今回は、本当に面白いと思える短編小説だけを紹介していきます。 紹介する短編小説は、「ショートショート」という無料の短編小説投稿サイトに投稿された作品なので、無料で読めます。 その中でも特に面白いと思う短編小説のみを5つ紹介していきます。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; Amazon.co.jp: 葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫): 歌野 晶午: 本, リンク: — ミキコ (@hakuo9) March 5, 2016. ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript 東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるシリアルキラーが出現した。くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇、平凡な中流家庭の孕む病理を鮮烈無比に抉る問題作!衝撃のミステリが新装版として再降臨! ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) (window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) msmaflink({"n":"Another(上) (角川文庫)","b":"KADOKAWA","t":"","d":"https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com","c_p":"","p":["\/images\/I\/51XMey27cSL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%EF%BC%A1%EF%BD%8E%EF%BD%8F%EF%BD%94%EF%BD%88%EF%BD%85%EF%BD%92%EF%BC%88%E4%B8%8A%EF%BC%89-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%B6%BE%E8%BE%BB-%E8%A1%8C%E4%BA%BA\/dp\/4041000017","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1403233","rakuten":"1403231","yahoo":"1514302"},"eid":"VQNgg"}); みんなから認識されない生徒。そして、事故死が頻発するクラス。これは呪いによるものらしい…。, 作品冒頭は全くわからないことだらけなんですが、徐々にどういうことだったのか明らかになってきます。ただ、謎が明らかになったかと思えば、次は別の謎が姿を見せる。, このような調子で話が進んでいき、最後にはすべてが明らかになります。わけのわからなかった前半から、ある真実が仕込まれていた。これには震えました…。予想をはるかに上回るどんでん返しが待ち構えています。. c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, これまで千冊を超える小説を読んできましたが、中でもどんでん返し系が大好きです。予想を覆される、騙される体験が爽快なんですよね。 そんな私が「特に騙された!」「みんなにも同じような思いをしてほしい!」という極上の小説を、20作品ピックアップしました。 (window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, 1ペニーも多くなく1ペニーも少なくなく・・・ - All About Good Answers, 出典: (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) どんでん返しも発想も見事『イニシエーション・ラブ』 - All About Good Answers, 出典: d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) msmaflink({"n":"クール・キャンデー (祥伝社文庫)","b":"","t":"","d":"https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/41Utc6lbQPL.jpg","\/51viTR0EoPL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC-%E7%A5%A5%E4%BC%9D%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%8B%A5%E7%AB%B9-%E4%B8%83%E6%B5%B7\/dp\/4396328133","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1403233","rakuten":"1403231","yahoo":"1514302"},"eid":"tnyAu"}); たった160ページの物語なんですが、ラスト一行がかなり強烈でした…。殺人の容疑をかけられた兄の無実を晴らすために妹が奮闘する。, 文体も軽いのでとても読みやすい一冊。小説を普段を読まない人には特にオススメしたいどんでん返し作品です。ただ、衝撃度はかなり高いので、後半は構えておいてください…。. b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript 取り除くべき『ボトルネック』は何か? - All About Good Answers, 出典: 毒入りチョコレート事件 - All About Good Answers, 出典: はじめて読んだ時、あまりのどんでん返しに理解が追いつかず、考察サイトを巡ってようやく理解できたほどの衝撃でした。, 賛否両論が多いどんでん返し作品の中で、比較的納得のいくトリックなので、モヤモヤしたくない人にもぜひ読んでほしい作品です。, ただし、殺害シーンがかなりグロテスクなので、そういったシーンが苦手な方はよく考えてから読んでください。, 依田いつかが最初に感じた違和感は撤去されたはずの看板だった。「俺、もしかして過去に戻された?」動揺する中で浮かぶ一つの記憶。いつかは高校のクラスメートの坂崎あすなに相談を持ちかける。「今から俺たちの同級生が自殺する。でもそれが誰なのか思い出せないんだ」二人はその「誰か」を探し始める。, 坂崎あすなは、自殺してしまう「誰か」を依田いつかとともに探し続ける。ある日、あすなは自分の死亡記事を書き続ける河野という男子生徒に出会う。彼はクラスでいじめに遭っているらしい。見えない動機を抱える同級生。全員が容疑者だ。「俺がいた未来すごく暗かったんだ」二人はXデーを回避できるのか。, 辻村深月さんの得意とする青春×ミステリーが見事に融合した作品で、初期の集大成ともいえる仕上がりになっています。, 上下巻でかなりページ数が多く、どんでん返しがくるまでかなり待たされるので、できれば辛抱強く付き合ってもらえればと思います。, 意外などんでん返し、そしてそこからもたらされる感動は青春そのもので、今回ご紹介したものの中で一番爽やかな読了感を得られます。, ただし、どんでん返しに関して『ぼくのメジャースプーン』を読んでいないと置いてけぼりを喰らうこと間違いなしなので、可能であれば『ぼくのメジャースプーン』を読んでから挑戦してみてください。, 引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞苑! ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; Amazon.co.jp: ロートレック荘事件 (新潮文庫): 筒井 康隆: 本, リンク: d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) 『どんでん返し』という言葉をご存知でしょうか。 話や形勢、立場などが正反対にひっくり返って逆転する時に用いられる言葉で、小説においてこれが鮮やかなに決まるとこれ以上のない快感を得ることが … b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript Amazon.co.jp: ボトルネック (新潮文庫): 米澤 穂信: 本, リンク: d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) msmaflink({"n":"あの日の交換日記 (単行本)","b":"中央公論新社","t":"","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/51KMKCv9uIL.jpg","\/51K4YSOMKZL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/4120052990","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1403233","rakuten":"1403231","yahoo":"1514302"},"eid":"8mQQR","s":"s"}); 交換日記を題材に描かれる7つの連作短編集。すべての話で最後には驚けるポイントが用意されています。同じようなオチは一つもないので、全部異なるどんでん返しを展開してくるので最高でした。, それぞれの話は独立しているのですが、最後の7つ目の短編ですべてが一本になる。この展開が予想外過ぎました。読んでいた世界、想像していた世界が全く別物だったのです。, 単にどんでん返しをしてくるだけではなく、人間ドラマも美しいので心が温まる。辻村深月さんが好きな人は絶対に楽しめる小説です。読みやすい文章なので、活字に慣れていなくてもスラスラ進められすはず!. d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript 十角館の殺人 - All About Good Answers, 出典: c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, どんでん返しの物語 (宝島社文庫)を買いました。, ポケットジョークやショートショート的な軽いノリの物語ではなく(それはそれで好きですが)、ひと作品ごとに文庫本を一冊読み終えたような、ずっしりとした読後感があります。, 一つひとつの作品を読み終えたときに感じるのは、あたたかい涙だったり、切ない感動だったり、ゾッとするような戦慄だったり。, 25作品のテイストは色とりどりです。共通しているのは、どの作品も最後に大どんでん返しがあることです。, まさかの結末。読み返すと伏線もちゃんと貼られていて。これは衝撃でした。結末に気づいたときは、ドキッとして胸が痛かった…。, えー!そうだったの!?っていう。そう言われて読み返してみると、確かにそうだ、って。, 最後にすべてが明らかになったとき、涙があふれてきました。ちょっと切ないけど、あたたかくて、やさしい気持ちになれる小説でした。, 脳の病いのため、むかしの思い出しか語らなくなった妻と、残り少ない余命を妻の気持ちによりそって生きる夫。, これも最後の最後に、先入観がガラッとくつがえされる大どんでん返しがあります。そしてしみじみとした感動。, 人の心には光も闇もあるけれど、いまを大切にしながら、大切な人を大切にして生きよう。っていうことです。, あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。. (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; msmaflink({"n":"螢 (幻冬舎文庫)","b":"","t":"","d":"https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/51ycEqXJZ6L.jpg","\/41y88R36kTL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%E8%9E%A2-%E5%B9%BB%E5%86%AC%E8%88%8E%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%BA%BB%E8%80%B6-%E9%9B%84%E5%B5%A9\/dp\/4344410351","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1403233","rakuten":"1403231","yahoo":"1514302"},"eid":"iC76I"}); どんでん返しにしては珍しいタイプの小説。どう珍しいのかは読んでみてください笑。どういう意味なのかは読めばすぐにわかると思います。, クローズドサークルで起こる殺人事件を扱ったミステリではありますが、正直そんなのはどうでも良いです。それ以上にとんでもない仕掛けがありました。小説をよく読む人、特に、どんでん返しを一通り経験した人は絶対に騙されます。, ミスリードも上手だし、騙すポイントが完璧すぎる。最後まで飽かすことのないストーリー展開なので、小説をよく読む人にはオススメしたい小説です!. 長岡弘樹『教場』 警察学校を舞台にした連作小説。『このミス』二年連続ランクイン。体育会系の学校とは裏腹の陰湿な人間関係が良いし、 伏線回収は見事としか言いようがない。連作や短編が好きな人は満足できると思う。 b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; msmaflink({"n":"カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)","b":"","t":"","d":"https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com","c_p":"","p":["\/images\/I\/51ZHBTwgi2L.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%A6%AA%E6%8C%87-%EF%BD%82%EF%BD%99-%EF%BD%92%EF%BD%95%EF%BD%8C%EF%BD%85-%EF%BD%8F%EF%BD%86-%EF%BC%A3%EF%BC%B2%EF%BC%AF%EF%BC%B7%E2%80%99%EF%BD%93-%EF%BD%94%EF%BD%88%EF%BD%95%EF%BD%8D%EF%BD%82-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%81%93%E5%B0%BE%E7%A7%80%E4%BB%8B-ebook\/dp\/B009SM14DS","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1403233","rakuten":"1403231","yahoo":"1514302"},"eid":"eVSPv"}); どんでん返しには大きく2つのパターンがあると思ってます。1つは先ほどの『十角館の殺人』のような「思っていた世界が全くの別物だった」というもの。読者を誤解させるタイプのどんでん返しです。, もう1つが「何もかもが伏線で最後にすべてが一本に繋がる」というもの。登場人物を含めた全員を騙すタイプのどんでん返しです。本作は、このタイプのどんでん返しで私が1番好きな小説です。, 詐欺師たちの物語なんですが、最初から最後まで、何もかもが騙しの一部でした。良い感じにヒントがあったことが、最後にはわかるのでより悔しい。でも読後の騙された感は爽快です。. d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) 一度読み始めるとページをめくる手が止まらない推理小説・ミステリー小説。日本のみならず海外でも人気のジャンルで、名探偵が活躍する探偵小説や、予想を裏切るどんでん返し系などさまざまな作品があります。今回は初心者にもおすすめの推理・ミステリー小説ランキングを紹介します。 ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; 『凍花(いてばな)』 姉はなぜ妹を殺したのか? - All About Good Answers, 出典: msmaflink({"n":"ラットマン (光文社文庫)","b":"","t":"","d":"https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com","c_p":"","p":["\/images\/I\/41Sp-w%2B%2BmiL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%81%93%E5%B0%BE-%E7%A7%80%E4%BB%8B\/dp\/4334748074","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1403233","rakuten":"1403231","yahoo":"1514302"},"eid":"8c2TK"}); 23年前に起きた姉の転落死。そして現在、恋人が倉庫で不運な事故死を遂げた。しかし、これらは殺人の可能性もあり…。『カラスの親指』の作者・道尾秀介さんの作品。ミスリードがかなり秀逸な一品です。, 「あれはそういうことだったのね!」と思ったら、「そういうことじゃなかったんかい!」という展開がずっと続きます。どんでん返しに次ぐどんでん返しで、最後まで息をつく暇がありませんでした。幾重にも重ねられた罠を味わってみてください!.