご紹介します。2019年に発売された「カローラ」、「ライズ」&「ロッキー」、「RAV4」、「CX-30」、「MAZDA3」、「N-WGN」、「タント」、「デイズ」など、各新型車の人気状況はどうだったのか!?, 今回は、2018年に発売された新型スバル「フォレスター」の「e-BOXER搭載車」と「2.5Lガソリン車」にがっつり試乗してきましたので、良かった点や悪かった点をまとめてご紹介します。モーターによるアシストがあるe-BOXER搭載車の走りは、2.5Lガソリン車と比較してどれくらい違うのか!?, 今回は、マツダのBセグメント車「デミオ」と、Cセグメント車「アクセラ」がどう違うのか!?試乗した上で徹底比較、評価(レビュー)いたします。, 今回は、2020年上半期及び2020年6月の新車人気(国産車販売台数)ランキングをご紹介します。「キックス」・「ハリアー」・「タフト」・「ルークス」・「ヤリス」・「フィット」など各新型車の人気状況はどうなっているのか!?コロナショックによる販売台数の大幅減、6月の復調の兆しに注目です。, 今回は、2019年11月5日に発売されたコンパクトSUVダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」の気になる点をまとめてみました。筆者は"「ロッキー」&「ライズ」はコスパ最強のSUVである"と考えています。だからこそ気になる惜しいと感じた点、がっつり試乗した上で感じた欠点・デメリットをまとめています。, 今回は2018年のミニバン年間販売台数で1位となった日産「セレナ」と、 同クラスのミニバンとしては2位のトヨタ「ヴォクシー」、3位のホンダ「ステップワゴン」がどう違うのか!?走りや安全性能、車内の広さや使い勝手等、各項目を試乗した上で徹底比較、評価(レビュー)します。, 今回は、2018年12月17日にマイナーチェンジが行われたトヨタ「プリウス」の変更点、エンジンやボディサイズなど類似している点が多い「カローラスポーツ」との違いを、運転のしやすさ・燃費性能・加速性能・室内の広さ・安全性能・価格など、試乗した上で徹底比較、評価(レビュー)いたします。, 【スバル SUV】SUBARU XV(E型)とフォレスター(C型)の違いを徹底比較!【2020年 最新版】, 【新型ホンダ オデッセイ】マイナーチェンジ(2020)の違い・変更点!おすすめグレードは○○!, 【最新】トヨタ「クラウン」と「カムリ」の違いを比較!どっちがおすすめ!?【2020年版】, 【クラウン】マイナーチェンジ(2020年11月 一部改良)の違い・変更点~おすすめグレードは○○!, ミニバン1位~3位比較!セレナ・ヴォクシー・ステップワゴンを試乗・比較・評価!【ミニバン おすすめ 2020年 最新版】.